【SWELLレビュー】今からブログを始める人にベストなWordPressテーマ

WordPress のテーマってたくさんあって結局どれがいいのかわからない

今からブログをはじめるのに最適な WordPress テーマって何?初心者でも使いこなせるものがいいな

これからブログを始める初心者の方にとって、WordPressテーマを選びましょう、と言われてもどう比較していいのかわからず、なかなか選べるものではないですよね。

私は過去に、SWELL・Affinger・Cocoon・DIVER・THE THOR・賢威・Luxeritas・LightningといったWordPressテーマを使ってきました。

多数のWordPressでブログを書いてきた経験からすると、WordPressに初めて触れる方なら間違いなくがいいはずです。

本記事ではSWELLのメリットやデメリット、なぜ初心者の方に向いているかなどを中心にSWELLの魅力をお伝えします。

乗り換えを検討している方なら、なぜSWELLは使い勝手が良いといわれるのか、その理由をお教えします。

このページの内容(目次)

SWELLってどんなテーマ?

SWELL(スウェル)ってどんなテーマ?

まずは、SWELL(スウェル)がどんなWordPressテーマなのかについて解説していきます。

ブロックエディタに完全対応、今後のWordPressの進化の方向性と合致している

標準エディタがブロックエディタに変更に。

SWELLを知る上で、ポイントになるのが「ブロックエディタに完全対応している」という点です。

ブロックエディタは2018年12月にリリースされたWordPress5.0で実装された、比較的新しいエディタ(記事を書く編集画面)です。

【WordPress】ブロックエディタに移行するメリットは?使い方も解説

それまで使われていた「クラシックエディタ」との違いは、見た目を完全に再現しながら執筆できること。

今後WordPressはブロックエディタをメインエディタとしてバージョンアップが行われていきます。

ところが、多くのWordPressテーマは、クラシックエディタでの編集を前提に機能が作られており、新しいブロックエディタには対応していません

エディタの編集機能はWordPressテーマの使い勝手を決める最重要機能となるため、WordPressが今後はブロックエディタがメインになるなら、WordPressテーマの方でも完全対応しておく方が良いのです。

ブロックエディタに完全対応したテーマはまだ少ない

SWELLはブロックエディタを前提に設計された、比較的新しいテーマです。WordPressの進化に歩調を合わせることができる将来性のあるWordPressテーマとなっています。

残念ながら、過去に作られてきたWordPressテーマは現時点でもブロックエディタに完全に対応したものは少ない状況です。

というのは、機能の実装方法や考え方が根本的に違っており、開発の際使われる技術(Reactと言います)もかなり違っていることが原因と思われます(開発者に求められる技術が違ってきている)。

幸い、クラシックエディタはプラグインの形で残ったので、引き続き利用できますが、今後はバグフィックスしか行われません。WordPressの進化からは取り残される形になりました。

デザインが良く、おしゃれなサイトに仕上がる

SWELLを使うとおしゃれなデザインになる
おしゃれに仕上げられたデモサイト

WordPressのテーマは本来「見た目」を担当するものです。

WordPressテーマを選ぶ際に一番気にするべきは見た目(デザイン)が好きか、と言っても過言ではありません。

SWELLのデザインは非常によくまとまっており、導入するだけで美しくおしゃれなサイトに仕上がります(デモサイトを参照)。

WordPressテーマのデザインはどちらかというと、男性的・女性的などどちらかに偏る傾向があります。

例えばAffinger・賢威・DIVER・THE THORとかだと男性的な雰囲気になりますし、SANGO・Luxeritas・Lightningだと女性が好みそうな雰囲気になります。

一方、SWELLのデザインは一言で言えば「ユニセックスで今風」な雰囲気になります。

ワンポイントになるアクセントカラーの使い方やフォントの使い方次第で男性がメインターゲットのサイトにも、女性がメインターゲットのサイトにもなり得ます。

SEO対策もしっかり考慮され、最強を目指している

SWELLのSEO機能
  • しっかりしたHTML構造。検索エンジンから見てもわかりやすいHTMLが出力されます(HTMLチェッカーでエラー無し)。
  • 高速化機能を内蔵(キャッシュ機能・インラインCSS・画像の遅延読込など)
  • JSON-LDによる構造化マークアップ機能(リッチスニペットに対応)
  • メタタグなどは SEO SIMPLE PACK で設定する設計(必要に応じて導入)

WordPressテーマとしてSEO対策上必要な機能は当然SWELLにも搭載済みです。

その上で、SWELLではさらに一歩進んだ考え方が採用されており、テーマ本体とメタタグの出力機能が切り離されています。

というのも、SEO対策機能が少ないテーマから乗り換えた場合、SEO機能はAll in One SEOYoast SEOといった外部のプラグインで行われていた可能性が高くなります。そうなると、SWELL本体にSEO機能を持つと機能が重複してしまいます。

さらに将来的にもしSWELLから別のテーマに移行することになった場合、SEO対策の中でも重要なタイトルタグやメタタグの設定がテーマの移行で影響を受けてはいけない、という考えから、プラグイン化されており必要に応じて導入すればよいようになっています。

WordPressの高速化やCWV(Core Web Vitals:コアウェブバイタル)の最適化にも精力的に取り組まれており、スキルシェアさんとコラボし高速化にも余念がありません。

カスタマイズできる項目が豊富でしたいことがきちんとできる

SWELLはカスタマイズ項目が豊富

SWELLはシンプルで美しいデザインを実現すると同時に、デザイン要素を細かく設定画面で調整できるようになっています。

表示・非表示の切替や、配色・レイアウトなど、細かい調整はカスタマイザで選ぶだけ。カスタマイザだけで400種以上の調整を行えます(2.0.1時点)。

これだけあると設定が多すぎて難しいということが起こりそうなものですが、しっかりとカテゴライズされているので、難しさを感じることはありません。

他のテーマだと、そもそも選択肢が少なく、「ここはこのデザインでいきますから!」と決め打ちになってしまうのですが、SWELLの場合は「ここもいじれる、こっちも変えれる」と柔軟にデザインを決めることが可能です。

機能が豊富にもかかわらず爆速、プラグイン数を大幅に減らせる

SWELLはWordPressテーマの中でもかなり高機能な部類になります。

SWELLには大多数の人にとって必要になり、別途プラグインが導入されるような機能はあらかた内包するようになっています。

例えば目次プラグインや画像の拡大表示といった機能は、大抵のブログでは必要になりますよね。

こういった利用頻度の高い機能は標準機能化されており、追加でプラグインを導入しなくてもいいようになっています。

WordPressの動作速度はプラグイン数にかなり依存しますので、導入しなければならないプラグイン数を大幅に削減でき、結果、表示が爆速になっています。

SWELLで減らせるプラグイン
  • 目次プラグイン(例:Table Of Contents Plus)
  • 画像を拡大するプラグイン(例:Easy FancyBox)
  • 画像の遅延読み込みをするプラグイン(例:Lazy Load)
  • 吹き出しを管理するプラグイン(例:Speech bubble)
  • 人気記事の一覧を作るプラグイン(例:WordPress Popular Posts)
  • コードを圧縮するプラグイン(例:Autoptimize)
  • エディタを使いやすくするプラグイン(例:TinyMCE AdvancedやAddQuicktag)
  • Classic Editor(クラシックエディタ)

個人で作られているものの、サポートまでしっかり。コミュニティも活発

SWELLは企業で開発されているのではなく、一個人として開発が行われています。

にもかかわらず、サポートもしっかり行われており、購入者向けのコミュニティでは日々多くの質問や要望、バグ報告が行われていますが、すべてに目を通され、精力的な対応をされています。

実際、SWELLは多くの機能や改善を購入者コミュニティの声を聴いて実装されており、日々多くのブロガーと共に進化していってます。

さらに、サポートコミュニティではユーザー間の助け合いもかなり活発です。不明点があれば気軽に質問していい空気感があり、自分にわかることがあれば答えてあげるといった前向きなコミュニティに育ってきています。開発者の了さんが回答する前にユーザー間で解決してしまっている方が最近では多くなっています。

トップブロガーも推薦、収益化機能も充実しておりデメリットが思いつかない

トップブロガーと言われている方も多数推薦されています。

SWELLには収益化の機能があり、トップブロガーも納得の「稼げるテーマ」です。

専用ブロックの使いやすさが異次元レベル

SWELLには16個の「専用ブロック」があります。

他のテーマでウリとされている機能は当然カバー
  1. キャプション付きボックス
  2. 関連記事(ブログカード)
  3. ふきだし
  4. ボタン
  5. FAQ
  6. アコーディオン
  7. ステップ(タイムライン)
  8. バナー
  9. タブ
  10. 広告タグ

上記のような他のテーマにもある機能はSWELLでも当然カバーしています。

他のテーマにはあまり見られない機能
  1. ブログパーツ
  2. ABテスト
  3. 投稿リスト
  4. フルワイド
  5. 説明リスト
  6. RSS

他のテーマにはあまり見られない多機能なブロックも存在します。

ブログパーツ

使いまわしたい内容をデザインも含めてあらかじめ登録しておき、それを簡単に呼び出すようにしてあるものです。

ショートコードが使えるようになっているため、ウィジェットでも使えるようにしてあり、加えてカテゴリページなどにもセットすることができるようになっています。

ABテスト

あまり他のテーマで見ないもの。2種類のパターンをランダムに出し分ける機能です。どちらの訴求の方が広告のクリック率が高いかなどをテストすることができます。

投稿リスト

特定の条件に合致する投稿の一覧を出力するもの。非常に柔軟に作ることができるのが特徴で、出力形式の選択から、出力範囲の指定などかなり細かく指定することができます。特にサイト型のトップページを作るときや、固定ページでカテゴリページの代替えページやトピックスラスターのピラーページを作る際などに威力を発揮します。

フルワイド

全画面をぶち抜きで表示することができる機能。他のテーマではあまり見ない機能です。

サイトのトップページや、コーポレートサイトなどを作る際に便利です。

説明リスト

HTMLで言えばDL(定義リスト)に相当する機能です。

説明が必要になる箇条書きって結構あると思いますが、そういう時に使用すると便利です。

RSS

投稿リストブロックのRSS版です。RSSのURLを入力するだけで記事の取得が可能です。

SWELLが今からブログを始める人に向いている理由【メリット】

必要な選択肢が段階的に現れる

段階的に選択していけば良い

SWELLはブロックを挿入する形で記事を作成していきますが、各ブロックでできることは段階的に現れるので、一度に選択しないといけないことが少なく、非常に簡単に編集できます。

各段階ごとに選択肢の内容が変わり、どの選択をしてもエラーになることはありません

実はこの点が使い勝手の良さを感じる大きな要因になっています。

クラシックエディタでは一度に多数の選択が必要

一方クラシックエディタのテーマの場合は、選択肢が常に一定の状態になるため、一度に多くのことを選択せねばなりません。

また、選択内容によっては無効な選択肢も含まれてくるため「試行錯誤」や「慣れ」が必要です。

この点が初心者のうちは「難しさ」につながり、中級者以上にとっては「面倒」を感じさせてしまいます。

見たまま編集ができ、プレビュー不要

ショートコードの編集が不要

クラシックエディタが前提のテーマでは、装飾要素を作る際はショートコードになることが多いです。ショートコードの中身がHTML風になることもあるので、初心者にとっては編集のハードルが高くなります。

SWELLの場合は実際の画面がそのまま再現され、その場で編集できるため、直感的です。

見たまま編集できるのでプレビュー不要

加えてプレビューをしないと公開後にどうなるのかわからないため、少し入力してはプレビューで確認といったことが起こりがちです。

SWELLはブロックエディタでの再現性が非常に高いため、見たままの編集ができ、プレビューも不要です。

標準ブロックまでしっかり手が入っており、抜群に使いやすい

WordPressの標準機能である、4つのブロックに手が加えられており、使い勝手が向上しています。

カスタマイズされている標準ブロック
  • 段落ブロック
  • テーブルブロック
  • リストブロック
  • カラムブロック
段落ブロック
ボックス化

段落ブロックは、ボックス化が簡単にできるように調整されています。

4種類の枠・24種類のスタイルから選択できるようになっています。

テーブルブロック
テーブルの拡張

表を作るテーブルブロックは、装飾やスマホ時のレイアウト方法に調整が加えられています。

  • 1列目をth風にする
  • 4種類のデザイン
  • 最低限維持する幅の指定
  • スマホ時に縦に並べるまたはスクロールできるようにする

リストブロック
リストのスタイル

リストブロックはデザインが複数追加されています。

  • 7種類のデザイン
  • 下線を付ける / 横並びにする
カラムブロック
カラムブロックの拡張

カラムブロックはレイアウトについて2つの調整が行われています

  • 3種類の追加レイアウト
  • スマホ時に2列に並べる設定

デザインの崩壊が発生しにくい

SWELLはデザインの崩壊が起こりにくくなっています。デザインの崩壊は、多くの場合選択肢が多すぎることで発生します。

SWELLはデザインの選択において、極端に多くの選択肢を用意していません。

これをデメリットと言う人も居るのですが、実はそれは間違いです。

ブログをする人は特に最初の方は色々試してみたいもの。自分なりにデザインを楽しんでしまうのですが、残念ながら多くの人はデザインを学んでいないため、「やりすぎ」てしまいます。

例えば1つのページに5色くらいマーカーの色を変えてしまうともうどこが大事かわからなくなってしまいますよね。マーカーの意味を考えずに何となく色が好きというので選択してしまうと目がチカチカし、読み疲れにつながります。

見出しデザインも崩壊しない工夫がされている

他にも見出しのデザインの自由度が高すぎて、デザイン的に崩壊しているブログは少なくありません。これがSWELLだと見出し2で選べるのが12種類、見出し3で選べるのが8種類、見出し4に選べるのが3種類になっています。しかも、見出し2で選べる選択肢と見出し3で選べる選択肢でデザインの形状がかなり変えてあり、見出しレベルが意識しやすくなっています。

初心者でデザインのことをあまり意識していない・理解していない場合、見出し2と見出し3で全く同じ装飾を選んでしまったり、どちらのレベルが大きいのかわからないようなデザインを選択したりしかねないのでテーマ側で制約が設けられています。

≫ 参考:ブログの見出しの書き方・注意点【完読される記事にする方法】

豊富なデザインパターンから自由に選べるということがプラスに働くのはデザインが得意だったり経験豊富な人だけで、大半の利用者はデザイナではないので上手にデザインできないものです。

SWELLを使う限り、どういう選択をしていたとしても、最低限読みやすいデザインに仕上げることが可能です(初心者にとって安全)

使い方を学習しないといけない箇所がほぼない

SWELLは随所に最小限の説明文は記載されており、機能の概要や選択の結果何が起きるか記載されている個所が多いです。

詳しいマニュアルも用意はされているものの、読まなくても使い方に困る箇所は少なめです。

WordPressのアップデートに振り回されない

WordPressは、ちょくちょくユーザーを置き去りにするような改善(改悪?)が行われます。

過去、最も大きかった変化がブロックエディタの導入です。

最近でもウィジェットのカスタマイズ方法がブロックエディタ型に変化し、使い勝手が大きく変わったため、慌ててClassic Widgetsを導入することになった人が多くいました。

こういった変化はユーザーのみならず、開発者にも大きな衝撃を与え、その都度阿鼻叫喚する声が聞こえてくるのですが、SWELLではこれからのバージョンアップについて十分調べられており、きちんと対策が取られるため、安心して使用できます。

例えば、ブロックウィジェットについては、強制的にオフにしておくことでバージョンアップ後もこれまでと同じUIで使用できるように維持されました。出始めの機能でバグが多く、変更してもユーザーのメリットが少ないという判断からです。

初心者の方にとって、WordPressの内部仕様の変化なんて知りたくもないし、よくわからないものです。利用者として混乱しないよう、SWELL側で事前に対策してくれるので安心して利用できます

SWELLではできないことと対策【デメリット】

SWELLは使い勝手が良いテーマですが、もちろんできないことやデメリットもあります。テーマを選ぶ際にはデメリットが自分の使用において問題ない範囲か確認しておくことが重要です。

カテゴリの並び替え

WordPressはカテゴリの並び順を自由に変更することが標準ではできません。作った順に出力されてしまいます。

一部のテーマにはカテゴリを並び替える機能を持っているものもあります。残念ながらSWELLはカテゴリの順番を変える機能はありません。

カテゴリの並び順が重要になる箇所は主にウィジェットの「カテゴリ」の出力結果とサイトマップページです。

SWELLで並び替える必要がある場合は別途下記のプラグインを入れて対応してください。

Category Order and Taxonomy Terms Order

ウィジェットの表示条件指定

WordPressのウィジェット機能は、ウィジェットの表示条件を指定する機能が標準ではありません。

ウィジェットの表示条件を指定する機能を持っているテーマはそもそも少なく、私の知る限りではCocoon・THE THORくらいです。

ただし、SWELLでもサイドバー・フッタはデバイス毎に分けてあるので大抵の場合はこれで事足りるはずです。

トップページだけ出力したいとか、カテゴリ別にCTAボタンを分けたいといった場合など、細かな制御をしたいときは、Widget Optionsというプラグインを使用すると実現できます。

Widget Options

絞り込み検索

検索機能については標準機能のままとなっています。

検索結果のタイトルタグはSWELLのオプションプラグイン(無料)のSEO SIMPLE PACKで修正を加えることができます。

絞り込み検索を利用したい場合は以下のようなプラグインを利用すると実現可能です。

インライン定型文

例えばアフィリエイトで扱っている商品の販売価格が変更になるということは珍しくありません。

サイト内で何か所か金額を記事内に直接書いていると、価格が改定されたときに修正して回るのが大変です。

そういった時に価格部分を定型文化しておき、変更があった際は元のデータを編集すればすべて変更されるようにしておくと便利ですよね。

残念ながらSWELLではブロック単位での定型文は管理できるものの(ブログパーツ)、インラインの文字レベルでの定型文を管理する機能はありません。

対策としては、Shortcoder プラグインを利用すると実現可能です。

クラシックエディタは他のテーマとそれほど差がない

SWELLはブロックエディタでの編集が基本という考え方のため、クラシックエディタでの編集は最低限の対応しかされていません。

どうしてもクラシックエディタで編集したい場合はSWELLを使うのは不向きです。

SWELLを使っている人の評判・口コミ

要約すると以下のような評判になっています。

  • デザインがいい
  • 速度が上がった
  • ブログが楽しくなった
  • 移行プラグインで助かった

悪い評価を探してみたのですが、極端に悪い意見があまり見つからず、ややステマのようになってしまっていますが、ネットでの口コミ全般で良い評価が多数派を占めるようです。

SWELLを使う効果・価値・改めてSWELLとはこんなテーマ

欲しい時に欲しい機能がスッと出てくるのはもはや鳥肌レベル

SWELLを使っていると、やりたいことが出てきたときに、それを実現する機能がスッと出てくる感覚を何度も経験することになります。

特に他のWordPressテーマを使ったことがある人で、SWELLに移行した人にはこの経験が理解できるはず。ちょっと鳥肌たつんだけど!と思うほどです。

これまでのテーマは「組み合わせた結果」を「列挙」するのが当然でした。

SWELLでは「組み合わせのパターン」が「必要な時に提示」され、どの組み合わせが選ばれても破綻しないようにうまく調和させてあります。

これがユーザーからすると「使い勝手がいい」という印象につながっています。

ブログを書く際の面倒さがなくなり、楽しさだけが残るテーマ

使い勝手がよくなっていくと、次第に面倒に感じることが減ってきます。

やりたいことができ、書きたいことに集中できる。それによって記事の作成スピードもあがり、発信できる量が増加することで成果も上がりやすくなる。

成果が上がれば楽しくなり、益々やる気が出る、こんな好循環に入れるテーマです。

今までになかった「運用性」という価値を感じられるテーマ

SWELLの公式サイトの特徴を解説するページには作者の了さんが

一番大切な「継続すること」のハードルを低くするお手伝いができればいいなぁと、思っています。

https://swell-theme.com/feature/

との記載があります。

単に新しいエディタに最適化させるだけでなく、ブログが簡単に、楽しく、素早く書けるように細部までこだわったテーマであり、「運用面」に初めて着目したテーマなのかもしれません。

WordPressテーマはこれまでSEO対応と収益化が重要な課題になっていました。これを満たせているテーマが少なかったからです。ですが有料テーマの多くはこれらの条件は十分に満たすようになってきており、「次の価値」をユーザーは求めています。

SWELLは必須課題は十分クリアしたうえで、新たに「運用性」という価値を高めたテーマです。

愛用者が増殖していることがわかるテーマ

後発(2019年販売開始)で、利用者が比較的少なかったSWELLは、他のテーマから乗り換える人は多くても他のテーマに変更する人は少ない傾向です。

しかし、フォーラムの活発さ、Twitterでの言及数などは日を追うごとに増加しているのをはたから見ても感じられ、愛用している人が増えていることを実感できます。

1年前と比べると、SWELLで作られているブログもかなり増えてきました。

これでいいしこれがいい、一言で言えば「ちょうどいい」テーマ

SWELLはバランスのとり方が抜群のちょうどいいテーマ

SWELLのサポートフォーラムには、日々たくさんの要望が投稿されています。

開発者である了さんも頻繁にコメントを返されていますが、要望に対する姿勢は一貫性があります。

  • どんなに良い機能でも、ユーザーの不利益になる可能性(具体的にはパフォーマンスの低下や難易度が極端に上がる)のあるものは採用しない
  • 個別最適はユーザーで行うべきで、テーマが面倒を見るべき部分は全体最適部分

何でもかんでもテーマ側で吸収しようとすると、開発上はメンテナンス性が低くなりますし、大半のユーザーが使わない機能を入れてブログの実行速度を低下させるわけにもいきません。

開発者・利用者・訪問者の3者にとって、理想的なバランスになるよう作られた「ちょうどいい」テーマとなっています。

まとめ:SWELLは「体験」が最適化された使い勝手が抜群のテーマ、初心者には一択!

思いがけず長文になってしまいました。

このページでお伝えしたかったことは以下の通りです。

  • 初心者やこれからはじめてWordPressを使う人ならSWELLが最高の選択
  • 導入するだけでおしゃれなサイトが出来上がるテーマ。秘密はデザインの崩壊を予防する設定・選択肢の制限にあり。
  • 多機能なのに爆速。秘密はプラグインの削減にあり。
  • SEO対策も十分。CWVへの対応もバッチリ。秘密は外部の専門家とのコラボにあり。
  • 使ってみないとわからないこの使い心地。秘密は選択肢を絞り、都度必要なことができるようにしてあることにあり。
  • ネットで批判的・否定的な意見があまりみつからない、デメリットがほとんどないテーマ。

当サイトでも利用している絶対おすすめのWordPressテーマです。

の販売・ダウンロードはこちら

このページの内容(目次)
閉じる