ブログのリライトに便利なYoast Duplicate Postの使い方・設定方法

ブログのリライトに便利なYoast Duplicate Postの使い方・設定方法

ブログ記事はリライトすることが前提です。

ただ、WordPressでリライトをしようと編集モードにすると、一時保存する機能がなく、一気に編集をやりきる必要があります

簡単な文字修正や短時間で修正が完了するリライトなら問題ありませんが、記事構成を変更したり、説明文を大幅に書き足したり書き換えたりするには一時保存したくなりますよね。

そういう時に便利なWordPressプラグインが Yoast Duplicate Post です。

このプラグインを使うと、記事を下書き状態で複製し、公開時には複製元の記事を上書きして更新してくれるという便利もの(自動でマージしてくれる)。

途中でリライトを止めておくこともできるので、数日寝かして再開したいときなどには特に重宝します。

本記事では、Yoast Duplicate Post のインストールや設定方法・使い方を詳細に解説します。

このページの内容(目次)

WordPressプラグイン「Yoast Duplicate Post」とは

Yoast Dupliacate Postとは

Yoast Duplicate Post は、2008年に最初のバージョンが公開され、400万回以上インストールされている人気の記事複製プラグインです。

継続的に開発が続いており、ブロックエディタにも対応しています。

元々は記事を複製コピーするだけのプラグインでした。

これが2021年1月にリリースされたバージョン4で、Rewrite&Republishという機能が追加され、複製した記事を複製元の記事に統合して上書きできるようになり、リライト時のマストプラグインと言える存在になりました。

Yoast Duplicate Post を使ったリライトの流れ

通常機能でのリライト
Yoast Dupliacate Postを使わないリライト方法
Yoast Dupliacate Postを使ったリライト
Yoast Dupliacate Postを使ったリライト

Yoast Dupliacate Postを使ったリライトでは、記事を複製し、既存記事はそのまま閲覧できる状態を維持しながら、新規に「下書き(未公開)」状態で記事を複製し、公開するタイミングで親記事を丸ごと上書きすることができます。

Yoast Duplicate Postのインストール方法

Yoast Duplicate Post はWordPressのプラグインディレクトリに登録されているため、管理画面から簡単にインストールすることができます。

STEP
<プラグイン>→<新規追加>を選択し「Yoast Duplicate Post」を検索し、出てきた結果から<今すぐインストール>を押します。
Yoast Dupliacate Postのインストール1
STEP
<有効化>をクリックすればインストール完了です。
Yoast Dupliacate Postの有効化

名前がよく似たプラグインに「Duplicate Post」というものがありますが別のものですのでご注意ください。

STEP
インストールされたことを確認
インストール後の記事一覧

インストールすると、記事一覧の各記事のサブメニュー部分が大きく変わることが確認できます。

この部分に追加メニューを表示しない設定も可能です。また、管理バーにも同様にメニューが追加されます(こちらも非表示化する設定が可能)

Yoast Duplicate Postの設定方法

インストール後、初期設定のままでも問題なく利用できますが、利用環境に合わせて機能の取捨などができますので設定内容を確認しておきましょう。

1:複製元タブ

Yoast Dupliacate Postの設定1:複製元
Yoast Dupliacate Postの設定2:複製元

複製元タブは、

  • 複製時にコピーする項目の選択
  • 複製方法

の選択が可能です。全てデフォルトのままで構いません。

2:権限タブ

Yoast Dupliacate Postの設定3:権限

権限タブは、

  • ユーザー権限毎に利用可能なユーザーを設定する
  • 投稿タイプごとに機能の利用を設定する

の2つができます。

どちらかと言えば、組織向けの機能で、個人で作業する際はデフォルトのままでいいはずです。

3:表示タブ

Yoast Dupliacate Postの設定4:表示

一番設定のし甲斐があるのが表示タブです。

管理画面での操作性を上げるのに、この位置にはいらない、などがあれば非表示に切り替えたりしていくものです。

リンクを表示する場所

複製機能を呼び出すリンクを表示する場所の設定です。

管理バー
管理バー
Bulk Actions(一括操作)
Bulk Actions(一括操作)

複製元を表示する場所

編集しようとしている記事のオリジナルがどれかを表示する場所の指定です。

編集画面のメタボックス内
編集画面のメタボックス内
記事一覧での列追加
記事一覧での列追加

Yoast Duplicate Post の使い方(リライト時)

STEP
複製したい記事を複製する
リライトする記事を複製

投稿一覧や記事編集画面で「書き換え&再公開」を選択します。

STEP
記事の編集を行う
複製した記事を編集

途中で保存して、日を改めたい場合や、一旦保存しておきたい場合は「下書き保存」を選択します。

この状態で<投稿を表示>を選んで投稿状態を表示する際は、プレビューモードで表示されます(URLがスラッグではなく、/?p=記事番号の状態)。

STEP
編集が終わったら<Republish>ボタンを押す
Republishボタンを押して公開
Republishボタンを押して公開

公開できる状態になったら<公開>ボタンの代わりに表示されている<Republish>ボタンを押してください。

最終確認が出るので<Republish>ボタンを押してください。

STEP
元の記事が更新されたか確認

公開が済んだら元の記事に正しく統合(マージ)され、本番記事の内容が更新されていることを確認しましょう。

Yoast Duplicate Post の使い方(複製時)

Yoast Duplicate Post の使い方の2つ目は記事の単純な複製です。

複製ボタンを押すと下書き状態で複製されます。

毎回記事に固定の内容を記載している場合や、特定のフォーマットに沿って記事を書く際に利用します。

STEP
メニューから「複製」または「新規下書き」を選択する
Yoast Dupliacate Postの使い方1:複製
STEP
記事を編集する

記事が複製されます。

尚、「複製」と「新規下書き」の違いは、複製が一覧上で記事を作るのに対し、新規下書きは複製してすぐに編集モードに遷移する、という違いがあるだけです。

しんじ

個人的にはこの機能はほぼ利用していません。
定型文は、定型文の管理プラグインを使った方が一括修正ができるためです。

Yoast Duplicate Postを使う上での2つの注意点

リライトを行う際に一時保存できる Yoast Duplicate Post の機能はもはや標準機能にするべきと言えるほど便利なのですが、使用にあたっては2点だけ注意点があります。

  • リライト用に複製したら元記事を編集せずに、複製した方を編集すること
  • リライト用の複製は一度に1つしか作れない

複製した方を編集しないと先祖返りする

ありがちなシーンとして、は次のようなケースです。

  1. リライトをしようと記事を複製
  2. 複製した記事をある程度編集したが、完了しなかったので下書き保存した
  3. リライトが完了する前に、複製元の記事に重大な間違いが見つかりすぐに修正する必要が生じた
  4. 複製元の記事を修正して公開
  5. リライト用記事の編集が終わったので公開
  6. 重大な間違いが含まれる版が再度公開されたが、修正したものと思い込んでいたため放置された(先祖返り)

こういった事態を避けるため、一旦複製したら、修正は常に複製した記事に対して行う、というのを徹底すれば、このミスは発生しません。

リライト用に複製できるのは1つだけ

親記事をベースに記事を作成し、最終的に親記事と差し替え上書きする機能ということもあり、一度に複製できるのは1つだけとなっています。

複数上書きできてもいいような気がしますが、仕組み上1つまでとなっているので別バージョンを作りたい場合は「書き換え&再公開」ではなく、「新規下書き」を選んでください(ただし公開時に別記事になります)。

一時的に記事を保存するその他のプラグイン

公開済みの投稿記事を、リライト時に下書き保存できるプラグインは他にもあります。

などが主だったところです。

ただ、どちらも使い勝手がYoast Duplicate Postほど高くはなく、ユーザー権限を追加したり画面遷移が複雑だったり用語が難解だったりします。

まとめ:圧倒的に使いやすいのでリライト時にはYoast Dupliacate Postがおすすめ

リライト時に公開記事に影響を与えず下書き保存するプラグインとしてはYoast Duplicate Postが圧倒的におすすめです。

私もこのプラグインを入れてからリライト時の一気に書き上げないといけないというプレッシャーから解放され、積極的にリライトをすすめることができるようになりました。

リライト時に一時保存ができないのは割と苦痛なので、必須のプラグインの一つといっても過言ではありません。

このページの内容(目次)
閉じる