【超簡単10分】エックスサーバーでWordPressブログを始める方法【画像14枚】

ブログを始めるのにはサーバーの契約が必要と知りました。完全初心者なんですが、私にもできますか?

ブログを始めるにあたって、最初の第一歩が踏み出せないという初心者の方は意外と多いものです。

というのはサーバーの契約に際しては専門用語が非常に多く、意味が分からずどう設定したらいいものかわからなかったりするからです。

そんな超初心者の人でも簡単に契約できるプランがエックスサーバーから登場しました。

従来の契約プロセスに比べて大幅な短縮が図られており、少ないステップで契約完了まで進めます。

本記事ではただでさえ簡単にWordPressを始めるエックスサーバーを、画面毎にすべてスクリーンショットを取って事前体験できるように解説します。事前にこれを読んでおけば確実にWordPressブログを開設できるはずです。

では早速行ってみましょう~!

このページの内容(目次)

WordPressブログを構築する流れ(全体像)

最初に契約の流れの全体像をお知らせします。

WordPressブログを作るのに必要なもの

  • サーバー(家で言えば土地)
  • ドメイン(家で言えば住所)
  • WordPress(家で言えば家本体)

の3つが必要になります。

通常の契約手順(今回解説するのはこの方法ではありません)

  1. サーバーを契約する(10分)
  2. ドメインを取得する(10分)
  3. DNSの設定をする(10分)
  4. SSLの設定をする(10分)
  5. データベースの準備(5分)
  6. WordPressをインストールする(5分)
  7. WordPressの初期設定をする(20分)

と、上記のように、1時間以上かかります。

上記はスムーズにできた場合で、実際には試行錯誤しながら進めることになるはずなので、2時間近くかかると考えてよいでしょう。

WordPressクイックスタートでの手順(今回説明)

エックスサーバーの「WordPressクイックスタート」機能は、通常の手順のうち、1~6までの手順を1回の申し込み手順で済ませることができる機能です。

WordPressクイックスタートでの手順は、

  1. 契約からインストールまで一気に少ない手順で申し込み(10分)
  2. WordPressの初期設定をする(20分)

と、わずか2ステップまで短縮しています。

しかも、自動化されている個所が多いので情報の入力や管理画面の操作といったことがほとんど不要です。

しんじ

昔からサイトをやっているので、レンタルサーバーと言えば四苦八苦して設定するもの、と思っていた私にとってはまさに画期的!今やブログは大衆化した!と大声で叫びそうになるくらいの驚きでした。超簡単です。

申し込みに必要なものを準備する

クレジットカード

WordPressクイックスタートでの支払い方法はクレジットカード一択です。

学生の方など、クレジットカードをお持ちでない方はクイックスタート機能は利用できませんのでご注意ください。

WordPressの設定に使う情報

契約申し込みの最中に、WordPressの設定情報を入力します。

下記の4点を「事前に準備・決めておく」必要があります。

  • サイト名
  • ログイン用ユーザー名(管理者名)
  • パスワード
  • メールアドレス

ログイン用のユーザー名だけは後から変更できないので、変更しなくていいもの(適当に決めるのではなく真面目に決めたもの)を用意しましょう。

メールアドレスは受信ができれば Gmail など、何でも構いません。

サイト名は後から変更もできますが、ドメイン名と連動させる場合もあるので事前にどんなサイトにするかと、サイトの名称は決めておいた方が良いでしょう。

サイト名の付け方は下記の記事を参考にしてください

≫ 参考:ブログ名の決め方・ネーミングのコツ

ドメイン名

ドメイン名は、サイトにアクセスするために使うアドレスのことです。

後から変更することが出来ないので、サイト名と一緒にしっかり考えておきましょう。

≫ 参考:ドメイン名の決め方・トップレベルドメインの選び方

約10分!WordPressクイックスタートでブログを始める手順

契約プランを選び、WordPressクイックスタートを選択する

XServer申し込み手順1トップページから申し込みボタンを押す

のサイトに行き、トップページの<お申し込みはこちら>のボタンを押します。

XServer申し込み手順2 初めてのお客様の方にあるボタンを押す

初めてご利用のお客様欄にある<10日間無料お試し 新規お申し込み>ボタンを押します。

XServer申し込み手順3 契約プランを選択し、WordPressクイックスタートのチェックをオンにします

契約プランを選択し、WordPressクイックスタートのチェックをオンにします。

契約プランは3種類ありますが、初めてブログをするならX10のプランで十分です。

プランの違いは主に容量の差です。不足するようなら後からアップグレードすることも可能ですが、当面容量不足になることはないような容量ですのでX10のままで大丈夫です。

契約期間を選択(12ヵ月以上がおすすめ)

XServer申し込み手順4 WordPressクイックスタート機能の制限事項等を確認する

WordPressクイックスタートのチェックを入れるとポップアップで注意事項が表示されます。

  • 支払い方法がクレジットカードだけになる点
  • 通常申し込みの場合は適用される10日間の無料お試し期間がなくなる点
  • 登録されたクレジットカードで契約が自動更新される点

上記の確認をして確認するボタンを押します。

XServer申し込み手順5 契約期間の選択

契約期間を決めます。初期選択が12ヵ月になっています。エックスサーバーは定期的に初期費用無料のキャンペーンを実施していますが、対象が12ヵ月以上の契約プランであることがほとんどです。

1年単位くらいの契約にしておかないと割高になることがほとんどです。尚、ブログは長期戦です。基本的に半年とかで結果は出ませんので、最低でも12ヵ月を契約されると良いでしょう。

ドメイン名を入力

XServer申し込み手順6 ドメイン名を決める

続いてドメイン名を決めます。決めるのは大きく2つで、ドメイン名と、トップレベルドメイン(TLD)です。

事前の準備でドメイン名を決めておくとスムーズです。

エックスサーバーでは53種類のトップレベルドメイン名(最後の.comなどの部分)を選ぶことができます。

非常に多いので迷うと思いますが、.com / .net / .info / .blog の中から選ぶと良いでしょう。

理由は、非常にポピュラーで一般的なドメインなのでユーザーが見た時に違和感なく怪しいサイトと思わない・キャンペーンの対象になりやすく、サーバーを使用している間は更新費用が掛からない設定になっていることが多いためです。

最近では個人ブログでも.orgを選ぶ方も増えているのですが、元々の意味が非営利組織向けであるのと、orzと落ち込んでいる人の絵文字に少し似ているのであまりゲンが良くなさそうなので当サイトではおすすめしていません。

WordPress情報(サイト名)を入力

XServer申し込み手順7 WordPressのログイン情報を入力

WordPressの設定を入力します。ブログ名・ログインするためのユーザー名とパスワード、メールアドレスです。

ユーザー名だけは後から変更ができないので変更しなくてもいい名前を入力しましょう。

契約者情報(登録者情報)を入力

XServer申し込み手順8 契約者情報の入力

エックスサーバーの契約者情報を入力します。

この画面のメールアドレスは契約者画面にログインする時に使用する連絡用のメールアドレスです。WordPressの情報入力時のメールアドレスはWordPress自体が送信するメールアドレスで、同じでも構いません。

メールアドレスを認証する

XServer申し込み手順9 メールアドレスの認証

メールアドレスが間違っていないか確認するための認証です。

笑い話ではありませんが、メールアドレスを間違ってしまうのはよくあるのです。

メールがすぐに届きますので、メールないに書かれている認証コードを確認コード欄に入力してください(メールでは認証コード、画面では確認コードとなっていますが、認証コードのことです。誤字のようです)。

契約内容を確認し、申し込む(SMS認証をする)

XServer申し込み手順10 申し込みを完了する

メールが確認できたらあともう少しです。

最終確認画面が表示されるので、<SMS・電話認証に進む>ボタンを押します。

スマホにSMSでテキストメッセージが届くか、または自動音声で着信します。5桁の認証コードを画面に入力して<申し込みを完了>ボタンを押します。

XServer申し込み手順11 申し込み完了

以上で申し込み手続きが完了します。

スムーズに入力できれば概ね10分以内くらいに完了できるはずです。

管理画面を確認しながらサーバー設定を待つ

申し込みが完了すると、サーバーの準備が始まります。

申し込み直後は「準備中」となりますが、1時間程度待てば利用可能になります(自動で設定プログラムが設定を完了させるようです)。

サーバーが使える状態になるのを待つ間に、各種管理画面などを確認しておきましょう。

契約管理ページ(契約の設定・管理)

契約者管理画面を確認する

契約が完了した状態で、契約者メニューにログインした状態になります。

契約直後は「サーバー設定中」となり、何もできませんが、設定が完了すると、サーバー番号が割り振られてサーバーパネルにログインすることができるようになります。

この画面は契約者メニューなので、ブックマークをしておくことをお勧めします。

プランの変更や解約、契約者情報を変更する場合はこの画面から行います。

サーバーパネル(サーバーの設定・管理)

サーバーパネルを確認する

サーバーの準備が出来上がったらサーバーパネルの方も確認しておきましょう。

エックスサーバーでは、契約者メニューの他に、サーバーパネルというサーバーの挙動を細かく制御するコントロールパネルを用意しています。

サーバーが準備でき、番号が振られていると、ボタンが現れるので、<サーバー管理>ボタンを押します。

サーバーパネルが起動して、サーバーの管理メニューがずらりと並んだ画面が表示されます。

エックスサーバーはこの画面が使いやすいと好評です。

サーバーの準備まではすぐなのですが、ドメインの反映までは少し時間がかかります。DNSの浸透には数時間を要することがあります(サーバー会社の画面では24時間ほどかかると書かれることが多いですが、実際には数時間以内に使えるようになることがほとんどです)。

サーバーパネルの<ドメイン設定>というところをクリックすると、先ほど申し込みに使ったドメイン名が「反映待ち」の状態であることがわかります。この状態がなくなったら、管理画面にアクセスできるようになります。

全て完了!WordPressにログイン!

エックスサーバーの準備ができたらWordPressにログインする

ドメイン設定の反映待ちが解消されたらいよいよWordPressにログインできるようになっています。

https://ドメイン名/wp-admin.php

が管理画面のアドレスです。

上記をブラウザに打ち込んでみた時に、ログイン画面が表示されたら利用可能になった状態、「無効なURLです」と書かれた画面が出たらまだドメイン反映中なのでしばらく待ちましょう。

ドメイン名を打ち込んでサイトの表示を確認するのは反映待ちが解消してからのほうがいいです。自分の回線のプロバイダのDNSがキャッシュを持ってしまうと世間の人は新ドメインにアクセスできるのに自分だけがアクセスできない状態になってしまう場合があるからです。

ログインできたら初期設定をしよう

不要なプラグインを削除・必須プラグインを導入

エックスサーバーで自動で作成されたWordPressには不要なプラグインがいくつか含まれています。

  • Hello Dolly
  • Type Square Webfonts for エックスサーバー
  • Akismet Anti-Spam

上記のプラグインは全て削除可能です。

Akismet Anti-Spamはコメント欄を使わなかったりする場合はなくしてしまって構いません。

逆に日本語を扱う上では入れておいた方がいいWP Multibyte Patchが入っていないので追加しておきましょう。

WordPressの初期設定

WordPress は使うにあたって初期設定をいくつか完了させる必要があります。

詳しくは下記のページを参考に初期設定を進めていってください。

WordPressの初期設定の方法を詳しく解説【初心者向け】

まとめ

エックスサーバーは老舗のサーバー会社です。

昔からアフィリエイターに特に人気を得ており、安心して利用可能なサーバーです。

特に最近は非常に安定しており、動作も高速です。エックスサーバーよりももっと安いサーバーもありますが、これ以上安いサーバー会社になるとSEOにも影響が出そうなほどサーバーレスポンスが悪くなってくるため、控えた方が良いです。

エックスサーバーで申し込んだブログをどんどん成長させていきましょう。

このページの内容(目次)
閉じる