WordPressと無料ブログはどっちがおすすめ?メリットとデメリットを比較

これからアフィリエイトを始める方がまず最初に悩むことの一つとして、どのサービスを使ってブログを作るか、ではないでしょうか。

無料でブログを開設できるサービスも多く、出来るだけ費用を抑えたい場合に無料ブログでまず初めて見る、と言う方も少なくありません。

ただ、結論を言えば収益を狙うブログであればWordPress一択といってもいいくらいです。

いきなり結論を出してしまいましたが、理由について解説していきます。

このページの内容(目次)

WordPressとは?

最初に初心者の方のために、WordPressについておさらいです。

WordPressは、全世界で利用されているウェブサイトの作成ソフトです。

オープンソースで開発が続いているソフトで、ブログソフトとして作られましたが機能性の高さから、コーポレートサイトなどでも使われています。

全世界のウェブサイトの1/4はWordPressで作成されているという統計もあるほどです。

誰でも無料で使用できる点・簡単にインストールできる点・カスタマイズや機能拡張が簡単な点から、ブログと言えばWordPressというくらいメジャーな存在です。

大抵の場合、サーバーを契約すると、WordPressを自動でインストールする機能がついていて、難しい操作をほぼせずに使えるようになります。

余談ですが、昔はレンタルサーバーというと、「不安定」であることが多くありました。
サーバー上で実行されるプログラムが多岐にわたり、サーバー上のリソースを圧迫するプログラムが多かったためです。
現在、個人サイトでレンタルサーバーを利用する場合、大半はWordPressで作られるようになったため、サーバーリソースを圧迫するような使われ方が減りました。サーバー機自体のスペック向上もあり、どのサーバーでも安定的に稼働することが多くなっている背景にはWordPressの普及があるのではないかと思われます。

無料ブログとは?

主に個人をターゲットにした、ブログ作成サービスです。

アカウントを登録するだけでブログを無料で開設でき、手軽に発信を行うことができる点が特徴です。運営会社も多数存在します。

独自に開発されていることが多く、ユーザーに無償で利用してもらえるようにする代わりに、広告を表示し、そこからマネタイズしているのが無料ブログです。

会員登録するだけで利用できる状態になるため初心者にもやさしく、セットアップはスマホだけでもできることも多いため、現在もかなりのユーザーが利用しています。

芸能人がブログを始める際には無料ブログから利用提供されていることがあります(特にアメブロ)。

無料ブログ自体は古くからあります。昔はブログを開設する際の選択肢がそれほど多くはなく、費用がかかるかスキルが必要かのどちらかでした。ただし、WordPressの普及に伴って、無料ブログを利用する機会は激減しており、サービスの継続が困難になることも多く、終了するサービスも増えています。

WordPressブログのメリットとデメリット

まずはWordPressでブログを始めるメリットとデメリットについて解説します。

WordPressの6つのメリット

独自ドメインで運用可能

WordPressは自分でサーバーを契約し、ドメインも決めて使うのが一般的です。

好きなURLでサイトを作れる上、自分が所有者になるので無料サービスのように急になくなったりすることもありません。

デザイン性が高い

WordPressには「テーマ」という機能があり、美しくデザインされたテーマを簡単に利用することができます。

外部の広告を表示されたりすることもないので、全画面自分で考えたデザインに仕上げることができます。

無料ブログが「アパート」のようなものだとしたら、WordPressは「持ち家」のようなもの。自由に自分でカスタマイズすることができます。

広告の配置に制限がない=収益化に強い

無料ブログでは、広告を配置するのに規約を守ったり、レイアウト上の制限があったりすることが多いです。

このため、設置したいところに思うように広告を設置できなかったり、自分の収益と関係のない広告の表示が義務付けられたりします。

せっかく集客を集めてきたのに収益を無料ブログに奪われてしまうと意味がないですよね。同じ広告を押されるのなら自分に収益が入ってくる広告をクリックされたいもの。

WordPressでは自由に広告を設置できるので無料ブログよりも収益性が高くなります。

SEOに必要な設定を反映しやすい=SEOに強い

無料ブログには細かい制限があるので必ずしもSEOに最適化された仕組みではありません。

WordPressであれば、SEOに必要な設定を自由に設定することができるため、結果としてSEOに強いブログを作ることができます

機能拡張が容易

WordPressにはプラグインという機能拡張を行える仕組みが整っています。

WordPressのプラグインディレクトリには58,000個以上のプラグインが登録されており、管理画面から検索して簡単に追加することができます。

もちろんすべて無料とはいきませんが、大抵のことなら実現する方法があり、大半は無料で利用可能です。

汎用性のあるスキルが得られる

WordPressは世界中で使用されているため、企業内で使用されることも非常に多いソフトです。

WordPressの利用経験は、転職や就職の場で多少のアピールポイントになることはもちろん、企業で自社サイトの担当者となった際にも役に立つスキルです。

WordPressの3つのデメリット

WordPressでブログを始める方がメリットは多いのですが、もちろんデメリットもあります。

サーバー費用やドメイン費用がかかる

WordPressはソフト自体は無料ですが、ソフトを動かすサーバーは無料ではありません。

また、独自ドメインは利用できますが、ドメイン費は発生します。

とはいえ、月額に直せば800円くらいから利用できますので、躊躇するほど高額というわけではありません。

自分でインストールする必要がある

WordPressは原則として自分でインストールし設定する必要があります。

といっても、現在はサーバー会社の努力もあって、ドメイン費はサーバー費用にコミコミになるサービスもありますし、契約時点で自動的にインストールするオプションを用意しているサーバー会社もあります。

これらを使えば契約が完了した時点でWordPressをすぐに使える状態になるのでそういった簡単に利用できるようになるサービスを使えば問題なしです。

尚、おすすめのサーバーはConohaWINGかエックスサーバーです。プロも使っているサーバーで、金額も安いため、迷ったらどちらかを使うと良いでしょう。

下記にて詳しく手順を解説しています。

自分で初期設定をする必要がある

これは無料ブログでもそうですが、ブログを開設したら、自分のサイトに仕上げていく必要があります。

私も初期設定を初めてする時には、項目の意味が分からず苦労しました。

つまづきそうなポイントや、初期設定のやり方をまとめていますのでこちらを参考にすればスムーズに設定できます。

無料ブログのメリットとデメリット

無料ブログにももちろん、メリットとデメリットがあるので順に解説していきます。

解説に入る前に、無料ブログはそもそもサービスの数も多いので、主要な無料ブログのサービスと特徴を先に紹介します。

主な無料ブログのサービス一覧

無料ブログカスタマイズ性広告非表示ドメイン
はてなブログ××
Amebaブログ×××
livedoor Blog××
FC2ブログ××
エキサイトブログ××

無料ブログは、「無料版」と「有料版」があります。上記は全て「無料」で使う場合の機能比較になります(有料版では×にしている大半の項目が〇になります)。

有料版にすると、月額で1,000円程度かかるため、WordPressでブログを作るのと大差がなくなり、無料ブログのメリットがなくなります。

無料ブログの2つのメリット

無料で利用できる

無料ブログの最大の魅力が「完全に無料で始めれること」です。

とりえあずブログを作ってみたい、という「お試し」の時点でいきなりお金を払いたくないという場合にもってこいです。

インストールしたり初期設定する必要がない

無料ブログはアカウントを開設したらインストール済み、初期設定済みですぐに使える状態になります。

開始までにかかる時間を大幅に短縮することができます。

無料ブログの4つのデメリット

サービスが終了すると利用できなくなる

無料ブログはまれにサービスを終了してしまうことがあります。

先ほど紹介したブログサービスはどれも運営歴が長く、簡単に終了したりすることはないはずですが、可能性としてゼロではありません。

これは、デメリットというより「問題点」と言っても過言ではありません。

仮に無料ブログでかなりの収益を得られたとして、会社を辞めて専業ブロガーになった場合、突如サービスが終了してしまうとその時点で収益がゼロになってしまいます。

そんなことになると路頭に迷ってしまいますよね。自分の影響外のところで急に収入の道が断たれるのはビジネスとしては成立していないですよね。

無料ブログではなく、WordPressをお勧めする最大の理由でもあります。

広告を自由に設置できない

無料ブログは運営収益を広告から得ています。

ブロガーに記事を書いてもらい、その記事に無料ブログの広告を貼ることで収益化しているため、無料のまま利用するには広告を外すことができなかったりします。

また、自分の広告を貼ることは可能なものの、貼れる広告には制限がかかります。利用者が貼った広告ばかりがクリックされ、無料ブログサービスの広告が全くクリックされなくなると損になるからです。

SEOに弱い

カスタマイズ性・機能の拡張性の低さや必要以上に広告を表示せざるを得ない点などは最終的にSEOに返ってきます。

記事本体が有益であればWordPressと同様に上位表示させることも不可能ではありませんが、最初からハンディを持った状態で取り組まなければならない点はマイナスでしかありません。

デザインや機能に制約を受けやすい

無料ブログは多くの人に利用させるため、サーバーに負担をかけるような機能拡張は基本的には行えません。

また、こういったサービスは利用者から質問が出ることも多く、サポートに負担がかかります。その負担をできるだけ下げられるよう、機能的にも、デザイン的にも自由度を下げておくサービスがほとんどです。

WordPressと無料ブログの比較一覧

最後に、メリット・デメリットをもとに比較をまとめました。

比較項目無料ブログWordPress
獲得スキルの汎用性×
独自ドメイン×
カスタマイズ性×
デザイン性
機能拡張×
収益性
SEO
費用
初期設定×
手軽さ

無料ブログは、月1万円以内のお小遣い稼ぎに使う分には良いですし、趣味の発表の場、という位置づけでは選択肢として有力です。

しかし、収益ブログとして使っていくなら、決して良い選択肢とは言えません。

結論(まとめ):収益ブログならWordPress一択

無料ブログとWordPressのメリット・デメリットについて比較をしてきました。

とりわけ、収益を目的としたブログを運営するのであれば、最初からWordPressで作った方が良いです。

無料ブログで作成した記事はエクスポートする機能自体はあるものの、SEOで評価が一旦ついてしまうと、リダイレクトの処理を入れなければならないなど移行させるには手間がかかるためです。

資産性という観点からも、サービスの終了リスクがある無料ブログよりも、WordPressをお勧めします。

このページの内容(目次)
閉じる