WordPressのパーマリンクとは?SEOにも最適なおすすめ設定方法

WordPressを使い始めると、WordPressの初期設定のところで「パーマリンク」という謎の言葉に遭遇します。

WordPressの独自用語なので、ウェブ制作にかかわる人でも「ナニソレ、リンクと何が違うの?」と混乱することも珍しくありません(私もそうでした)。

よくはわからないまま、「投稿名」にとりあえず設定している方も多いのではないでしょうか(設定自体はそれで問題ありません)。

丸暗記で設定していると、してはいけない設定の変更を知らずにしてしまったりしかねません。

このページではパーマリンクとは何か、最適な設定がなぜ「投稿名」なのか、順を追って解説します。

間違えると割と致命的なダメージにつながるので知ってるよ、という方も復習の意味で一読されることをお勧めします。

このページの内容(目次)

そもそも「パーマリンク」ってなんやねん

意味は、「permanent link:パーマネント リンク」で、日本語にすると「恒久的なリンク」になります。別名を「固定リンク」とも言います。

つまり、1回決めたら原則変えないURLのことを指しています。

じゃあ、なんでパーマURLなり、単にURLといわないのか、と疑問に思うかもしれません。

これは、概念的かつアカデミックな考え方みたいなところが絡んでくるのですが、WordPressのようなCMSはカテゴリページやトップページの内容は記事を一つ追加すると自動でその記事にリンクを貼ってくれます。つまり、内容が常に変化していくんです。

仮にSEOのカテゴリでタイトルタグについての記事があった場合、タイトルタグに関する記事にリンクを貼るなら/category/seo/ではなく、/title-tag/になりますよね。

リンクを貼るときの意図として、「タイトルタグについての記事にリンクをしたい」と思ったら、/category/seo/ではなく、/title-tag/にリンクを貼るべき、というところから「リンク」という言葉が使われています(ややこしいですね)。

シンプルにパーマリンク=記事のURLと考えてOKです。

投稿のパーマリンク設定は「投稿名」にすべき

パーマリンクの設定は「投稿名」にしておくべき

WordPressの「パーマリンク設定」は、「投稿名」にしておくべきです

一旦、なにも難しいことを考えず、盲目的に「投稿名」を選べばOK。

他の設定は何がダメなのか

結論としては「Googleが推奨していないから、そうしておいた方が無難だから」です。

Googleは「シンプルな URL 構造を維持する」というページでURLの設定方法について解説しています。

内容の要約(URLはどうあるべきか)
  • URLを見ただけで何のページなのかわかるようにしておくべき
  • プログラムっぽいURL(はてなマークがついているようなもの)は避けるべき
  • 過度に複雑なURLは避けるべき

上記に照らすと、「投稿名」以外がなぜNGなのかがわかります。

設定項目形状ダメなところ
基本https://domain.com/?p=123プログラムっぽい
日付と投稿名https://domain.com/2021/04/08/sample-post/過度に複雑
月と投稿名https://domain.com/2021/04/sample-post/まだ過度に複雑
数字ベースhttps://domain.com/archives/123何のページか不明

カテゴリを含める設定がなぜないのか

WordPressのパーマリンクの設定には標準ではカテゴリを含める設定がありません。

例えば、/カテゴリ名/投稿名/のような設定ってありませんよね。

日付はあるのに、です。

この理由は、「URLは変更してはいけないから」です。

投稿した日を基準にURLを決めると、最初に投稿した日は将来にわたって変更になることはありませんよね。

ところがカテゴリは、思っていたより多くの記事を作ったからカテゴリを独立させようとか、別のカテゴリに含める方がふさわしいなどの理由で、後から変更する場合というのがどうしてもあります。

その時にURLまで巻き込まれて変更になるのでカテゴリを含んだ設定が標準では用意されていないのです。

投稿名がSEOにも最適な設定である理由

  • 英単語でslagを組めば何のページなのかURLを見ただけである程度わかる
  • カテゴリを変更したりタグをつけたりしてもURLが変更になることがない
  • 日付のディレクトリが分かれているなどややこしさがない
  • パラメーター付きのURLにならない

投稿名がSEOに最適な理由は、「シンプルなURL」になり、それが「維持されるから」で、Googleの推奨にピッタリ合致します。

あとからカテゴリを変更したりしても、記事へのURLは変化せず残り続けます。

SEO上のおすすめ設定とはつまり、「URLを変更しない」です。

運用中のブログが「投稿名」になっていない時の対処法

今の時点で「投稿名」になっていないという場合の対処法はシンプルで、「何もしないでいい」し、「何もしてはいけない」です。

URLの構造はコロコロ変えるべきではなく、一旦決めたら二度と変えないようにするのが基本です。

スラッグとパーマリンクの違い

パーマリンクとスラッグの違い

WordPressを初めて使い始めた頃にパーマリンクと同じくらい意味がわからなかったのが「スラッグ」という単語です。

「スラッグ?スラッガーとかの野球?」くらいに戸惑いました(WordPressを使うって、結構戸惑いとの戦いですよね)。

そんな人なら下記のように覚えると一発で理解できるはずです。

パーマリンクURL全体
スラッグURLの個別の末端部分

ファイル名やディレクトリ名の部分のことをスラッグという、と言うともっとわかりやすいかもしれません。

URLに関わる設定のため、スラッグも一度決めたら原則変更してはいけません。

記事の作成時は必ずスラッグを編集する

上記のようになっているので、最初にパーマリンクのルールを決め、次に記事固有のスラッグを決めるとURLが完成します。

パーマリンクを「投稿名」にしておくと、スラッグが個別ページのURLとしてセットされるようになります。

スラッグは初期設定で編集のための入力欄が隠れてしまっていることがあります。

表示して、必ず編集するようにしましょう。

というも、標準状態でスラッグは、記事見出しの非日本語部分を自動入力するようになっており、きちんと入力しないと意味不明なURLになってしまうからです。

パーマリンクの設定についてよくある質問

パーマリンクの設定自体は冒頭でも述べたように「記事名」にしておけば、個別記事のスラッグを編集すればそれがURLになります。

パーマリンク設定の際に私が疑問に思った点についてまとめておきます。

日本語のスラッグ(URL)にしてはいけないですか?

そうしない方が良いです。URLが不用意に長くなり、被リンクを獲得しにくくなり、SNSでもツイートされにくくなります。

以前はURLにキーワードが含まれていることがSEOに対して有利になる、という意見も見られましたし、実際効果があった時期もあったのですが、現在はURLについてのSEO効果はほぼありません。

日本語のURLにしていると、日本語部分がエンコードされ、むやみに長いURLになってしまうため、共有やリンクを貼ってもらいにくくなるためおすすめできません。

スラッシュエンドにしないといけないですか?

どちらでも構いませんが、つけておくことをお勧めします

URLの末尾がスラッシュで終わっていることをスラッシュエンドとかトレイリングスラッシュといいます。

URLの基本構造において、スラッシュはディレクトリ(フォルダ)のことを指します。

スラッシュで終わっていないと、自動的にスラッシュで終わるアドレスにリダイレクトされる場合が多いのと、投稿名を選択しておくとデフォルトでスラッシュエンドのURLになるのであえてスラッシュを取るメリットもありません。

パーマリンクは後から変更してもいいですか?

絶対にしてはいけないことの一つです。

パーマリンクの設定を後から変更すると、URLが変更になります。URLが変更になると、

  • 他のサイトからのリンクが切れる
  • そのページの評価がリセットされる(削除扱いになる)
  • SNSでのシェア数もリセットされる

といいことは一つもありません。

まとめ

  • WordPressでパーマリンクの設定は「投稿名」一択
  • URLは原則変えてはいけない。SEO上最適な設定とは変更しないこと。
  • パーマリンクの設定は、シンプルなURLを作り、維持されるものにする。
このページの内容(目次)
閉じる