WordPressの投稿と固定ページの違い・使い分け方

WordPressでページを作る方法には「投稿」から記事(ページ)を追加する方法と、「固定ページ」を追加する方法の2つがあります。

標準の状態で、ページを作成すると、どちらも似たようなページが出来上がるため、初めて使うときにはどちらを使って作っていけばいいのか迷いますよね。

なんとなく投稿(または固定ページ)を使っているけど合ってるの?将来的に困ることにならないかな?と不安に感じられている方も多いはず。

このページでは、投稿と固定ページのそれぞれの特徴や違い、使い分け方について詳しく解説します。

このページの内容(目次)

WordPressの「投稿」とは

WordPressで記事を書く、というと、「投稿」を新規追加することを意味します

投稿に新規追加を行うと、記事の一覧ページから自動的にリンクが作成されて並ぶようになります。

記事の一覧は、大きく下記の4つがあります。

  • カテゴリ
  • タグ
  • 日付
  • 作者

WordPressのようなCMSを使う最大のメリットともいえるのが、作ったページが浮遊せず、自動的にリンクを張った状態にしてくれることです。

普通なら手作業でリンクを設定しないといけないので手間がかかりますが、全自動でページのリンクを作ってくれるのが「投稿」の最大の特徴です。

全自動で作れる代わりに、記事単位で大きくレイアウトを変えたり、リンクを張ること自体を停止させたりといった「小回り」がきかないという特徴があります。

WordPressの「固定ページ」とは

一方、固定ページは、投稿とは逆で、「基本手動」です。

単にサイト内にどこからもリンクが張られていないページを作るだけです。

ブログのような日付やカテゴリで「一覧」を必要とするページは「投稿」で作りますが、会社のサイトで「沿革」のような単体で成立するページは「固定ページ」で作ります。

投稿が小回りが利かない分、固定ページは小回りが利き、ページごとにデザインを大きく変えるといったことも可能です。

その代わり、作成したページにリンクを張るのも、テンプレートを選択するのも全て「意識的に手動で」行う必要があります。

よって、例えばWordPressでコーポレートサイトを作る場合であれば固定ページが中心になります。

投稿と固定ページの違い

機能投稿固定ページ
日付アーカイブ
タグ・カテゴリ
親子関係の指定
トップページの指定
パーマリンク設定
テンプレートの指定
RSS生成

投稿ページと固定ページの機能的な違いは上記のようになります。

投稿と固定ページの使い分け

サイト構造
WordPressでの投稿・固定ページ・カスタム投稿の使い分け

ブログ記事は投稿一択

ブログで記事を作成する場合は、基本「投稿」の一択と考えて差し障りありません。

ブログ記事は下記のような特徴があるためです。

  • テンプレートの切替が不要
  • 記事一覧リンクを自動で張ってほしい
  • メニューに単体記事を登録することは少ない

また、WordPressのテーマは「投稿」をベースに機能が作りこまれることがほとんどで、固定ページと投稿で機能差があるテーマが大半です。

テーマの持つ機能を使い切る上でも、ブログ記事は投稿で書くのが正解です。

固定ページで作るべきページの例

固定ページで作るべきページは、「どのページからもリンクが張られるメニューに入れたいページ」です。

下記のようなページは、一般に固定ページで作成されます。

  • サイトマップページ
  • 運営者について
  • このサイトについて
  • プライバシーポリシー・免責事項
  • お問い合わせ / お見積り

投稿と固定ページを変更する方法

ブログ記事なのに、固定ページで作ってしまった、固定ページで作るのが一般的なページを投稿で作ってしまった、といった場合、作り直して変更することも一応は可能です。

パーマリンクの設定が「投稿名」になっている場合はURLも変わらずにスムーズに移行できます。

  1. 移行元のスラッグに「2」を付ける
  2. 移行先に新規作成し、スラッグに移行元の元のスラッグ名をつけます。
  3. 移行元のページの内容全体を移行先のページに貼り付けます。
  4. 移行元の記事・ページを削除します。
  5. 必要に応じてサイト内のリンク先を修正してください。

ただ、パーマリンクが投稿名になっていない場合、固定ページ時代のURLを再現できない可能性が高いため、あまりお勧めはしません。

上級編:カスタム投稿とは?投稿との使い分け

投稿と固定ページは初期導入されているため削除することはできません。

ただ、どちらも一長一短で使いにくいと感じることもあるでしょう。

投稿だけど、親子関係が作れてテンプレートも選べるようなものを作ることもできます。この機能をカスタム投稿といいます。

投稿との使い分け方として、「データベース的に使うならカスタム投稿を作る」と覚えれば一旦はOKです。

まとめ:ブログなら投稿を使って記事を作ればOK

投稿と固定ページの使い分けについて解説してきました。

シンプルにブログ記事は投稿で書くようにすればOKです。

このページの内容(目次)
閉じる