雑記ブログか特化ブログかの選択に迷ったら「テーマブログ」がお勧め

雑記ブログか、特化ブログのどちらを選択するべきか、というのは悩ましい問題ですよね。

どちらも一長一短ありますが、メリットは残し、デメリットを可能な限りなくしたブログ形態も存在します。

構築難易度は決して低くありませんが、初心者の方でもステップアップして作っていける形態です。

この形態のことを当サイトでは「テーマブログ」と呼んでいます。

この形態は様々なところで言及されています。固有の名称がないため、あえてこのような名前を付けています。

このページの内容(目次)

運営の悩みを解消するブログ形態は「テーマブログ」

ブログの運営形態は大きく2種類あります。

初心者でも気軽に始めることができる雑記ブログ、収益性の高い特化ブログの2つです。

どちらも一長一短あり、共通していることは、長期間運用しているうちに、メリットが失われデメリットが目立つようになってしまうということです。

雑記ブログ・特化ブログのメリットとデメリットを確認する

要約すれば、雑記ブログは収益性が乏しく、特化ブログだとネタ切れが発生しやすくなります。

テーマブログではデメリットは排除し、メリットだけが残るように設計するブログ形態です。

テーマブログとはどんなもの?

テーマブログは、「取り扱いジャンル自体はある程度絞るが、複数のジャンルを扱い、全体として一つのテーマで統一感を持たせるブログ」です。

雑記ブログのネタ切れに強い構成+特化ブログの高い収益性を両立させる形態です。

雑記ブログでも特化ブログでも、複数のジャンルにある程度特化することはよくありますが、特化したジャンルに関連性がないことが少なくありません。

テーマブログのメリット

例えば青汁と格安SIMを一つのブログで共存させても「なんで?」となりますよね。パッと見では理由がイメージできないはずです。

逆に、動画配信サービス・音楽配信サービス・漫画配信サービスを一つのサイトで紹介していればどうでしょう?エンタメかつ見放題・聞き放題・読み放題のサービスに絞って紹介していることで、「可処分時間を楽しく過ごす」というテーマ性を何となく感じれるようになるはずです。あるいはここに宅配弁当が含まれていても、「便利なサブスクを使い倒す」というテーマを感じれます。

このように、相互に関係性を感じれる特化ジャンルを複数持ち、サイト全体で一つのテーマ性・課題解決を目指す形態をとる点が、単なる複数ジャンル特化ブログや、テーマをいくつかに絞った雑記ブログとは異なる点です。

関連性のあるジャンルを複数取り扱う最大のメリットは「一人のユーザーが複数の案件で成約する可能性が高まる」ことです。

例えば、音楽配信サービスのみを扱うブログで成約できたとしても一つの成約しか取れませんが、さらに音楽を聴きながら見る漫画配信サービスも成約が取れることを期待できるようになります。

テーマブログをおすすめする理由(メリット)

  • ユーザーが本当にしたいことに沿ったサイト設計にすることができる(成約率が高い)
  • 類似ジャンルの記事も一緒に見て回られることが多い(回遊性が高い)
  • ネタ切れに強く、サイト構造が破綻しにくい(運用性が高い)
  • 特化ブログの進化版の位置づけにできるので取り組みやすい
  • SNSとの親和性が高く、集客チャネルとして活用しやすい

ユーザーの本質的な課題・目的にフォーカスした訴求になるため成約率が高まる

例えば「青汁」の案件であれば、ユーザーがしたいのは「青汁」を買うことではなく、「健康を維持すること」ですよね。

特化ブログや雑記ブログでは、ランキングなどを通して「どの青汁を買いますか」と選択肢の提示はしますが、健康になる・維持するという点はあまり強く訴求しないことになります。

セールスライティングでは、商品を使うことで得られる未来を見せることが重要とされますが、ついつい「刈り取り」に終始しがちです。

訴求の中心が「この一覧の中から選んでください」の状態では表面的な評価しかできず、比べることは機能や価格だけになります。この訴求方法は納得感を生みづらく、成約につながりにくくなります。

なぜこの商品を買うべきかをしっかり訴求できれば、買わない理由を先につぶすことができるようになるため、購入率は上がります。

一人のユーザーから複数の成果が上がる確率が高い

先ほどの、音楽配信サービスと漫画配信サービスの例が好例です。

単体ジャンルの紹介だけでは成約は1回のみですが、ユーザーが本当にしたかったことと関連性が高い商品であれば複数の成果発生を見込むことができます。

それぞれを独立して紹介するよりも効率がいいですよね。

特化ブログの進化版の位置づけにできるので取り組みやすい

特化ブログは、大きくは

  • 案件特化ブログ
  • ジャンル特化ブログ

の二つに分かれますが、下記のように「進化」させることができます。

  1. 初級:案件特化ブログから始める
  2. 中級:複数案件を扱ってジャンル特化ブログになる
  3. 上級:複数ジャンルを扱ってテーマブログになる

自分の運営している特化ブログの状態に合わせて選択でき、どこからでも始めることができます。

課題を扱うのでSNSとの親和性が高い

特化ブログだと、SNSでの情報発信に限度があります。特化ブログのネタ切れしやすさは、SNSでの発信においても同様です。

テーマブログの場合は課題を扱うため、ネタ切れを起こしにくく、SNSとも相性がよく、集客に使いやすいです。

テーマブログの弱点(デメリット)

一方で全くデメリットがないわけではありません。

大きく2つの欠点があります。

  • 他のブログ形態よりもサイト規模が大きくなる分、時間がかかりやすい
  • 雑記ブログからの移行はかなり大変

1つ目は短期間で構築できる案件特化ブログからスタートすれば良いため、実際にはそれほど大きい欠点ではありません。ブログ運営としては普通であり、理想的でもあります。

2つ目は、既存のブログをテーマブログ化しようとした時に、雑記ブログはかなり苦労するはず、という点です。扱うテーマが広すぎるため、記事の削除やサイトの構成自体を見直すことになるので、個人的にはゼロから作りなおす方が早いと思います。

テーマブログの作り方

  1. まず、1つアフィリエイト案件を選択する(例:VOD)
  2. そのアフィリエイト案件で成約する人が潜在的にどのようなニーズがあったのかを考える(例:余暇を楽しむ)
  3. 潜在ニーズを持つ人に刺さる他の案件を探していく(3~6個以内くらい)
  4. サイト名を決める
  5. 1ジャンルずつ順に作っていく

テーマブログをゼロから立ち上げる場合は上記のようになります。

計画を立てる時点で扱う予定の案件をある程度想定しておき、最終的なブログの設計状態をイメージしておく点が、場当たり的に扱うジャンルを後から増やすブログとの違いです。

最も重要なのが「1ジャンルずつ作っていく」という点です。複数ジャンルを平行して立ち上げてしまうと、収益性が低い期間が長くなってしまいます。

一つのジャンルにリソースを集中させながら作っていくことでジャンルが増えるにしたがって収益が増えていく実感を得られるようにするのが運営のコツです。

テーマブログの成功例

もしかしたら言葉の定義が違っただけで、今回紹介したテーマブログは皆さんが普段認識されていた雑記ブログや特化ブログのことだったかもしれません。

最後に、テーマブログの例をいくつか紹介させていただきます。具体的なサイトを知ることでどういう形態のことなのか把握していただければと思います。

サイトテーマ
出費とたたかう夫婦の節約物語節約
ネトセツネット
略してとりてみ人生
ヒキコモリズム.COM引きこもり

まとめ

今回紹介した「テーマブログ」と名付けているブログ形態は、普段皆さんが考えている特化ブログや雑記ブログとイメージが同じだったかもしれません。

ブログ形態は一般的な定義が定まっていないため、人によってイメージは違います。

ブログは継続して発信していると、最終的には特化か、雑記かの垣根はかなり低くなっていくものです。雑記ブログだったが、気づけばいくつかの特化ジャンルのことばかり扱っていた、特化ブログで始めたが、気づけば複数の関連性の高いジャンルを扱っていた、ということはよくあることです。

重要なことはブログのコンセプトを明確にし、その表現方法をできるだけ早い時点に確立しておくこと、です。

ブログにどのような機能を追加するか、どのような記事を入れていくか、といった「正しい答えがない」課題に対して「方針が決まる」ので、迷いが少なくなり、自信を持って運営することができるようになります(モチベーションの維持に役立ちます)。

このページの内容(目次)
閉じる