WordPressとサーチコンソールを連携する方法【設定から活用まで】

Google サーチコンソール(通称:サチコ)は登録されているでしょうか?

サーチコンソールはSEOでの状況を把握したり、分析をすることができる、運営者向けのツールです。

個人サイトであってもすべての人が使うべきツールなのですが、画面内にも専門用語が多く、具体的にどう活用していけばいいのかわかりにくいツールかもしれません。

  • まだ登録していない(知らなかった)
  • 登録はしたけどWordPressとどう連携するのかよくわからない
  • 登録・設定したけど活用はできていない

という方のためにサーチコンソールを使ったサイトの改善方法を解説します。

このページの内容(目次)

Googleサーチコンソールとは?

Google サーチコンソールとは

Google サーチコンソール(Search Console)とは、Google が提供しているウェブマスター(サイトの管理者)向けの無料ツールです。

サイトの状態や検索キーワードの確認などを行うことができます。

サーチコンソールでできること
  • 新しく投稿した記事が Google にインデックスされるようにリンクエスト(巡回依頼)することができる
  • サイトのページ一覧(サイトマップ)を Google に伝えることができる
  • Google 検索からどのくらいの流入があったか、使われたキーワードが何かも含めて調べることができる(唯一のツール)
  • どのくらい Google がクロールしているか、インデックスしているかがわかる
  • サイトに問題のある箇所を見つけることができる
  • どのサイトからリンクされているかわかる

言ってみれば、Google が持っているあなたのサイトの状態を可視化できるツールなのでサイトを運営していくには必須のツールと言えます。

ウェブサイトを分析するツールはサードパーティ製のものも含めて多数ありますが、検索結果にあなたのサイトが表示されたキーワードが何があるのかを知ることができるツールはサチコのみです。

また、Google はページの発見(クロール)→ページのインデックス→ページのランク付けという順に行っており、ページの存在をGoogleに直接伝えることができる唯一のツールです。登録しない手はありません。

クロールやインデックスなど、検索エンジンの仕組みについてはこちらの記事で解説しています。

Google アナリティクスとの違い

Googleアナリティクスとの違い

登録の手順を解説する前に、一つだけ注意点があって、「アナリティクスとの違い」です。

初心者のうちは Google アナリティクスとサーチコンソールを取り違えがちです。

以下のように整理するとわかりやすいはずです。

Google アナリティクスサイトに来てから
Google サーチコンソールサイトに来るまで

解析内容にも以下のような違いがあります。

Google アナリティクスユーザー・ページメイン
Google サーチコンソールキーワード・SERPメイン

Google アナリティクスはいわゆるアクセス解析で、サイトに来たユーザーがどう行動したかを計測するツールです。

Google Search Console はサイトに来る前にユーザーがどんなキーワードで検索しているかなどを計測するツールです。

なんで統合しないの?と思うかもしれません。
Googleアナリティクスは元々別の会社が開発していたウェブ解析ソフト「Urchin(アーチン)」をベースにしたものです。
Googleが買収し、その後2012年にUrchinは開発を終了し、アナリティクスに一本化されました。
サーチコンソールはGoogle自体が開発してきたもので、元々は2015年5月まで「ウェブマスターツール」といわれていたものです。
個人的には統合してもいいような気もしますが、別々で開発が進んできたこと、ユーザーは既に慣れており必要もないこと、役割がそもそも違うのでUIが煩雑になってしまう可能性があるから、かもしれません。

サーチコンソールに登録する方法

まだ登録自体を行っていない方向けです。既に登録が完了している方は飛ばしてください。

STEP
Googleアカウントの作成またはログイン

サーチコンソールの利用にはGoogleアカウントが必要です。既にお持ちのアカウントにログインするか、新規に登録して作成しましょう。

STEP
サーチコンソールに移動します。

サーチコンソールに移動し、<今すぐ開始>を押します。

STEP
プロパティタイプを選択

プロパティタイプを選択します。

初期状態では下図のように「ドメイン」の方が選択されていますが、通常は「URLプレフィックス」を選択します。

サーチコンソール(Search Console)のプロパティタイプの選択

ブログのURLをURL欄に記入し<続行>ボタンを押してください。

STEP
所有者の確認

所有者の確認とは、第三者にサイトの状況を盗み見されたりしないように、サイトの所有者でないとできないことができるかどうかをテストするものです。

確認方法には以下のものがあります。

  • 指定されたファイルをルートディレクトリにアップロードする
  • HTMLの<head>タグ内に指定のコードを挿入する
  • Google アナリティクスを使う
  • Google タグマネージャーを使う
  • DNS レコードを Google に関連付ける

沢山ありますが、ファイルをアップロードする方法が一番シンプルですぐに実行できます(FTPに接続できる必要があります)。

所有者の確認方法:ファイルをアップロードする

ファイルをダウンロードし、ファイル名も含めて何も編集せずに、ダウンロードしたファイルをそのままFTPでサイト直下にアップロードしてから<確認>ボタンを押してください。

サイトの所有者確認が行われますので数秒お待ちください。

上記の表示が出たらサイトの所有者確認は成功です。

サイトの所有者確認は定期的に実行されます。選んだ確認方法によって、いつでも確認ができる状態を維持する必要があります。

ファイルをアップする確認方法を取った場合はファイルをアップしたままにしておきます。

この状態で、サーチコンソールの登録については完了です。

続けてWordPressとの連携の設定をしていきましょう。

FTPでファイルをアップすることが出来ない場合

FTPでアップする方法が一番シンプルなのですが、FTPでのファイルのアップロード自体が難しくてわからない場合は、以下の方法を試してください。

アナリティクスやタグマネージャーを導入済みの場合→確認方法にアナリティクスを選択

WordPress上で設定を完了したい場合→All in One SEO を利用します。

インストールし、プラグインの一覧画面で<SEO設定>から「ウェブマスター認証」という項目があるので、そこに入力してください。

プラグインで所有者確認をする場合(All-in-one-SEO)

初期設定1:サーチコンソールと WordPress の連携

サーチコンソールと WordPress を連携させる部分はサイトマップの登録です。

サイトマップには、2種類あります。

HTML のサイトマップ人間用
xml サイトマップGoogle用

Google にサイトマップxml を送信することで、Google にこのサイトの全ページを知らせることができます。

通常は、送信しなくても Google はページを発見してインデックスしてくれるのですが、送信しておく方がより確実にクロールしてくれるようになります。

STEP
左側のメニューから<サイトマップ>をクリック
左メニューからサイトマップを選択
STEP
ドメインに続けて「sitemap.xml」と入力し<送信>します。
sitemap.xmlと入力し、送信ボタンを押します
STEP
サイトマップを送信しました、と表示されたら成功です。
サイトマップを送信しました、と表示されたら成功です。
送信されたサイトマップ

送信に成功すると、「送信されたサイトマップ」欄に追加されます。

そんなファイルを作った覚えがない、と思われるかもしれませんが、WordPress が自動で作成してくれます。

また、一度登録すれば、記事の追加時などには sitemap.xml も自動で更新しますので、今後は放置しておけば自動で sitemap.xml も送信されます。

サイトマップをまだ作成していないならWordPressでサイトマップを作成する方法【簡単】を参考に用意しましょう。

初期設定2:アナリティクスとの連携

サーチコンソールはアナリティクスと連携することが可能です。

STEP
同じGoogleアカウントでアナリティクスを登録

まだアナリティクスを登録していない場合はサーチコンソールを登録したアカウントと同じアカウントでGoogleアナリティクスに登録しておきます。

STEP
サーチコンソールの<設定>を開き、<協力者>をクリックします。
サーチコンソールの<設定>を開き、<協力者>をクリックします
STEP
<関連付ける>をクリック
STEP
アナリティクスのプロパティを選択し、<関連付ける>ボタンを押す
GAとSCを関連付け
kか
関連付け完了

以上でサーチコンソールの登録から初期設定まで完了です。登録時点では一旦ここまでやっておけば問題ありません。

サーチコンソールの活用方法1:新規記事の登録

新規記事を作ったら、サーチコンソールを通じてGoogleにインデックスリクエストを送りましょう。

URLの検査

ログインして、メニューの<URLの検査>をクリックするか、画面上部の虫眼鏡のマークの付いた入力部分をクリックします。

入力できる状態になったら、作成した記事のURLを入力して<ENTER>キーを押します。

URLの検査

上記のような画面が表示されるのでしばらく待ちます。Googleに登録があるかの確認が行われてます。

インデックス未登録

上記のような画面が表示されるので、<インデックス登録をリクエスト>を押します。

するとまた処理中のような画面が表示されます。

1分近く時間がかかる場合がありますので、少しお待ちください。

URLが存在しない場合でもリクエストができる状態なので、最初のURLの入力は間違えないようにしましょう。

既に登録されている場合

尚、既にインデックスされているページは上記のように表示されます。

サイトの内容をリライトした場合も同じ手順で<インデックス登録をリクエスト>しておきましょう。

リライト時のインデックスリクエストは忘れがちですが、やっておいた方が早く結果が出ます。

サーチコンソールの活用方法2:エラーの解消

サーチコンソールはサイトに発生しているエラー状況を通知してくれる機能があります。

  • モバイルでエラーが出ているページの表示
  • インデックス時に発生する問題
  • パンくずリストの問題
  • コアウェブバイタルの警告・不良

上記のような問題が出た時に、エラーの発生しているページを提示してくれます。

数が少なければ全ページ確認できますが、多いといくつかのページだけが表示されることもあります。

カバレッジレポート

カバレッジレポートに表示されるエラー
カバレッジレポートのエラー

メニューから<カバレッジ>を選んだ際に、上記のような形でエラーが表示されている場合、改善すべき問題が発生しています。

一番多いのは、サイトマップxmlに記載して送信しているページにnoindexタグが含まれているというものです。

サイトマップxmlに登録がある=インデックスしたいURLということになるのに、実際のページではnoindex、つまりインデックスしないで、と言ってるよ、というエラーになるので、サイトマップxmlから除外するか、noindexの記述を削除すれば解消されます。

モバイルユーザビリティ

モバイルユーザビリティのレポート

モバイルでの問題が出ている場合にエラーが表示されます。

モバイルユーザビリティで多いのは、上記のように、テキストが小さすぎて読みにくい箇所がある、というものと、クリックできる要素が近すぎて、誤タップになる可能性が高い箇所が含まれているという表示です。

上記は残念ながら具体的なエラー箇所までは示されませんが、ページは提示されるので、該当箇所を調整すれば解消されます。

ウェブに関する主な指標(コアウェブバイタル)

Googleの取り組みとして、ページの速度の他に、読み込み中のレイアウトの移動や、ファーストビューが表示されるまでの時間など、ウェブサイトの閲覧を検索体験全体で最適化しようという動きがあります。

各指標が数値化されて、目標値を下回るものについては改善の提案が表示されます。

これらのウェブコアバイタルについての指標もランキングの要素として使われるため、不良や改善が必要とされる項目についてはできるだけ解消されていることが望ましいです。

エラーの解消の優先度について

サーチコンソールで検出されたエラーのうち、修正対応の優先度が高いものがカバレッジレポートに表示される404ページの発生です。

これは、サイト内のどこかのリンクが切れている状態が発生していることを示しているので、早めに解消しておくことをお勧めします。

それ以外のエラーについては「ほどほど」の対応でいいことが多いです。潔癖症な人ほど完全にエラーを消し去りたくなると思いますが、効果はさほどない場合も多く、検索順位にもほとんど影響が出ないものも少なくありません。404系のエラー以外は1か月に1回くらい時間を作って集中的に対処すればOKです。

エラーや警告の修正には、<修正を報告>とか<検証>といったボタンで直したことを通知することができます。
ただ、即時反映はされず、確認に数日~数週間かかることがほとんどですので、気長に待ちましょう。特に<ウェブに関する主な指標>の部分はChromeのデータを使っているようなので、データの収集が完了するまでは反映されないため、結構時間がかかります。

サーチコンソールの活用方法3:順位改善

サーチコンソールの最重要機能が<検索パフォーマンス>です。

Google検索が行われたときに自サイトが表示された回数やクリック率が表示されるため、リライトを行う際の参考になります。

サーチコンソールで行うのは、リライト対象の記事・キーワードの絞込です。

例えば、掲載順位が高いのにクリック率が低い場合、検索結果に表示されるタイトルが魅力的でない可能性が高くなります。

そういった場合ならタイトルタグをより魅力的な内容にリライトすればクリック率が高まり、より集客できるようになります。

サーチコンソールでは、リライト対象の絞り込みから具体的な修正方法までをセットで見つけ出すことができます。

リライトすべき記事
  • 検索順位が高いのに、クリック率が低い記事
  • 検索順位が低く、表示回数が多い記事
  • 検索順位が低いのに、クリック数がそこそこある記事
  • クリック率が高いのに、直帰率も高い記事

具体的なリライトの仕方はこちらのページにて詳しく解説しています

このページのまとめ

サーチコンソールはサイト運営者にとっては必須のツールになりますので、もしまだ登録していないのであれば登録しておきましょう。

  • サーチコンソールとは、Google が提供しているウェブマスター向けの無料ツールで、サイトの状態確認からサイトの改善までのヒントが見つかる必須ツール
  • アナリティクスがサイトに訪問後の行動を分析するツールなのに対し、サーチコンソールはサイトに来るまでを分析するツール
  • 利用するにはGoogleアカウントが必要。
  • WordPressとの連携は主にサイトマップxmlの設定部分で行う(所有者の確認に使うことも可能だが、ファイルを使った確認の方が手っ取り早い)
  • サーチコンソールの具体的な使い方としては下記のようなものがある
    • 新規記事を作ったり、リライトしたりした際に通知するのに使用する
    • エラーの発生しているページの改善
    • 順位の改善を行う際のリライト対象記事の特定とリライト方法の目星をつける
このページの内容(目次)
閉じる