ブログ運営でよく見る6つのステータスコードとその意味【SEO効果や対処法も解説】

ステータスコード?ナニソレ?、という方も多いのではないでしょうか?

私も初めて聞いた時には何のことかよくわかりませんでした。

ですが、SEOをしていたら嫌でも知ることになる 301 や 404 といったステータスコードとその意味を知っておくと、何かトラブルが起きた時にも対処ができるようになります。

SEOにおいても適切な対応の仕方を理解することで設定ミスによる順位の急落などを防ぐことができます。

このページではブログ運営時によく見るステータスコードの一覧とその意味・対処法や活用方法などを整理しました。

このページに出てくるコード以外は滅多にみることがありませんので覚えなくてもOK全部で6種類だけ覚えておけばOKです。

このページの内容(目次)

ブログ運営時によく見るステータスコードの一覧とその意味

ブログ運営で目にすることがあるステータスコードは概ね下記の6つのみです。

ステータスコード意味
404ページが見つからなかった
301リダイレクトされた(恒久的)
302リダイレクトされた(一時的)
200正常に処理された
500サーバーでエラーが起きている
503サーバーの許容を超えるアクセスが起きている

順にみていきますね。

404 Not Found

ページを見つけることが出来なかった際に表示されます。

意味ページが見つかりませんでした
いつ見つけるかデッドリンクを発見した時
対処法リンク先を正しいものにする
404発生時に表示される専用ページを用意して離脱を防ぐ

ページを開こうとしたがそのページは存在しなかった、というときに返されるコードです。

コンテンツが何もない状態なので、ユーザーの離脱に直結する状態です。

当然、SEO的にも好ましい状態ではなく、「メンテナンスされていないサイト」とみなされて順位の低下が発生するでしょう。

対策としては、二つあります。

404 Not Found の対策方法
  1. Broken Link Checker プラグインをインストールしておき、リンク切れが通知されたらすぐに修正する
  2. 定期的にサーチコンソールでエラーが出ていないか確認する
  3. 仮に404が発生したときに備えて404の専用ページを用意しておく

404の発生はとにかく好ましい状態ではありませんので、発生しないように普段から心がけが必要です。

301 Moved Permanently(リダイレクト)

意味恒久的にリダイレクされました
いつ使うかページのアドレスを変更するとき
注意点リダイレクト先が存在していること
リダイレクトチェーンを発生させないこと

ブログを運営していると、何らかの理由で別のURLに移動させたい時が出てきます。

その時に旧ページから新ページに自動的に移動するようにするのがリダイレクトです。

リダイレクトには2種類あり、恒久的な移動と一時的な移動があります。301は恒久的な移動のことです。

301はリダイレクトが行われたときに返されるステータスコードですが、通常画面には何も見えないので「目にする」ということがほぼないものです。

301リダイレクトの設定方法

302 Moved Temporarily(一時的な移動)

意味一時的にリダイレクトされました
いつ使うかABテスト・デバイス別にページを変える場合
注意点意図的に302にしているということ

302のリダイレクトは一時的なページ移動を指します。

個人ブログでは通常使うことがほとんどないはずです。

パターンAとパターンBあるいは要素の組み合わせでどのパターンが最も成果が出るかを調べるABテストを行う場合とか、PC向けページにスマホでアクセスした時にスマホページに移動する場合など、どちらかと言えば企業のウェブサイトで使われるものです。

注意点は、うっかり302の状態になってしまう場合です。

301リダイレクトはリンク先がインデックス対象になり、302リダイレクトはリンク元がインデックス対象になるといわれているので、うまくインデックスされるページにならないなどの問題が出る場合があります。

とはいえ、個人的には302でも問題は無いとみており、設定ミスで順位低下といったことはほぼないとみています。ですが、よほどのことがない限りは301リダイレクトを設定すればOKです。

200 OK(問題がない)

意味問題なくページが表示された
いつ見つけるか一部のツール(スクレイピング系)
対処法特になし

アクセスしようとして、正常にアクセスできた状態の時に返されるステータスコードです。

特に問題が出なかったの何も対処の必要はありません。

時々一部のツール類で、200 OK のような表示がされる場合があり、「ナニソレ?」となるかもしれないので200が戻ってきていたら問題なし、とだけ覚えればいいです。

一部のツールってどんなツール?て思われるとおもいますが、Screaming Frog SEO Spider のようなスクレイピング系のツールでステータスコードが取得ページの一覧の中に含まれているなどする程度です。

500 Internal Server Error(サーバーエラー)

意味サーバー上にエラーがあります。
いつ見つけるかパーミッションの設定を間違えた時
プログラムをいじって間違ってた時
対処法プログラムやパーミッションの修正

普通に使っていれば滅多に表示されることがないエラーです。

エラーはブラウザに表示されます(WordPressの画面ではなくブラウザの画面になります)。

サーバー上でエラーが発生していてサイトが使えない状態になっているもので、至急修正が必要です。

パーミッションとは、アクセスできる権限のことで、セキュリティのためにアクセスできなくしていたりする場合に発生します。

WordPressなら、function.phpの編集でプログラムを書いたが間違っていた場合に発生します。

500 Internal Server Error の対処法
  1. パーミッションの設定を見直す
  2. プログラムのミスを修正する・元の状態に戻す

503 Service Unavailable(サービスエラー)

意味アクセスが多すぎているので制限している
いつ見つけるかアクセスが集中し、同時アクセス数の許容値を超えた時
重たいプログラムが動いている時
対処法サーバーの増強
実行されているプログラムの負荷を下げる

例えば、テレビでサイトが紹介されて、大量に閲覧した時や、人身事故などで鉄道が遅延した時などに、遅延情報のページが表示されない状態になっている、というのを見たことはないでしょうか?

503はそのような急激な負荷の上昇で処理の限界を超えた時に発生します。

個人ブログで注意しておくとしたら、プラグインの導入時です。作りが悪いプラグインで重たい処理が続いていると、発生してしまうかもしれません。

503 Service Unavailable の対処法
  1. 重たい処理をしているプログラムを停止するか修正する
  2. 同時アクセス数を増やす(サーバーを増強する)

見慣れないステータスコードが出てきたときの対処法

ステータスコードは番号によって大まかな分類がされています。

下記を覚えておくと、見知らぬHTTPステータスコードと出くわした時も、緊急度や重要度がピンとくるので焦らなくて済みます。

ステータスコード意味重要度緊急度
200番台正常問題ない特になし
300番台リダイレクト気を付ける特になし
400番台閲覧側のエラー対処が必要やや高い
500番台サーバー側のエラー至急修正高い

4つも覚えられない!という場合は「数字が上がるほどヤバさが上がる」とだけ覚えればOKです。

まとめ:ステータスコードで覚えるべきは6つだけ

ブログ運営で覚えておくべきステータスコードは下記の6つのみです。

ステータスコード意味
404ページが見つからなかった
301リダイレクトされた(恒久的)
302リダイレクトされた(一時的)
200正常に処理された
500サーバーでエラーが起きている
503サーバーの許容を超えるアクセスが起きている

この6つですら、ほとんど普段遭遇・意識することはないでしょう。

また、ステータスコードは数字が大きくなるにつれて運営者の対処の必要度が上がりますので細かい数字まで覚えなくてもそれだけ覚えておけばひとまずはOKです。

このページの内容(目次)
閉じる