サイトとブログの違い違いを解説。正しく情報を収集するために必須の理解

最近ブログを始めようと色々調べてます。知らない単語も多く、情報が多くて大変!サイトとブログって人によって言い方がちがっていたりするんだけど、どこが違うの?

こんな疑問にお答えします。

サイトとブログ、似ているようで微妙にニュアンスが異なり、文脈の中で指している意味が多少違っていたりします。

やっかいなのは人によっても多少認識が違うということ。

情報を取得する際には、どの意味で使われているのか見極めながら情報収集するのがおすすめです。

本稿では、正確な定義としての違いをまず理解していただいた上、実際の使われ方や、情報収集時における注意点を解説します。

正しい努力を行えるためには正しい情報収集が重要なので、自分の認識している違いと合致しているかチェックしてみてください。

このページの内容(目次)

サイトとブログの違い1:本来の意味

ウェブサイトを運営する人の種類
サイト

ブラウザでアクセスできるウェブサイト・ウェブページの全般を指す言葉。

「サイト」は敷地の意味です。「キャンプサイト」などの表現があるように、場所の意味合いが強いです。ウェブサーバーにおける領域の確保の意味で使われていたようですが、そのまま一般化しました。

ホームページとほぼ同義ですが、ホームページ自体は本来はトップページの意味なので、制作のプロの方はあまり口にしたがらない傾向があります。

ブログ

ウェブサイトの形態の一つ。つまりサイトの中にブログが含まれています。

主に情報発信を簡易的に行えるように工夫されたサイトのことで、ASP型サービスとして提供される場合と、自分でWordPressなどを設置して作る場合に分かれます。

日記サイトとの違いは目的の違い。日記サイトは日々感じたことなどを備忘録やメモ、熱心に読んでくれる読者に対して発信するのに対し、ブログは収益化が当面の目標として運営されます。

サイトとブログの違い2:一般的な使い分けられ方

比較項目サイトブログ
作られ方ハンドコーディングが多いソフトを使うことが多い
運営母体企業が中心個人が中心
ナビゲーション自由に設計される新着順がデフォルト
運営目的情報の発信全般収益化を目的としていることが多い
内容客観的・不変的事実が多い主観的・一時的な情報が多い
更新性作り切りになることがある逐一記事が増えていく
ページの呼び名ページ記事
レイアウト独自で複雑なレイアウト左サイドバー+メインカラムが多い
デザイン凝った作りが多いテンプレートに沿って作られる

サイトは自由が高い作り方がされ、ナビゲーションなども全部自分で決めていく必要があります。運営母体も企業になることが多く、制作会社などに発注して作られるプロが作ったウェブサイトのイメージです。

一方ブログは簡単に作れることに重きを置かれているので、細かい調整は想定されていません。ほとんどがWordPressで有料または無料で入手できるテンプレートの機能をそのまま使われます。

サイトとブログの違い3:アフィリエイトにおける扱いの違い

ブログとサイトは、ウェブサイトの形状や目的の違いが主な違いですが、派生して様々な言葉になることがあり、その代表例が「アフィリエイト」との組み合わせの言葉です。

具体的な言葉としては、「サイトアフィリエイト」と「ブログアフィリエイト」になります。

サイトアフィリエイトは、いわゆる「特化ブログ」のことです。特化ブログなので、収益手段はASPアフィリエイト、SEO対策をガッチリしたサイトで、客観的な情報が多めになるため、とりわけ短期的な収益性が良いとされます。また情報は時間の経過とともに古くならず、作り切りのイメージになることが多いです。

ブログアフィリエイトは「雑記ブログ」が近いイメージになります。マネタイズの幅が広く、ブランディングを広くしていくので収益化にはやや時間がかかるイメージになります。

サイトとブログの違い4:出身業界のよる日常語の違い

出身業界の違い

一般認知されているイメージが明確にキッチリ分かれていないため、使用者によって使われ方が異なります。

ウェブサイトのことを何と呼びますか?というと、個人の方は「ブログ」と答える人が多く、プロとして会社でクライアントワークをしている人なら「サイト」と答える人が多くなります。

出身業界・畑の違いで呼び名が違っている場合があり、サイトと呼んでいたりブログと呼んでいたりしてどちらを意味するのか混乱しがちですが、どちらもウェブサイトであることには変わりありません。

単に日常的に使っている言葉の違いがあるだけと認識して大丈夫です。

言い回し一覧

ブログとサイトの言葉の使われ方は幅が広く、人によって使い方が違っているため、複数の用語が生まれています。見かけたことがあるものでは下記のようなものがあります。

用語意味
サイトウェブサイト全体の意味
ブログ時系列に記事が追加されるサイト
メディアサイトと同義か、大きいサイトの意味で使われる
サイトアフィリエイト特化ブログの意味。
ブログアフィリエイト雑記ブログの意味。
特化ブログ特定のジャンルに特化した収益ブログ。
特化サイト特化ブログと同じ意味。
雑記ブログジャンルを特定しない収益ブログ。収益方法もバラバラ。
雑記サイト雑記ブログと同じ意味。
アフィリエイトブログ収益を目的にした時系列に記事が追加されるサイト
アフィリエイトサイト収益を目的にしたサイト全般
ジャンルサイト特化ブログと同じ意味。
サイト型のトップページトップページのレイアウトが時系列になっていないブログ
商標特化ブログ特化ブログの中で特定の1商品にだけ記載したもの
超特化ブログ商標特化ブログと同じ意味
カテゴリ特化ブログ特化ブログの中で特定のカテゴリ全般を扱ったもの
雑誌ブログ複数の特化ジャンルを扱うブログ

まとめ:情報に触れた時に「何を意味しているのか」が判断できるようになればOK

ブログとサイトという単語は、

  • 本来の意味は一応違う
  • 明確に一般認知された定義が違うため、使用者の出身畑によって使われ方に幅がある
  • 自分の認識している意味と、他人が使っている意味に違いがないかが判断できるようになれば問題なし

ということを把握しておけば問題ありません。

ブログをやっていくにあたっては、ある程度ブログ論だったりライティング方法をを勉強することになります。その時に現れる単語の意味が正しく理解できればOKです。

このページの内容(目次)
閉じる