SEOキーワード選定のやり方とコツ、運営での活用方法

SEOではキーワードの選定が大事って聞きました。具体的には何に気を付けておいたらいいの?

なんとなくキーワードを選んでいるけどこれであってる?

こんな疑問にお答えします。

キーワードの選び方はサイトの方向・成否を決める最重要となるものです。

選び方を間違えると大きく回り道になってしまいかねないため、きちんとしたキーワード選定ができているのが理想です。

このページではキーワード選びの重要性の再確認から、実際のキーワードを選ぶコツ、さらに選んだキーワードをどう活用していくのかまで解説します。

このページの内容(目次)

前提:キーワード選びが重要な理由

検索ボリュームが少ないワードを選んでしまうと集客できない

SEOでの1か月の集客数 = 検索ボリューム × 自サイトの表示率 × クリック率

検索ボリューム1か月間で何回そのキーワードで検索されたか。全体の母数。
自サイトの表示率キーワードが検索された際に自サイトが表示される確率です。検索順位に影響されます
クリック率検索結果画面で自サイトが表示されたときにクリックされる確率です。

上記のように計算できますが、表示率も正確な検索ボリュームも公開はされていません。

サーチコンソールでは、表示回数とクリック率だけは公開されています。

キーワード選定時に特に重要になるのが検索ボリュームです。

全体の母数になるため、選んだキーワードの検索回数が少なすぎると上位表示できても集客数が伸びません。

参考:検索ボリュームの調べ方

ブログ記事はキーワード単位で書いていく(選定ミスは作業が無駄になる)

ブログ記事は、基本的にはキーワード単位で記事を書いていきます。

なぜなら、キーワードは質問、ウェブサイトが回答を意味し、集客しないとはじまらないので集客ができるよう、ユーザーの質問(キーワード)に対して適切な回答(ページ)をするようにするのが日々のブログ運営になるためです。

このため、キーワード選定を間違えると、日々の活動が全て水の泡となってしまうため、キーワード選定は重要です。

SEOキーワードとは

SEOキーワード

メインキーワード(サイト全体用)

サイト全体で上位表示を目指すキーワードのことです。

大体は案件名がメインキーワードになることが多く、通常、シングルワードまたはビッグワードが選択されます(例:「格安SIM」「看護師 転職」)。

メインキーワードは単体では検索意図が複数存在するものがほとんどです。やや抽象的で、検索意図を完全に特定できないワードになります。

参考:検索意図とは?

サブキーワード(ページ用)

  • メインキーワードを含む2語以上のキーワードで、検索意図が特定できるもの
  • メインキーワードに近い類義語で同じく2語以上のキーワードで検索意図が特定できるもの

などをサブキーワードといいます。検索意図が特定できるため、通常はサブキーワード毎にページを作成します。

メインキーワードを選定するコツ

メインキーワードの選定にあたっては下記に気を付けるのがコツです。

  • サイトの目的にあったキーワード
  • ユーザーが知っているキーワード
  • 検索ボリュームが一定数以上のキーワード

目的(案件)に合っていること

メインキーワードは目的を考慮したものを選定するべき

「ランドセル」についてのサイトを作るのに、「おせち」のキーワードを設定しても意味がないですよね。

通常ここを大きく外す人はいないのですが、目的違いで設定してしまうことはよくあります。

例えば「ランドセル」でアフィリエイトなら「ランドセル 比較」とか「ランドセル おすすめ」にしておくべきところを「ランドセル 販売」のようにしてしまうなどです。

「ランドセル 販売」にしてしまうと、販売している店舗の方が上位にくるようになってしまいます。アフィリエイトサイトでは直接販売をしていないので通常このようなワードだと販売店を差し置いて上位に表示されることはまずありません。

メインキーワードの選定にあたっては、サイトの目的を考慮したキーワードを設定しましょう

ユーザーが知っているキーワードであること

例えば「格安SIM」の場合、ユーザーによっては「MVNO」としたり本体のことを指す「格安スマホ」と検索するかもしれません。

他にも「動画配信サービス」のなら「VOD」としたり、「動画サービス」としたり、下手をすると「動画共有サービス」と検索するユーザーもいるかもしれません。

案外この点は見逃しがちです。

メインキーワードの選定にあたっては、ユーザーが知っているキーワードを選ぶようにしましょう。

一定数以上の検索ボリュームがあること

検索ボリュームは集客の母数となります。

そのため、検索ボリュームが一定数以上ないキーワードを選んでも十分な集客を得られません。

メインキーワードの選定にあたっては、最低でも月に1万回以上検索されるキーワードを選ぶようにしましょう。

ただし、落とし穴もあって、大きすぎるキーワードを選んでしまっても逆に失敗します。上位表示されるまでに時間がかかりすぎるためです。

参考:検索ボリュームの調べ方

サブキーワードを選定するコツ

サブキーワードとはメインキーワードと親子関係を持つ検索意図が特定できるキーワードのことです。

選定というより、どちらかといえば「抽出」の方が近くなります。

サジェストワード(ラッコキーワードで抽出)

ラッコキーワードで抽出する

Googleで検索する際、1語でも入力すると、検索ワードの候補が表示されます。

これがサジェストワードといわれるものです。

サジェストワードを取得するための専用のツールがありますので、それを利用すればOKです。

同様のツールは多いのですが、「ラッコキーワード」が最も使いやすいです。

メインキーワードを選定したら、ラッコキーワードでサジェストの一覧を取得しましょう。

類義語・同意語(キーワードプランナーで抽出)

キーワードプランナーで候補を抽出する

ユーザーが知っているキーワードは一つであるとは限りません。

類義語や同意語を検索してくる場合があるので、合わせて選定し、同じくサジェストワードをお取得しておきましょう。

例えば「格安SIM」に対する「MVNO」・「格安スマホ」、「SEO対策」に対する「SEO最適化」、「宅配弁当」に対する「冷凍弁当」「宅食」などです。

類義語はキーワードプランナーを使うと見つけることができます。

キーワードのグルーピング

ラッコキーワードとキーワードプランナーを使って抽出したキーワードはエクセルなどを使って一覧を作成し、グルーピングを行います。

例:安い〇〇を手に入れたい時に使うキーワードをまとめる

  • 〇〇 格安
  • 〇〇 安い
  • 〇〇 値下げ
  • 〇〇 コスパ

キーワード数にもよりますが、1つのサイトで100個近いグループが出来上がるはずです。グルーピングするといっても1つのキーワードしか出てこない場合もあります。

各グループにたくさんワードがある場合は、その中で最もよく言い表しているか、検索ボリュームの多いワードをグループ内の代表ワードとします。

グループの代表ワードがサブワードです。

≫ 参考:キーワードの抽出から記事リストを作る手順【56枚の図で完全解説】

キーワード選定をサイト運営に活かす方法

商標ワードは広告主が取れないワードに注力する

商標ワードとは、広告主がアフィリエイトで売りたい商品の名称のことです。

格安SIMであれば「UQモバイル」とか「マイネオ」が商標キーワードになります。

キーワードの選定において、商標ワードが出てくることは当然多いです。

  • マイネオ 価格
  • UQモバイル 口コミ

例えば、上記であれば、「マイネオ 価格」は注力してもあまり意味がありません。

というのも、公式サイトを見ればすぐにわかることですし、ユーザーの検索意図もマイネオの価格が掲載している公式サイトを見たい、になるためです。

商標ワードのうち、GOクエリになっているものは改めてページを割く必要はなく、対策を取りたい場合は、「格安SIM 価格」のようなキーワードの中で触れるようにすればOKです。

逆に、商標ワードのうち、広告主が自社のサイトで取り扱いにくいページがあります。

  • レビュー・口コミ → 自作自演を疑われるため
  • 他社比較 → 他社名をバイネームで批判するような形になるため

上記のようなコンテンツは広告主が作成することができないため、歓迎されますし、公式サイトよりも上位に表示できることが多いです。

即答できるキーワードで記事を書かない

Googleは「アンサーボックス」や「強調スニペット」という仕組みを通じて、即答できる回答は検索結果画面で表示してしまうようになっています。

強調スニペットが表示される条件は様々ですが、「〇〇とは」のように言葉の定義に関する検索ワードなどで表示されやすいです。

アンサーボックス
「今日の天気」で検索した時に表示されるアンサーボックス
強調スニペット
「KGIとは」で検索した時に表示される強調スニペット

こういったキーワードで記事を書いても Google の検索結果画面から先に行かない可能性が高いのでわざわざ記事を書かなくても構いません。

類義語や同意語は1ページにまとめて重複コンテンツを防ぐ

類義語や同意語は、新たにページを作るのは避け、元のキーワードの記事内で説明文中に少し触れるにとどめておきます。

「格安SIM 比較」と「MVNO 比較」で別々の記事を書いても、中身はほぼ同じページになりますので、重複コンテンツになってしまう可能性が高いためです。

まとめ:キーワード選定は奥が深い

キーワードの選定は非常に奥が深いものです。

  • サイト設計
  • サイトのテーマ
  • ユーザーの検索リテラシー

こういったものを考慮して、尚且つ成果につながるキーワードを選びきるとなると結構色々なことを考えないといけません。

あまり考えすぎるとドツボにはまるので、まずはメインワードを決めて実践していく中で関連語を広げていったり、どのページでどのキーワードを対策するかのリライトをしながら成果の最大化を図るのがポイントです。

このページの内容(目次)
閉じる