WordPressの初期設定の方法を詳しく解説【初心者向け】

WordPressのインストールまではできたけど、設定をどうやったらいいんだろう?

WordPressを無事にインストールしたら、続いて初期設定を行います。

設定画面を開いてみたときに、専門用語が結構多いのでどう設定したらいいのかわからなくなりがちです。

1項目ずつ、どう設定していくべきなのか解説していきます。

このページの内容(目次)

WordPressにログインした直後の画面と左メニューの意味

WordPressをインストールした直後の左メニューは上記のようになっています。

初期設定は主に「設定」に集約されており、通常一度設定すれば滅多に変更しない項目ばかりです。

早速設定を始めましょう。<設定>をクリックしてください。

設定をクリックすると、<一般>が表示され、6つのサブメニューが表示されます。これらの6つの項目を順番に設定していきます。

一般設定

一般設定は、ほとんど変更が必要な部分がありません。

WordPressをインストールする時に必要な情報として入力している場合が多いので、インストール時に入力した内容があらかじめセットされていることがほとんどです。

サイト名の設定

サイトのタイトル

サイト名を入力します。サーバーの簡単インストールなどでインストールする際に既に入力している場合はここにサイト名が入力された状態になっているはずです。

キャッチフレーズ

キャッチフレーズはサイトのサブタイトルのようなものです。

WordPressテーマ(外観→テーマ)によって使用される場所が異なります。

意図しないところで使われてしまったりするので、初期設定では「空白」にしておけばOKです。

URLの基本設定

WordPress アドレス(URL)

WordPressをインストールしているアドレスを入力するのですが、通常は入力された状態になっているので特に設定不要です。

ここに入力されているアドレスを間違うと、WordPressにアクセスできなくなりますので注意してください。

サーバーの自動インストール機能によっては/wp/の下にインストールするような場合もありますが、その場合も変更せずにそのままにしておきましょう。

サイトアドレス(URL)

サイトのアドレスを入力します。ほとんどの場合、WordPressアドレスと同じ値が入っているはずです。

特に問題なければそのままにしておきましょう。

管理者メールアドレス

インストールしたWordPressから管理者にメールをする際の送り先の設定です。

コメントがついた場合にメールでコメントがあった旨通知されます。

プラグインによっては管理者にメールを送るものもあり、その時に送られる送信先になります。

Gmailでも構いませんが、きちんと受信できるアドレスを設定しておきましょう。

会員機能の設定

メンバーシップ・新規ユーザーのデフォルト権限グループ

どちらも初期設定は必要ありません。何もしないでOKです。

WordPressは標準でユーザー管理機能がついています。「だれでもユーザー登録ができるようにする」にチェックを入れるとサイトに登録することができるようになります。

サイトに登録すると、例えばコメントを記入する際に名前欄などの記入を省略することができます。

新規ユーザーとして登録されたユーザーにどこまでWordPressを使ってもらうのかを設定するのがデフォルト権限グループになります。

ただ、様々なブログがありますが、よほど議論を呼ぶようなテーマを選択しない限り、訪問者がわざわざブログにユーザー登録するということはないはずです。

ユーザーの追加を行う必要がある場合は、記事原稿を外注する場合です。

納品時に、WordPressに直接投稿してもらうようにすれば手間が省けるので、ライティングができる「投稿者」の権限をデフォルトで割り当てられるようにしておく、のような設定をする画面です。

言語・時刻・日付書式の設定

言語・地域・日付と時刻の設定

上記も基本的にデフォルトのままで大丈夫です。

サイトの言語を例えば英語にすると、メニューなどが全て英語に変わりますので編集はしない方が無難です。

タイムゾーンは投稿をしたときに何時何分に投稿されたのかを記録する際に使われます。

投稿設定

投稿設定

投稿設定は初期設定としては特に設定する必要はありません。

投稿用カテゴリーの初期設定

WordPressの投稿は必ずカテゴリに所属するので、もし所属するカテゴリを指定し忘れて投稿した時のためのデフォルトのカテゴリを決めておきましょう、というものです。

初期設定では未分類(またはUncategorized)になっています。各記事で個別に設定できるので、特に変更は不要ですが、特に指定が無ければ必ずこのカテゴリに入っているべきというものがあればそこに指定しておけばいいです。

デフォルトの投稿フォーマット

WordPressは複数の投稿フォーマット(テンプレート)を使い分ける機能があります。

投稿フォーマットに対応しているテーマなら、投稿毎にテンプレートを切り替えながら投稿することができるのですが、あまり使われることのない機能なので対応しているテーマはほとんどありません。

通常は「標準」のままで大丈夫です。

すべてのユーザーのデフォルトエディター / ユーザーにエディターの切り替えを許可

上記のスクリーンショットには含まれていませんが、Classic editor をインストールされている場合に表示されます。

WordPress5.0から標準化された、ブロックエディタを使うか、クラシックエディタを使うかを選択できます。

エディタは、クラシックエディタであれ、ブロックエディタであれ、どのテーマでも独自に拡張が施されています。

ブロックエディタは後発のため、まだ完全にサポートしていないテーマも少なくありません。完全にブロックエディタに対応しているエディタの使い勝手は抜群ですが、お使いのテーマがブロックエディタへの対応が不完全なら無理に移行しなくても大丈夫です。使い勝手の良い方を選択しましょう。

ブロックエディタへの移行を検討するならこちらの記事を参考にしてください

メールでの投稿

WordPressはメールを指定したところに送信して、投稿を追加する機能があります。

メールを指定して投稿する機能は細かな装飾などができないので、通常何も設定しなくて大丈夫です。

この機能は将来削除される予定です。

更新情報サービス

更新情報サービスとは、ブログが更新されたことを通知するサービスのことです。

「めっちゃいい機能やん」と思いそうなものですが、設定不要です。

  • SEOにも効果がある、とされていましたが、現在は内容が重視されるため、通知するだけではあまり意味がありません。
  • 通知サービスは頻繁にサービスが終了するので監視するのが大変
  • サイトがGoogleに登録されるスピードが良くなるわけではない

上記の理由から設定してもあまり意味はありません。標準では「http://rpc.pingomatic.com/」が入っているはずですが、削除して空にしておいても、そのまま放置しておいてもどちらでも構いません。

表示設定

表示設定

表示設定はトップページやサイトの表示の全般的な部分についての設定です。

ホームページの表示

ホームページとはトップページのことです。https://ドメイン名/で表示するページの設定です。

選択肢が2つあります。

  • 最新の投稿をリスト表示する場合
  • 特定のページを表示する場合

どちらにしておいたらいいのか迷いますよね。

使用するテーマにもよりますが、下記のように考えればわかりやすいかと思います。

個人サイト最新の投稿
企業サイト固定ページまたは投稿を指定

個人が作るサイトの場合は通常ブログ形式のはずですので「最新の投稿」を選択しておきましょう。

サイト型の表示にしたい場合は「固定ページ」を2ページ作成します。

スラッグ例割り当て
homeホームページトップページに表示される内容
new-post投稿ページ従来の最新の投稿の内容(新着順)

上記のように設定し、homeで最新の記事数件を表示し、続きを表示するリンク先に/new-post/を指定すると、最新の投稿の内容も表示できます。

1ページに表示する最大投稿数

ブログを立ち上げた直後なら初期の10件のままで構いません。

ただ、カテゴリページやトップページで、タイル状に記事が並ぶようにする場合、割り切れる数字にしておきます。

1行あたりの記事数おすすめ設定例
2記事10記事(5行)
3記事12記事(4行)
4記事16記事(4行)

RSS/Atom フィードで表示する最新の投稿数

初期状態のまま変更しなくても大丈夫です。

フィードというのはブログのフォローのようなもので、記事の追加を行うと通知してくれる機能のことです。

RSSのフィードを配信しているサービスは次々となくなっていき、現在ではほとんどの人が利用していません。

現在使っている人のほとんどがFeedlyというサービスを使っていますが、Feedlyは過去記事全体を取り込みますのでこの機能を使っていなくても問題になることはないです。

検索エンジンでの表示

チェックボックスをONにすると、サイト全体に

<meta name='robots' content='noindex, nofollow' />

が設定されます。

これが設定されていると、Googleには「このサイトをインデックスしないで」と通知し、Googleは勝手にインデックスしないようになります。

また、robots.txtに出力されていたXMLサイトマップの場所が削除されます。

チェックボックスがオフの時
User-agent: *
Disallow: /wp-admin/
Allow: /wp-admin/admin-ajax.php

Sitemap: https://mefit.info/wp-sitemap.xml
チェックボックスがオンの時
User-agent: *
Disallow: /wp-admin/
Allow: /wp-admin/admin-ajax.php

≫ 参考:robots.txtの書き方

アクセスを増やすのが目的ですのでチェックをしてはいけません

ではなぜ、このオプションがあるかというと、作成中のサイトをインデックスさせないためです。

企業のサイトで発信内容に重大な責任が伴うような場合を除き、作成中でもインデックス・クロールされても問題はありません。作りかけのような状態のサイトだと、インデックスされてもユーザーの目に見える順位まで上がることはほぼありませんので。

ディスカッション設定

ディスカッション設定は主に、ピンバック(トラックバック)という仕組みをどう扱うかと、コメント機能をどう扱うかによって設定が分かれます。

ピンバックとは、自分のサイトから相手のサイトにリンクを貼った際に、自動で相手のサイトからリンクを貼ってくれる(相互リンク状態になる)機能のこと。

この機能は現在はほとんどのブログでは使われていません。

また、コメント機能は投稿した記事にコメント欄を付けておいて訪問者がコメントや質問を書いてもらうための機能です。

デフォルトの投稿設定のチェックは全て無しでOK

デフォルトの投稿設定

3つのチェックボックスがありますが、すべてチェックを外しておくことをお勧めします。

ここのチェックはすべてチェックを入れておくべし!と解説しているところも多いのですが、実質的に利用されることはほぼなく、コメント機能についてもよほどアクセスが多くないとまともなコメントは付かず、スパムコメントばかりが増える可能性の方が高いです。

ほとんど使われない・まともに使われない機能を有効にしておくために、無駄にページの読み込み速度を落とす必要はないかな、というのが私の見解です。

後から有効にしたくなれば有効に切り替えれば済む話なので、初期設定では一旦無効にしておいた方が良いです。

他のコメント設定

コメント欄の細かな設定です。コメント欄を表示しなければ、どんな設定になっていても構いません。

コメント機能を使う場合はどういう風に表示したいかを設定していきましょう。

コメントがつきやすい記事としては、議論に発展するような話題や、こういう考え方があるよ、といった記事が中心で、解説系の記事には滅多にコメントがつきません。たまについたとしても誤字脱字・リンク切れの指摘くらいですので、表示しないことを推奨しています。

自分宛のメール通知

コメントがついたときに通知メールが届くかどうかの設定です。コメント機能を使う場合は有効にしておくと見逃しも発生しにくくなります。

コメントの表示条件

ユーザーのコメントを全自動で表示させてしまうのか、管理者が許可(承認)したものだけを掲載するかのコントロールができます。

スパムコメントも多いので、「コメントの手動承認を必須にする」のチェックボックスにチェックを入れておくことをお勧めします。

こうしておくことでスパムコメントが表示されたり、誹謗中傷になるようなコメントが気づかないうちに公開されていたということを防ぐことができます。

コメントモデレーション・コメント内で許可されないキーワード

コメント内でリンク(URL)を沢山張ったものや、管理人を装った書き込みなど、好ましくないコメントをどのように扱うかの設定です。

初期設定の際は特に意識せずにそのままにして置いて大丈夫です。

アバターの表示

初期状態では「アバターを表示する」にチェックが入っていますが外しておくことをお勧めします。

WordPressのコメント欄にはアバター(自分を表現する小さい絵)を表示することができます。

アバターを表示するかどうかは意見がわかれそうですが、個人的には不要と感じます。理由はユーザーが自分のアバターを設定していないことが多いためです。

ゲストユーザーが自分のアバターを表示するためには、そのサイトにユーザー登録するか、Gravaterのサービスで登録していることが必要になります。

海外では比較的利用しているサイトにユーザー登録してコミュニケーションを行うというのは珍しくないのですが、日本の場合は匿名のコミュニケーションが基本になっており、ゲストがコメントを書き込む際も、基本はゲストモードで記入する場合がほとんどです。

表示できるように設定しておいて損はないのかもしれませんが、デフォルトのアバターばかりが並んでしまうだけなので、あえて初期設定でアバターを表示するようにしておく必要はないという見解です。

沢山のユーザーが訪問してくれて、活発に議論や感想を書き込んでくださるようになってから変更しても遅くはありませんので、初期設定では少しでもサイトスピードを上げるよう、非表示にしておくことをお勧めします。

メディア設定

初期設定の中では比較的長期的な運用にかかわるのがメディア設定です。

メディア設定

WordPressは、画像をアップロードする機能があります。

アップロードを行うと同時に、WordPressはオリジナルサイズの他に、以下のサイズの画像を自動生成します。

  • サムネイル(デフォルト:150x150px)
  • 中サイズ(デフォルト:300x300px)
  • 大サイズ(デフォルト:1024x1024px)
  • ミディアムラージ(デフォルト:768x768px)
  • 1536×1536px
  • 2048×2048px
  • 2560×2560px

それぞれ、幅や高さが上記サイズに満たない画像は生成されません。

生成された画像は、記事の挿入時にサイズ選択ができるようになると同時に、レスポンシブイメージとして、デバイスや画面サイズに合わせて最も適切な(無駄のない)サイズの自動でロードされるようになります。

初期設定では、メディアの設定は変更しなくても構いません

アップロードする画像サイズがある程度運営するブログに最適化したサイズでアップする場合は自動生成を止めてしまう方法もありますので下記の記事を参考にしてください。

パーマリンク設定

パーマリンク設定

共通設定

WordPressが作るURLの設定です。

個別の記事について、

  • パラメーター付きアドレス(?p=123)
  • 日付+投稿名(/YYYY/MM/DD/slug/)
  • 月+投稿名(/YYYY/MM/slug/)
  • 数字ベース(/archives/123)
  • 投稿名(/slug/)
  • カスタム構造(書式自由)

から選択することができます。

特にこだわりや指定が無ければ「投稿名」を選択すればOKです。

パーマリンクの設定は好きなものを選んで構いません。

絶対にやってはいけないのが、後から変更すること、です。

これを行うと、SEOの評価がリセットされてしまうので順位が大幅にダウンしたりすることがあるので一旦決めたら絶対に変更しないようにしてください。

オプション

パーマリンク設定のオプション(カテゴリ・タグ)

パーマリンク設定のオプション欄にはカテゴリベースとタグベースという設定部分があります。

初期はこの値は何も入力されていません。

WordPressのカテゴリとタグのURLは標準では次のようになります。

カテゴリhttps://ドメイン/category/カテゴリのslug/
タグhttps://ドメイン/tag/タグのslug/

上記のうち、/category/にあたる部分と/tag/にあたる部分を何にするか、という設定です。

この値も特に変更する必要はありません。空欄のままで大丈夫です。

URLはそもそもネット上のリソースのある場所を示しているだけであって、変えたからと言って何か価値が生まれるわけではありません。

こちらも、後から変更しない方が良い、というだけで設定しても、デフォルトのままでも問題ありません。

≫ 参考:WordPressのパーマリンクとは?SEOにも最適なおすすめ設定方法

プライバシー設定

プライバシー設定はプライバシーポリシーのページとしてどのページを表示しますか、というものです。

初期状態でもprivacy-policyという固定ページが選択されているかもしれません(開くと英語のページ)。

初期設定のままで構いませんので、設定されているページの内容をきちんと記入しておくことが重要です。

≫ 参考:【必須】ブログに掲載するプライバシーポリシー・免責事項の書き方

プロフィール設定

最後に、もう一か所設定しておくべき箇所が、プロフィール設定です。

他は<設定>メニューにありますが、この項目は、<ユーザー>メニューの<プロフィール>を選択します。

個人設定

WordPressの初期設定:プロフィール

個人設定欄は特に編集は不要です。必要に応じて設定を変更してください。

名前

名前欄

名前にある、「ニックネーム(必須)」は著者になるので必ず設定しましょう。

ブログ上での表示名欄が最も重要です。

ブログは実名と匿名どちらが有利?顔出しは必要?【損をしないためには?】

あなたについて

あなたについてのスクリーンショット

プロフィールウィジェットは、ここに書かれた説明文とプロフィール写真を使う場合があります。

まとめ

以上、WordPressの初期設定についてまとめました。

少々長い内容になったので読み疲れた方もいらっしゃるかもしれません。

WordPressの初期設定は最初に設定しておけば後から頻繁に設定することはほとんどありません。

ブログの成長に合わせて適宜設定を変更すればいいので、立ち上げ直後は最小限の設定で大丈夫です。

このページの内容(目次)
閉じる