WordPressでサイトマップを作成する方法【簡単】

運営しているブログにどんなページがあるかをGoogleや訪問者に伝える手段がサイトマップです。

作成方法はプラグインを入れるだけですので非常に簡単です。

サイトマップは用意しなくても問題はないのですが、SEOの効果を高める意味でも用意しておきましょう。

このページではサイトマップの作成方法や設定方法について解説します。

このページの内容(目次)

サイトマップとは

サイトマップとは、サイトに含まれる全ページを記録したファイルまたはページのことです。

全ページを網羅したものですので、ページを追加するたびに内容を更新していかなければなりません。

もちろん、手動でやっていると大変なので自動化する方法もあります。

サイトマップは2種類ある

サイトマップには、Google 向けのものと、訪問者向けのものの2種類があります。

XML サイトマップ(Google 向け)

XML サイトマップは Google のクローラー向けのファイルです。

慣例的にサイトのルート直下に「sitemap.xml」として設置され、robots.txtでサイトマップのある位置を記載されます。

robots.txtでのsitemap.xmlの場所指定
User-agent: *Sitemap: https://ドメイン名.com/sitemap.xml

sitemap.xmlがある位置はrobots.txtに上記のように指定します。WordPressを使っている場合は自動的に設定されます。

https://ドメイン名/sitemap.xmlと入力すると、そのサイトのXMLサイトマップを見るとができます。

当サイトのXMLサイトマップを見てみる(別タブで開きます)

テキストエディタなどで開くと、XML形式になっていて割と読みづらいファイルです。

sitemap.xmlの中身

XML ファイルには、ページ毎に以下のような内容のものが記録されます。

  • 完全なURL
  • 優先度
  • 更新頻度
  • 最終更新日

これらをサーチコンソールから送信するとクロールの対象になります。

検索エンジンの仕組み

サーチコンソールでXMLサイトマップを設定する

HTMLサイトマップ(訪問者向け)

続いて人間(訪問者)向けのサイトマップです。人間が見るものですので、XMLサイトマップよりも見やすい形式で、通常のウェブページとして作成します。

こちらもXMLサイトマップ同様、サイトにどんなページがあるかを記載した内容です。

ほとんどのサイトでは、PC版ではフッタか、グローバルメニュー(ヘッダ)、スマホ版ではフッタに固定表示したり、メニュー内に設置するされます。

ユーザーにこのサイトにどんなページがあるのか全体像を見せることができるというのがメリットです。

サイトマップはページを追加するたびに更新が必要、プラグインで自動化可能

サイトマップがどのようなものかご理解いただけたでしょうか。

サイトマップはどちらもサイトのページ全体をリストアップするページになるため、新規に記事・ページを追加した場合には更新を行う必要があります

手動で行う方法もありますが、面倒すぎる上、忘れてしまいますよね。プラグインを使えば完全に自動化できます。

プラグインを使って自動で作成・更新されるようにする方法について解説していきます。

WordPressでXMLサイトマップを作成する方法

XMLサイトマップの作成方法は大きく二つあります。

  • 外部のプラグインを導入する方法
  • WordPressの標準機能を利用する方法

どちらを選んでも構いません。

私は一つでもプラグインは減らしたいので標準機能を利用しています。

プラグイン(XML Sitemaps)を使って作成する

XML Sitemaps プラグイン

Google XML Sitemapsともいわれ、世界中で利用されている実績のあるプラグインです。

現在はセキュリティ対策のアップデートがたまに行われているだけで、ほとんど更新は行われていません。

インストールすると、<設定>メニューに追加されます。

インストールすると設定メニュー内に設定画面へのリンクが追加されます

設定画面ではsitemap.xmlを作成するための細かな制御が可能です。

XML Sitemapsでできること
  • 除外するアーカイブタイプ(投稿・カテゴリ・タグ・カスタム投稿タイプを決めることができる)
  • 個別の記事単位・特定のカテゴリなどを除外できる
  • WordPressで作っていないページを含めることができる
  • 更新頻度や優先度の細かい指定ができる
  • 優先度をコメント数などから自動設定できる
  • その他細かい挙動を指定できる

一言でいえば、出力されるXMLサイトマップを細かく制御したい人向け、です。

私は、プラグインをできるだけ増やしたくないため、標準機能を使っています。

WordPress標準機能を使って作成する

WordPress5.5からXMLサイトマップは全自動で作成されるようになりました。

意図的に停止をしない限り、https://ドメイン名/wp-sitemap.xmlというURL形式で自動作成されます。

ただ、このままだと、作者アーカイブなどもXMLサイトマップに含めてしまいます。除外しておきたい場合は function.php に下記を追加しておきましょう。

add_filter (
  'wp_sitemaps_add_provider',
  function( $provider, $name ) {
    if ( 'users' === $name ) {
      return false;
    }
    return $provider;
  },
  10,2
);

上記記述を入れて、/wp-sitemap.xmlにアクセスし、作者アーカイブへのリンクが消えていれば成功です。

sitemap.xmlをサーチコンソールに登録する

sitemap.xml はGoogleにURLの一覧を通知することが目的です。

設定をしたら忘れずにサーチコンソールからsitemap.xmlが送信されるように設定しておきましょう。

下記のページで設定方法を解説しています。

サーチコンソールから sitemap.xml を送信する方法

WordPressでHTMLサイトマップを作成する方法

WordPressでHTMLサイトマップを作るにはプラグインを使うと手っ取り早いです。

PS Auto Sitemap で作成する場合

WordPress用のHTMLサイトマップ作成プラグインは PS Auto Sitemap が定番です。

ただし、カスタム投稿には対応していませんので、カスタム投稿の内容をサイトマップHTMLに出力したい場合は後述のWP Sitemap Pageを使いましょう。

STEP
<プラグイン>→<新規追加>→「PS Auto Sitemap」を検索してインストールします。
PS Auto Sitemapのインストール
STEP
インストールすると、<設定>メニュー内に「PS Auto Sitemap」の項目ができるのでクリックしてください。
PS Auto Sitemapの設定画面

STEP
固定ページを1つ新規で作成

既にHTMLサイトマップとして用意しているページがあればこの手順は飛ばして構いません。

STEP
HTMLモードで出力用のコードを記入する
<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

ビジュアルモードではなく、HTMLモードで記載してください。ブロックエディタを使っている場合は、カスタムHTMLブロックを使います。

STEP
出力する記事を指定

再度 PS Auto Sitemap の設定画面に戻り、「サイトマップを表示する記事」欄に、固定ページのIDを記入します。

固定ページのIDは、編集画面のURLから「post=」の文字を探します。そこに書かれた数字部分のことです。

STEP
表示スタイル・出力内容の微調整

PS Auto Sitemap の設定画面で表示スタイルを調整して好みのスタイルを選択してください(「矢印」がよく使われているように思います)。自分で一からCSSで調整する場合はスタイルなしを選択しましょう。

WP Sitemap Page で作成する場合

PS Auto Sitemap はすでに開発としては完了した感があり、ほぼアップデートされていません。執筆時点で6年間更新無しの状態でした。

将来的にセキュリティリスクになるのが心配な場合は WP Sitemap Page がおすすめです。当サイトでも使用しています(サイトマップ)。

STEP
<プラグイン>→<新規追加>→「WP Sitemap Page」を検索してインストールします。
STEP
インストールすると、<設定>メニュー内に「WP Sitemap Page」の項目ができるのでクリックしてください。
WP Sitemap Page設定画面

WP Sitemap Page は日本語化も行われておらず、見づらいかもしれません。翻訳しながら設定を進めていってください。

設定できること
  • サイトマップページからのリンクにnofollowを入れる(通常設定不要)
  • リンクタグのHTMLをフルカスタマイズ可能(クラスを設定するなどもできる)
  • 複数のカテゴリに所属する記事は、デフォルトではメインカテゴリだけに出力されますが、すべてのカテゴリに出力することが可能
  • 除外する固定ページの設定
  • パスワード設定した固定ページの除外
  • 末尾にプラグイン名を出力する(通常設定不要)
STEP
サイトマップを表示するページを作成し、ショートコードを入れる

WP Sitemap Page はショートコードの位置にHTMLサイトマップを出力するようになっています。

サイトマップを表示する固定ページや投稿を作成し、設定画面にあるショートコードを挿入してください。

並び順などの設定もできるようになっているので、表示する内容はショートコード内で細かく設定可能です。

[wp_sitemap_page display_category_title_wording="false" only="post" display_title="false"]

としておくと、「Category:」という文字と、「Post by Category」という見出しを削除できます。

WP Sitemap Page が生成するサイトマップページはデザインがかなり簡易的なので、スタイルシートを使って細かくデザインを適用していく必要があります。一つ一つの項目に、クラスを設定することも可能です。

まとめ:WordPressでサイトマップを作成する方法

  • サイトマップとは、サイトに含まれる全ページのリストのこと。
  • サイトマップにはクローラー向けのXMLサイトマップと、ユーザー向けのHMTLサイトマップの2種類がある。
  • XMLサイトマップは標準機能でも作成可能。細かく調整するならXML Sitemapsを利用すると良い
  • HTMLサイトマップの作成は PS Auto Sitemap か、WP Sitemap Pageを使うと良い。
このページの内容(目次)
閉じる