何が正解?正しいタグの付け方・コツ【WordPressブログ】

WordPressのタグってどういうときに設定したらいいのかよくわからない

なんとなく雰囲気でタグを使っているけどこれでいいのかな・・

こんな疑問にお答えします。

そもそも「タグ」とは、タクソノミー(分類)の一つです。

ですが、分類と言えばカテゴリーもあり、どう使い分けるのか意味が分かりづらいですよね。

使い分けを理解するには「機能的な違い」と「情報設計」について知っておく必要があります。

本記事では、正しい使い方というより、あるべき使い方を中心に解説します。

本記事の内容
  • WordPressでのタグとカテゴリーの機能的な違い
  • 情報設計のやり方:ポイントは「切り口」
  • 情報設計を踏まえた適切なタグの利用方法
このページの内容(目次)

WordPressは記事を必ず分類するようになっている

WordPress には「タクソノミー」という機能があり、「カテゴリー」も「タグ」もタクソノミーの一つです。

カテゴリーは必ず設定しないといけない「仕様」

WordPress では初期登録の状態から「未分類」というカテゴリ―が登録されています。もちろん名前やスラッグを編集して使うこともできます。

設定→投稿設定メニューでも一番最初に「投稿用カテゴリーの初期設定」という項目があり、カテゴリーをユーザーが指定しなければ自動的にここに設定されたカテゴリーが割り当てられます。

WordPress では「投稿」については必ずカテゴリーを設定しないけない仕様になっています。

≫ 参考:カテゴリーの設定・作り方

カテゴリーとタグの違いは階層化できるかどうか

カテゴリーとタグの違いは以下の3点です。

  • タグは任意でつける(つけなくてもいい)
  • カテゴリーは親カテゴリーを設定できる(階層化できる)
  • タグは記事の保存時に同時に作れるが、カテゴリーは記事の保存前に存在する必要がある

機能上の違いと言えば上記になります。

利用上のイメージの違いとしては、事前に作る必要のあるカテゴリはどちらかと言えばしっかりと計画した上で作成され、ブログの構造を反映したもの、タグは記事を書きながら思いついたものを設定するもの、という認識になるのではないでしょうか。

情報設計の仕方

タグをどのように作成(記事にタグ付け)するのかを説明するためには情報設計の説明が必要になるので先にこちらを解説します。

情報には軸(切り口)がある

情報設計の話をするとき、私はいつも料理の例を出します。

料理を分類しようとしてみてください。

下記のような分類方法があるのではないでしょうか。

ジャンル和食・洋食・中華・アジアン・エスニック
食材別肉料理・魚料理・野菜料理
調理方法煮物・焼き物・揚げ物・蒸し物・ご飯物・和え物
食べるタイミング朝食・ランチ・ディナー
(お店の場合)地域地域名

軸(切り口)は複数ある

上記のように「料理」一つでも複数の「軸(切り口)」があるのがわかります(1列目)。

切り口が一つしかない情報もあるかもしれませんが、通常は何かしらの切り口によって分類可能なはずです。

タグとカテゴリーの使いわけ

カテゴリーはメインになる軸で決める(情報を絞る)

情報の軸は非常に多いのですが、最もメインになる軸をカテゴリーに割り当てます。

最もメインになる軸とは、「訪問者が情報を絞り込める軸」です。

例えば、料理のレシピを紹介するブログなら、ジャンルをカテゴリにすると目的の料理が見つけやすいでしょう。あるいは料理のお店のレビューブログなら、地域別に紹介すると、住んでいたり働いている地域に絞り込んで探すことができます。

カテゴリが「絞り込み」に適しているのは「サブカテゴリ」を設定できるからです。例えばファッションサイトなら男性ファッションと女性ファッションで大きく分かれ、その下にサブカテゴリで服の種類が並ぶカテゴリ構成がよくとられます。

残りの軸にタグを使う

絞り込み用に使う軸以外は全てタグにします。例えば当サイトの場合は、下記のようにしています。

タクソノミー(分類)ターム(内容)
カテゴリ(テーマ軸)ブログ
WordPress
タグ(難易度軸)初級
中級
上級
タグ(方法軸)始め方
作り方
書き方
稼ぎ方
続け方
学び方

記事には、各軸から一つずつ選んで設定しています。つまり、カテゴリーが一つ、難易度から一つ、方法から一つを選びます。

情報の分類方法から軸(切り口)を決め、軸単位で記事にタグを付けるようにしていくと、記事の位置づけが把握しやすくサイトの構造も理解しやすくなります。

記事にタグ付けする際の注意点

軸を設定しないと1記事しかないタグが生まれる

タグは記事の投稿時に簡単に作成し付けることができます。このため、「ノリ」で設定してしまったり、今回作成したタグが再度使われる記事をみこさずにつけてしまうと、その記事だけのタグになってしまいかねません。

タグ自体に興味をもってタグページをみたら1ページだけだった、となると読者をガッカリさせてしまいます。

簡単に設定できるタグだからこそ、全記事を分類する軸視点で設定するべきです。

ニーズのない情報軸は使わないようにする

情報を分類する時に滅多に思いつかないような軸は読者の興味を引けない可能性が高いため、思い切ってバッサリ使用をやめるのがおすすめです。

一つの記事に設定するタグ数は多くても5つ以内

タグは機能的には分類の機能なのですが、「要約」の意味で使わないようにしましょう。

要約の意味で使った場合の特徴として、1つの記事に10個近く(あるいはそれ以上)タグが設定されるようになります。

情報の軸は多くても5つくらいまでになることがほとんどであると思われるので、多くなっても5つ以下くらいに設定しましょう。

タグページをnoindex化するべきか

タグページはWordPressテーマによっては機能が拡張されて、コンテンツを含めることができるようになっている場合があります。

タグページにしっかりしたコンテンツがあるならnoindex化しない方がいいでしょう。

しかし、単に記事リストの状態のページになっているならnoindex化しておいて構いません。

尚、Googleは記事リストの状態のページを検索上位に上げることは滅多にありません。そのページへの誘導がユーザーの課題を解決することにならないためです。

タグの活用方法

記事リストの作成の観点で使用する

トップページを通常のブログ型ではなくサイト型の形式にしたい場合などは、タグの一覧を数記事ずつ表示したい場合が出てきます。

条件を満たす記事の一覧を出力できるWordPressテーマに限られますが、記事リストの作成にタグ機能が使われることがあります。

絞り込み検索機能で使う

など一部のブログテーマには、タグを使った絞り込み検索機能を持っているものがあります。

カテゴリーとタグの組み合わせで絞り込む検索機能ですが、特化ブログで絞り込み検索機能を作るなどすれば、目的のコンテンツへの到達率が上がります。

まとめ

情報設計と言うと、やや取っつきにくい印象になりますが、要は情報の分類方法です。

情報設計で考えた「軸(切り口)」をもとにタグを扱うと、タグが増えまくって収拾がつかなくなったり、使い方が正しのか不安に思いながら使うことがなくなります。

情報設計をしてタグを設定するとページの誘導を最適化することができるので是非取り組みましょう。

このページの内容(目次)
閉じる