WordPressのカテゴリとタグの使い分け方を解説

WordPressにはカテゴリとタグ、似たようなものが2つあります。

どちらも「一覧ページを生成するもの」であることはご存知のはず。

ただ、どう違うのかがよくわからない・どちらを使うのが正解なのか、は意外と理解されていないもの。

私も両者の違いについて最初はよくわかりませんでした。

特によくわからなかったのがタグで、何のためにあるのかわからず使っていませんでした。

カテゴリとタグの使い分け方は情報の軸を考えると理解しやすくなります。

実際のサイトへの落とし込み方などについて解説していきます。

このページの内容(目次)

カテゴリは「重複しない分け方」タグは「共通項」

料理を例にとると、「和食」「洋食」「中華」「アジアン」のように「分類」することができます。

例えば、「味噌汁」を洋食だ!と言い張る人は多分いないはずです。

このように、重複しない分け方を「カテゴリ」にします。

一方で、料理には、「煮る」「焼く」「揚げる」といった調理方法があったり、「牛肉」「にんじん」のような使用している食材という側面もありますよね。

そういった「側面」的なものは、和食でも洋食でも中華でも存在し得ます。

他のカテゴリにも所属する「共通項」を「タグ」に設定します。

カテゴリとタグの機能的な違い

子を作れるか

カテゴリサブカテゴリを作れる
タグ作れない

WordPressにおける、両者の最大の違いは、「子を作れるか」です。

カテゴリは、子カテゴリ(サブカテゴリ)を設定することができます。料理の例だと、「アジアン」が親カテゴリで「タイ料理」は子カテゴリになります。

一方タグは子タグを作ることができません。全て並列なものとして扱われます。

作成方法の違い

カテゴリ事前に作っておく必要がある
タグ自動で追加することが多い

カテゴリは、事前に作成しておく必要があり、記事作成画面では「選ぶ」のが基本です。

記事作成画面でも追加はできますが、その際も投稿前に追加操作をしておく必要があります。

一方で、タグは記事作成時に「一緒に作る」ことができるようになっています。どちらかと言えば気楽に設定できるイメージです。

投稿に必ず設定しないといけないか、任意か

カテゴリ必ず設定しないといけない
タグ任意

WordPressでは投稿(記事)には必ず1つ以上のカテゴリを設定しないといけません。

よって、カテゴリ自体を0個にすることは不可能です。

一方、タグの方は初期設定で作られておらず、後から追加する形になっています。全部のタグを削除することも可能です。

カテゴリ・タグの使い分け方

概念的な違いや、機能的な違いを解説しました。

実際の使い分け方について例を挙げながら解説いたします。

重複がなく、読者がパッと見でわかるものをカテゴリーにする

カテゴリにする条件は、

  • 他のカテゴリと重複しないこと
  • 読者がパッと見て何なのかわかること

の2点です。

カテゴリ型の特化ブログの場合はアフィリエイト案件をカテゴリに設定すると良いです。

格安SIMの案件なら「マイネオ」「UQモバイル」といったものをカテゴリにします。

読者は、もしかしたら「マイネオ」とかは知らないかもしれません。メニューに設置する時に「格安SIM一覧」という中に入っていれば「マイネオって知らないけど格安SIMの一つだな」とはすぐ理解できるはずです。

サイトを閲覧中は、様々な情報を学習しながら閲覧するものですので、初めて見る単語であっても、それが何にあたるのかさえ提示できていれば問題はありません。

≫ 参考:WordPressのカテゴリーの設定方法はどうするのが正解?

カテゴリーを横断する共通項をタグにする

カテゴリー毎存在する「特徴」「機能」などが共通項になります。

格安SIMの案件の例だと、「料金」とか「申し込み方法」、「乗り換え方法」のようなものです。

例えば、マイネオの料金についての説明ページ・UQモバイルの料金についての説明ページを作る場合、どちらの記事にもタグとして「料金」といったタグを設定します。

≫ 参考:正しいタグの付け方・コツ

使い分け方の失敗例

カテゴリやタグの違い・使い分け方について解説いたしました。

ただ、実際に落とし込んでみると、あまりよろしくない使い方をしてしまうことも多いので、失敗例・注意点を解説していきます。

カテゴリとタグで同じ名前に設定してしまう

固有名詞ではない単語をカテゴリとして使う場合によくやりがちな間違いです。

タグの入力時にうっかり手入力でカテゴリと同じものを設定してしまう、という単純なミスであることが多いです。

特に複数のタグを設定する時にやってしまいがちなので、タグの設定をしたらカテゴリと競合していないか確認するようにしましょう。

たった1記事しかないタグを作ってしまう

記事を書いていく中で、「そのうちまた使うはず」と思ってタグを設定したが、実際にはその記事でしか設定しなかったというパターンです。

たった1記事だけであればわざわざタグを設定する必要はありません。

同じタグが入っている別のページを見たいと思ってみたら1記事しかなかった、という状態は少し残念な状態ですので離脱につながりかねません。

タグをやたらと量産してしまう

タグは投稿画面でガンガン追加できてしまうので、ついつい様々なタグ情報を追加してしまいがちです。

多すぎると埋没してしまうので、重要なタグ・再度使うタグだけにしておく方が良いでしょう。

似た意味のタグやカテゴリを複数個設定してしまう

「人気」と「大人気」のような程度に多少の差があるだけのタグを設定してしまう場合です。

タグは簡単に設置できるだけに、記憶にも残りにくく、以前設定したタグ名を忘れたそのまま別のタグを作ってしまう場合に発生します。

サブカテゴリにすればいいところでタグにしてしまう

一つのカテゴリの記事数が多くなりすぎる際はサブカテゴリを設定しますが、これをタグでやってしまうパターンです。

かならずしも不正解とは言えないかもしれませんが、カテゴリ内のサブグループは素直にサブカテゴリを作成して設定するのがベターです。

まとめ

カテゴリとタグの違い
  • カテゴリは「重複しない分け方」、タグは「共通項」
  • カテゴリは子を作れる、タグは作れない
カテゴリとタグの使い分け
  • カテゴリは重複のない、読者がパッと見て理解できるものにする
  • タグは共通する「機能」「特徴」「レベル」といった軸で作成する
このページの内容(目次)
閉じる