稼げる特化ブログの作り方・運営方法【初心者OK】

特化ブログってどういうブログなのかそもそもよくわからない

稼ぐには特化ブログがいいと聞いたけど具体的な作り方がわからない

ブログの運営形態を大きく分けると「雑記ブログ」と「特化ブログ」に分かれます。

特化ブログは特定の内容に絞って書かれたブログで、読者の悩みに関連するサイト構成を作りやすく、収益化につなげやすいブログ形態です。

ただ、具体的な作り方となると、どう作っていけばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。あるいは自分の運営スタイルに自信が無いという方もいらっしゃるでしょう。

本記事では特化ブログの作り方から運営方法・注意点までを網羅的に解説します。

このページの内容(目次)

特化ブログとは?種類を解説

特化ブログとは

特化ブログには複数の形態が存在します。また呼び名も様々なので、一旦認識をそろえておきます。

案件特化ブログ(超特化ブログ)

ページ数50ページ以上
難易度低め
収益性1~5万円~
収益手段刈り取り型
競合性高め
差別化難しい
かかる時間半年~1年程度(短期的)
向いている人はじめてブログを作る人
レイアウト1カラムにすることが多い

特定のASPアフィリエイト案件に特化させたブログです。

たった一つの商品を売ることに全ページを使う刈り取り型のサイト構成です。

初心者に人気のジャンルのVOD案件であれば「hulu」にだけ特化したサイトを作る、となります。

一つの商品を徹底的に掘り下げるブログになるため、ナビゲーションもシンプルで、覚える情報も少ないので短期間で作成できるのがメリットです。

反面、記事ネタが不足しがちで、他のサイトと差別化しにくく、短期間で簡単に作れるだけに取り組む人口が多く、競合性も高のがネックです。

収益性はそこまで大きくなくても構わないという場合であれば初めの第一歩としては悪くありません。また、案件特化ブログからスタートし、ジャンル特化ブログに成長させることも可能です。

ジャンル特化ブログ

ページ数100ページ以上
難易度普通
収益性10~30万円~
収益手段課題解決型
競合性普通
差別化普通
かかる時間1~2年(中期的)
向いている人初心者~中級者
レイアウト2カラムにすることがほとんど

ジャンル特化ブログは、特定のジャンルに特化させるブログ形態です。

VOD案件なら、huluの他にもdTVやU-NEXTといった案件も一緒に扱います。つまり、ジャンルに属している商品を多数取り扱うスタイルです。

取り扱う商品が増えるため超特化ブログのような刈り取り型にはならず、ユーザー課題の解決方法としていくつかの商品を提示し選択をしてもらうスタイルになります。

複数ジャンル特化ブログ(テーマブログ・雑誌ブログ)

ページ数200ページ以上
難易度普通
収益性30万円~
収益手段課題発見型
競合性やや低い
差別化しやすい
かかる時間2年以上(長期的)
向いている人中級者~上級者
レイアウト2カラムにすることがほとんど

特化ジャンルを複数持つブログのことです。

複数ジャンルがあるだけなので、これをそのまま特化ブログと呼ぶ人も居れば、「雑誌ブログ」と呼ぶ人もいます。当サイトでは、特化ジャンルは共通項を持たせるべきだと考えますので、課題となっている「テーマ」を扱っているものとして「テーマブログ」と呼んでいます。

先ほどのVODの例で言えば、VODがサブスクであることから「余暇を楽しみたい」という課題を持つ人にVODを提案したり、漫画の読み放題のサービスを提案したりといった可処分所得の範囲で余暇を楽しめる商品を提案する形になり、課題の発見のプロセスからユーザーと関わるスタイルです。

雑記ブログとの違い

雑記ブログはテーマの区切りがなく、著者の琴線に触れたあらゆる記事を書くブログです。

特化型ブログと比べると、

  • 自分が知っていることで作成する
  • 出来上がった記事・サイトにあう商品で収益化する
  • 日付アーカイブを公開される
  • 個人の発信力が成否を決める
  • カテゴリやタグが多くなる
  • アドセンスの収益の割合が大きい

といった特徴があります。

自由に記事が書けるので初心者向けと紹介されやすい反面、個人のブランディングを確立できないとアクセスを集めることが難しい形態です。

現在のSEOは専門性を重視しており、単一記事だけで上位表示させるのは至難の業です。雑記ブログは取り扱いジャンルが幅広いため、一つ一つのジャンルに対して記事数が多くは持たないことが多く、作るのは簡単でもアクセス数を稼ぎにくい(収益を確保しにくい)ブログ形態です。

特化ブログと雑記ブログとの違い

特化ブログのメリット・デメリット

特化ブログのメリット・デメリット

どんなブログ形態でもメリットやデメリットは存在します。

特化ブログは比較的収益化に適したブログ形態なので、雑記ブログなどに比べると一般的には収益が高くなります。

特化ブログのメリット

  • 集客:特定の商品・ジャンルに特化できるため、専門性を高めやすく、上位表示されやすい
  • 収益:収益化への導線が作りやすく、読者の課題を解決する手段として商品を紹介できるので成約率が高まる。加えてアドセンスよりも単価が高い。
  • 運営:最初は案件特化ブログからはじめ、ジャンル特化型に進化し、複数ジャンル特化ブログと段階的に成長させることができる

特化ブログのデメリット

  • 集客:対象をある程度絞り込むため、母数が小さくなる可能性がある
  • 収益:収益化するまでに時間がかかることが多い
  • 運営:書ける記事の数が限られるため、ネタ切れを起こしやすい

特化ブログの作り方

特化ブログの作り方

特化ブログを作っていく、と言う風に決めたら、次の手順に沿って作成していきましょう。

ジャンル選定とサイトの企画

最初にするのはどのジャンルを取り扱うか・どの商品を取り扱うか、になります。

雑記ブログはジャンルや扱う商品を後から決めるので、ちょうど逆の手順です。

特化ブログの収益源はASPアフィリエイトがメインになるので、立ち上げの時点から収益がどのように発生するのか決めておくのが一般的です。

ジャンルを選定する中で、特定の商品・商標に特化する「案件特化型」にするか、ジャンル全体を扱う「ジャンル特化型」にするかを決めます。

どちらになるかは、知名度・案件数・収益性・競合性などを考慮し、ユーザーがどのように商品を選ぶのかで決めると良いでしょう。

ジャンルの選び方

ブログのテーマの選び方

サーバー・ドメインの契約

サイト名と取り扱うジャンルが決まったら、いよいよサイトの構築に入ります。

最近では、レンタルサーバーの契約と一緒にサイトの立ち上げができるサーバーが増えてきました。これならわかる!WordPressブログの始め方【手順解説】 の手順通りに進めていけば15分足らずでサーバーの契約・ドメインの設定・WordPressブログのインストールまで完了できます。

尚、申し込みの際にはドメインを決めておく必要があります。ドメイン名はできればブログ名に由来するものが望ましいので、合わせて考えておきましょう。

ブログ名の決め方

ドメイン名の決め方

WordPressの初期設定と使用するWordPressテーマの選定

サイトを公開するサーバーを契約したら早速初期設定を済ませましょう。

特にこのタイミングで重要なのはパーマリンクの設定です。

初心者向け:WordPressの初期設定について

パーマリンクについて

尚、これから始めてブログを始めるという方であれば、当ブログでも使っているを使うことを強くお勧めします。SWELLの詳しい解説はこちら

SWELL意外のWordPressテーマであればおすすめWordPressテーマ5選から選べば間違いありません(無料のものもあります)。

記事リストの作成:目安は最低100記事

WordPressブログの準備が終わったら、記事を作成していきます。

SEOでの集客が重要な特化ブログでは、目標とするキーワードと、その掛け合わせのキーワード毎に記事を作成していきます

特化ブログは運営していくにつれて、新たな記事を追加していくのが難しくなってきます。いわゆる「ネタ切れ」の状態です。

また、ブログは記事間の繋がりが重要なので、記事同士のリンク構造を事前に設計しておくことでSEOに強いサイトにすることができます。

記事リストの作成方法はキーワードの抽出から記事リストを作る手順【56枚の図で完全解説】にてまとめています。

記事リストを作成してみて概ね100記事くらいは用意てきているのがベターです。

1記事の文字数目安は3000文字

特化ブログを構成する各記事の文字数は概ね3000文字くらいと考えておいてください。

もちろん、3000文字以下になっても構いません。

ただ、検索者は何かしらの課題や疑問をもって検索しているため、読者の課題を解決しきるのに必要な文字量はおのずと3000文字以上になることが多い、というのが私の経験則です。

文字数にフォーカスするのではなく、ユーザーの課題解決ができるかどうかに集中すればOKです。

ブログの最適な文字数は?SEOとの関係【答えは記事構成】

特化ブログの運営方法

立ち上げ期:学びをこれまでのサイトよりもわかりやすくアウトプット(網羅性を高める)

雑記ブログの場合は自分が知っていることを書くので簡単ですが、特化ブログの場合は収益ファーストのため、自分の知らないことを書いていくことになります。

当然、人に説明できるようになるにはある程度知識が無いといけません。

ですので、立ち上げ初期は案件・ジャンルについてよく調査し、リサーチ結果しっかりまとめて既存の競合記事よりもわかりやすく伝える記事を作成します。

立ち上げ期に目指す記事内容
  • あちこちに情報が散在している場合は集める。
  • 既存の競合記事より内容をわかりやすくする
  • 既存の記事よりも読みやすくする(装飾など)
  • 自分なりの見解・意見・レビューなどを添える

SEOでは専門性が重要ですが、ブログ記事を書いた人が専門性が高いかどうかは読めばなんとなくわかるものです。

公式サイトを読んだだけで理解できるような内容や、どのブログにでも書かれていることだけを並べただけでは価値は生まれません。

立ち上げ期に提供できる価値は、

  • まとめ
  • わかりやすさ
  • よみやすさ
  • あなたの意見

の4点です。

成長期:網羅できたら本質的な価値提供をする(専門性を高める)

始めた頃は、読者と大して差がなかった知識量も、50本以上になってくると「ちょっと知ってる人」から「割と詳しい人」に変わります。

成長期に目指す記事内容例
  • 一言で言えば簡単に書けない記事
  • ジャンル内で横断的に見た時に初めて気づくこと
  • フローチャート
  • ニーズ別の比較

特化した商品・ジャンルの「プチ専門家」として、沢山の記事を書いてきた自分だからこそ書ける、「簡単には書けない記事」を書きます。

「コンビニで買えるプリペイドカードに対応しているVODは4つだけ」といったような特定のニーズを満たす比較する記事だったり、全体を知っていなければ作れないフローチャートといったコンテンツを作ります。

徹底期:競合ができない強みを作る(スキルが必要)

多くのブログでは、成長期で質の高いコンテンツを発信することになります。

この時点では「よく頑張って作られているな」とは思っても、「これはさすがに作れないな」というレベルではありません。時間を掛ければ実現可能です。

徹底期は特化ブログの最終段階ともいえる段階で、競合がマネできない要素を追加していくフェーズです。

ただし、実現するにはかなりのスキルが必要になることがほとんどです。

徹底期に差別化するコンテンツの例
  • 複数の条件を掛け合わせた絞り込み検索機能(プログラミングスキルが必要)
  • キャラクターを作り解説に取り入れる(デザインのスキルが必要)
  • 専門家へのインタビューを行う(外注のスキルや謝礼が必要)

一言で言えば、「時間をかけるだけでは作れないコンテンツ」です。

1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

Googleの掲げる10の事実

Googleが言うように、ユーザーにフォーカスして、とことん極めようとすれば自然と必要になることを実践しきる、といったことで差別化を図ります。

差別化は要は「何にこだわるか」でもあり、何かにこだわって作っていくと競合にはマネのできない「個性」が生まれます。この個性がユーザーに受け入れられた時、「権威性」を獲得できます。

記事ネタの収集方法

特化ブログでは記事ネタが不足しがちです。

サジェストワードから大半の記事ネタは獲得できますが、それでも不足する場合は、競合を参考にするのがおすすめです。

どんなジャンルでもアフィリエイト案件では必ず競合になるサイトが存在します。

これらのサイトも同じようにネタに苦しんでいるはずで、運営する中で気付いた記事ネタは存在するはずなので、競合の扱ってる記事の中で自サイトが扱っていないテーマがあれば、テーマだけ拝借するという方法です(内容を丸ごとコピーするのはご法度です)。

ブログの競合分析をサイト設計に活かす方法【競合記事から目標ワードを抽出】

ナビゲーションと内部リンクで「特化」の強みを最大化

特化ブログの強みはサイト規模が比較的小さく、200記事以下であることがほとんどなので、ナビゲーションはシンプルに構成することができます。

記事数が少ない分、サイトの全体を把握しやすいので内部リンクを作りやすくなります。このメリットを最大限に活用し、回遊しやすいブログにしましょう。

内部リンクとは?SEOで順位を上げるためのポイント・最適化方法

特化ブログの戦術と戦略

収益化方法

特化ブログの収益化方法はASPアフィリエイト一択です。

アドセンス広告を設置しても構わないのですが、単価が低すぎるため、同じ成果が発生するのにわざわざ低単価に流す必要はありません。

アドセンス広告は可能な限りなくすのが正解です。

特化ブログはアフィリエイトの基本戦術

特化ブログはアフィリエイトの基本戦術です。

現在は比較的SEOでの上位表示が難しくなってきた印象はありますが、それでもまだまだSEOからの集客がメインであることには違いありません。

特化ブログの戦略・収益を最大化する方法

特化ブログの戦略1:成長型
特化ブログの戦略2:複数運営型

特化ブログを育てる方法・総収益を増やす方法としては、以下のようなパターンがあります。

  • 案件特化ブログからスタートし、ジャンル特化ブログに育て、最終的に複数ジャンル特化ブログ(テーマブログ)まで育て上げる
  • ジャンル特化ブログを作り、スキルを活かして競合と差別化し、個性を獲得してそのジャンルの権威になる
  • 案件特化型あるいはジャンル特化型のブログを複数運営して1つのブログにつき5~10万円前後の収益を目指す(数で勝負する作戦)

まとめ

収益性の観点からも、ASPアフィリエイトを行うなら特化ブログが基本です。

特化範囲によって3種類に分類できますが、徐々に成長させることもできるので今から始めるなら案件特化ブログから始めると良いです。

実際にブログを運営してみないと見えてこないこともあるので、躊躇せずにまずはチャレンジしてみましょう。

これならわかる!WordPressブログの始め方【手順解説】

このページの内容(目次)
閉じる