SEOにおける検索意図とは?重要性・調べ方・活用方法まで完全解説

検索上位表示には検索意図に沿ってライティングすることが重要です。

「検索意図」という言葉としての意味は分かっても、具体的な調べ方や活用方法まではピンと来ないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、検索意図についての基本から、実際の記事作成への落とし込み方法まで説明します。

このページの内容(目次)

検索意図とは

検索意図とは(イメージ)

検索意図とは、検索エンジンに入力するキーワードに潜む、ユーザーの課題や検索の目的のことです。

ユーザーは、日々の生活において、様々な悩みや疑問、課題をかかえており、それを解決するために検索を行います。

普段は「検索するキーワードの方を考える側」ですが、検索意図を考えるというのは、「キーワードから検索した目的を推測する」ことです

つまり、普段と逆ができればいいのです。

検索意図の4つの種類

検索意図の4つの種類

検索意図は、下記のように大きく4つに分類されます。

  • DOクエリ(やりたい)
  • GOクエリ(行きたい)
  • KNOWクエリ(知りたい)
  • BUYクエリ(買いたい)

参考:Google すべてのマーケティング担当者が知っておくべき4つの新しい瞬間

いきなり専門用語が出てきましたが、「クエリ」とは「キーワード(検索語)のこと」と考えたらOKです。

検索意図という概念が一般化する前は、クエリの種類は以下のように分かれるといわれていました。

  • 案内型:Navigational(=GOクエリ)
  • 情報型:Informational(=KNOWクエリ)
  • 取引型:Transactinal(=BUYクエリ+DOクエリ)

Knowクエリ(知りたい)

何かを知りたい時に使われるクエリです。

  • 単語の意味が知りたい
  • 方法を知りたい
  • 比較をしたい

といった時に使われます。単語の意味を調べることが目的になるというよりも、意味を知った上で行動に移したり、判断したりといったことが行われます。

DOクエリ(したい)

何かをしたいという検索意図です。以前は取引型:Transactionalクエリといわれていましたが、購入と何かをするというところは切り離して考えられるようになりました。

  • 資料請求をしたい
  • 見積したい
  • ダウンロードしたい
  • 会員登録したい
  • サービスを利用したい
  • 何かしらやりたい

といった検索意図です。キーワードとしても、「〇〇 会員登録」「〇〇 ダウンロード」のようなものになります。

Buyクエリ(買いたい)

商品やサービスを購入する際に使われるクエリです。

  • 購入したい
  • 安く購入したい
  • 販売点を見つけたい

といった検索意図が含まれるクエリになります。購入といったコンバージョンに直結するキーワードになるため、このワードで集客できると成果につながりやすくなります。

反面、いわゆる売れるキーワードなので広告との相性もよく、刈り取りのために使われることも多いワードです。

Goクエリ(行きたい)

実店舗の場所を探したり、ウェブサイトに行きたい時に使うクエリです。

  • 行きたいサイトの名前(指名ワード)
  • 場所を知りたい
  • 所要時間が知りたい
  • ルートが知りたい
  • ネット上のサービスに行きたい

キーワードとしては、地域名が含まれるものだったり、指名ワードだったりします。

なぜ検索意図が重要なのか

なぜ検索意図が重要なのか

昔の検索エンジンは単に言葉の意味をこたえるだけの存在でした。

しかし現在はユーザーの検索意図をくみ取り、ユーザーが本来したかった検索目的に合致するものを上位に表示するようになっています。

つまり、検索意図を正しく把握できれば、SEOにおいて上位表示が可能になります。

逆に言えば検索意図に沿っていないコンテンツは上位表示をすることがほぼ不可能です。

検索意図がわかる → 検索上位に表示される → アクセスが上がる → 収益が上がる、という構図になるため、検索意図の理解はブログでアクセスを増やすのにも、アフィリエイト収益を伸ばすのにも重要です。

検索意図に沿った記事がなぜ上位に表示されるのかというと、Googleの考える理想的な検索エンジンを思い出していただければわかるはずです。

完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである

Google:便利な検索サービス

検索意図に沿ったページを上位に表示することは、Googleの基本的な考えに沿ったものであるため、検索意図を理解することはSEOで上位表示を実現するために非常に重要です。

潜在的な検索意図に注意(検索意図の読み解き方)

通常のキーワードであれば、そのままズバリの推測でほぼ問題ありません。

コート 通販だったら、「通販でコートを買いたい」というのが検索意図になります。

名古屋 観光名所なら「名古屋の観光名所を知りたい」となります。

CPU 性能 比較なら「CPUの製品ごとの性能を比較したい」となります。

普段、自分が検索しているのと同じように、大半のキーワードは「言葉通り」の検索意図になります。

ただ、すべてのキーワードが「言葉通り」になるとは限りません。

文字通りの意図にならない場合1:望まない結果を回避するワード

例えば、下記のような場合です。

今日は大阪の天気は微妙だな。傘を持って出たほうがいいのかな

こう思った人が検索するとしたら、キーワードは何になるでしょうか。

大阪 傘で検索っと・・

普通に考えればこのように検索しますよね。でも実際は、下記のようにする人もいます。

大阪 傘・・いやまてよ。これだと傘売ってる店が出てくるかもしれない大阪 降水確率で調べよう。

実際に検索してみると、[大阪 傘]でも、傘が必要かどうかの指標サイトのようなものが1ページ目に出てきます。ただ、やはり一番に出てくるのは大阪で傘の品ぞろえが自慢の店が出てきました。

このように、欲しい情報にたどり着けない可能性のあるキーワードを避けるユーザーもかなり増えてきています。

他にも沖縄 気温 5月とかだと単純に沖縄の5月の気温が知りたいだけでなく「長袖では暑いのかちょうどいいのか知りたい」が検索目的となります。

判断材料さえ見つけることができれば直接的な答えでなくてもユーザーは満足できます。

ネット検索に慣れたユーザーが増えてきているため、検索リテラシーの高いユーザーは望まない検索結果を避けるためのキーワードを上手に見つけることがあります。

文字通りの検索意図にならない場合2:検索意図が複数考えられる場合

例:看護師 夜勤

を検索したときの結果として、どのような検索結果が考えられるでしょうか?

「看護師の夜勤・・の何を知りたいのだろう?」となりませんか?

  • 看護師が夜勤をすることのメリットやデメリット?
  • 看護師が夜勤でする業務内容?
  • 看護師の夜勤の求人情報?

このようなクエリの検索は実際に行われていますし、「もし、あなたがGoogleだったらどのようなサイトを推薦すればユーザーは満足するか」という観点で考えてみると、「網羅的に提示する」しかないはずです。

実際に検索してみると、そのような検索結果画面になっています。

キーワードによっては複数の意図が含まれるものがある(検索意図が絞り込めないものがある)、と覚えておいてください。

検索意図の調べ方=Googleの検索結果をよく見ること

検索意図の調べ方で最も重要なことは、Googleはこのクエリの検索意図をどう考えているか、です。

そしてその答えは、実際の検索結果画面にそのまま現れます。

少なくとも、現在Googleが「これがこのキーワードの検索意図だ」とみなしているものを上位に表示しているので、記事を作成する際は上位に表示されている記事の内容に近いものを用意することが必要条件になります。

検索意図を押さえた上で、上位表示できる記事を作る方法

上位表示している既存記事の内容は最低限カバーする必要がある

あるキーワードで検索上位に表示できる記事を作るには、最低限Googleが考えている検索意図を汲み、上位表示できている記事の内容を含めることが必要条件です。

ただし、上位表示を実現するためにはそれだけでは不十分です。

なぜなら、「同じことが書かれた記事はすでにあって、ユーザーはそれで満足しているはずだから」です。

これから作成した記事で上位表示を実現するには、既に上位表示されている記事を上回る必要があります。

既存記事を上回る記事を作成する方法

既存記事を上回るときに考慮するべきポイントとして以下を検討してみましょう。

  1. 独自の見解やレビューなど、既存の記事には書かれていない内容を含める(独自性で勝つ)
  2. サジェストワードを参考に網羅性を高めることがユーザーの求めている答えに、より近くなるか検証する(網羅性で勝つ)
  3. わかりやすい具体例を提示するとユーザーが理解しやすくなるか検証する(具体性で勝つ)
  4. 図や表、文字装飾など、読みやすさを上げることで読者満足度が上がりそうか検証する(可読性で勝つ)

既存の他社サイトよりも価値があるとみなされれば上位表示される可能性はたかまりますし、これができない場合は上位表示の可能性は低くなります。

Googleが既存のページよりもあなたが作る記事の方がユーザーにとって良いと判断できるだけの理由が必要です。

複数の検索意図を含むキーワードへの対応方法

複数の検索意図を含むビッグワードでの上位表示方法

看護師 夜勤の例のように、一つのキーワードで、複数の検索意図を含んだキーワード(検索意図を絞り込めないワード)を上位表示させるには、1つの記事だけで上位表示を実現することは難しいと言わざるを得ません。

シングルワードやビッグワードは大半がこのような複数の検索意図を持つキーワードです。

対策方法として、以下の手順で記事を作成していきましょう。

  1. 上位表示したいキーワード(2語または1語)のサジェストワードを抽出する
  2. サジェストワードで記事を複数書く
  3. 上位表示したいキーワードでまとめ記事を作成する
  4. まとめ記事とサジェストワードの記事を相互にリンクをする

検索意図を特定できないキーワードで上位されるには、周辺のキーワードも全て上位表示ができている必要があります。

先ほどの [看護師 夜勤] なら、

  • 看護師 夜勤 なし
  • 看護師 夜勤 東京
  • 看護師 夜勤 バイト
  • 看護師 夜勤 やめたい

といった「サブページ」を作り、[看護師 夜勤] を狙うページにリンクを貼ります。

合わせて、[看護師 夜勤] を狙うページにて、サブページにリンクを貼ります。[看護師 夜勤]のページをまとめページのようにします。

各サブページがそれぞれ上位に表示できたとしたら、それをまとめているページを上位表示しない理由がなくなります(サブページにユーザーが移動してもユーザーの課題は解決できることが確実なため)。

まとめ

  • 検索意図とは、ユーザーの検索目的のこと
  • 検索意図は4つに分類される(Know・Do・Buy・Go)
  • 検索意図に答えることはGoogleの目指す検索エンジン像に合致するため、意図にピッタリあったページは上位表示ができる
  • 検索意図は表面的な文字通りの意味だけでなく、潜在的なニーズのワードもある
  • 検索意図を調べる方法は検索結果を見ること
  • 検索意図を押さえて上位表示するには既存の記事をまねるだけでは不十分。既存ページよりも上位表示すべきと判断できるだけの理由が必要

このページの内容(目次)
閉じる