ブログで使用可能なフリー素材・無料画像サービス一覧

ブログ用の画像って用意するのが大変ですよね・・。

そもそもなんで画像って入れなきゃいけないの?疑問に思う方も少なくないでしょう。

私もブログを始めた当初、アイキャッチ画像の必要性について、イマイチ理解できていませんでした。

しかし画像があるのとないのとでは大きな違い。離脱率が減り、CVRも高くなり、SEOでの順位改善もみられました

とはいえ、ブログに使う画像を全部手作りで作るのはさすがに難しいですよね。となると素材を使うことを考えると思いますが、有料サービスを使うとなると1枚数百円かかるようなケースも出てきます。

そこで、このページでは無料で使用可能な画像をダウンロードできるサイトを紹介します。

このページの内容(目次)

フリー素材とは

フリー素材とは、無料で使用できる「写真」や「イラスト」を指します。

フリーとはいっても著作者が使用権を認める範囲で使用可能で、公開しない個人的な使用のみ許可されていたり、加工が禁止されていたり、クレジットの表示が必要なこともあります。

使用にあたっては著作権などに十分に注意をしてご利用ください。

このページで紹介しているサイトは比較的使用にあたっての条件が緩やかなサイトが中心です。

ブログで使えるフリー素材をダウンロードできるサイト一覧

Pixabay

Pixabay
会員登録不要
商用利用可能
クレジット表示不要
加工可能
利用制限特になし
料金無料
日本語検索可能(英語推奨)
見つかりやすさやや見つけづらい

1900万点以上の高品質な画像素材があるため、一番最初に探してみることをお勧めしたいサービス

どちらかといえば、ピンポイントの解説画像のようなものを探すよりも、ページのテーマ全体を抽象的に表すようなイメージ画像を探すのに向いています。

文字ばかりになって読み疲れるところに挿絵を入れるような場合に使う画像なら良い画像を見つけることができるはずです。

≫ Pixabayでフリー素材を探す

イラストAC

イラストAC
会員登録必要
商用利用可能
クレジット表示不要
加工可能
利用制限無料会員の検索は1日5回まで
料金無料(有料会員あり)
日本語検索可能
見つけやすさ見つけやすいが量は少なめ

様々なタイプのイラストを探している場合におすすめのサービスです。

無料での利用はダウンロードできる回数や検索を行うことができる回数に制限があります。

比較的欲しい画像を見つけやすいのですが、全体的な量は少し少な目なので、込み入った画像というよりは大まかなイメージ画像といったものを探したい場合や、ダメ元で一回当たってみるという使い方になるはずです。

≫ イラストACでフリー素材を探す

いらすとや

いらすとや
会員登録不要
商用利用可能
クレジット表示不要
加工可能
利用制限1ページあたり20枚まで
料金無料
日本語検索可能
見つけやすさ見つけやすい

行事・イベント・感情など、様々なイラストがあります。

個人的にはイラスト系なら一番おすすめです。細かい内容のものまでそろっている上、日本人になじみがあって親しみやすいタッチなので。

どのイラストも「いらすとや」テイストなので、ページ単位で使用するイラストを全ていらすとやにすると統一感が出ます。

ただし、1ページにあたり、20枚までという制限があるのでご注意ください。通常であれば20枚以上になることはまず考えにくいはずです。

≫ いらすとやでフリー素材を探す

写真AC

会員登録必要
商用利用可能
クレジット表示不要
加工可能
利用制限無料会員の検索は1日5回まで
料金無料(有料会員あり)
日本語検索可能
見つけやすさ見つけやすい

ACシリーズの写真版です。

検索回数や、ダウンロード回数に制限がありますが、日本のサービスということもあって、検索時に意図したものが見つかりやすいです。

沢山の画像が必要でないならおすすめの写真素材サービスです。

有料会員になれば各種制限がなくなるのでより一層使いやすくなります。料金も1157円と圧倒的に安いです。

≫ 写真ACでフリー素材を探す

Unsplash

Unsplash
会員登録不要
商用利用可能
クレジット表示不要
加工可能
利用制限特になし
料金無料
日本語検索英語推奨
見つけやすさやや見つけにくい

美しい写真が多い素材サービスです。商用利用可能でクレジット表示も必要ありません。

ただ、日本語での検索結果はほぼ難しく、英語で検索することになるのでGoogle翻訳などで英語を調べて検索するといいです。

≫ Unsplashでフリー素材を探す

ぱくたそ

ぱくたそ
会員登録不要
商用利用可能
クレジット表示不要
加工可能
利用制限特になし
料金無料
日本語検索可能
見つけやすさ見つけやすい

ぱくたそは日本人モデルの多い素材サービスです。

モデル毎に素材がまとまっているので、同じモデルで様々な表情が欲しいという場合に重宝します。

≫ ぱくたそでフリー素材を探す

O-DAN

O-DAN
会員登録不要
商用利用可能
クレジット表示提供先毎
加工可能
利用制限特になし
料金無料
日本語検索可能
見つけやすさ見つけやすい

O-DANは文字通り、複数の素材サイトを横断して検索できるサービスです。

フリー素材の検索エンジンのようなものになっています。英語でしか探せないサービスでも日本語で探すことが可能なので便利なはず。

ただし、クレジット表示についてはダウンロード先のサービスに準じる形になっているので注意して使う必要があります。

≫ O-DANでフリー素材を横断検索する

その他の素材サイト

上記がイチオシのおすすめサイトですが、下記のサイトも便利です。上記サイトを一通り見て、欲しい画像が見つからなかったときに参照すると良いでしょう。

フリー素材を使う際に気を付けるべきこと

フリー素材は上記サイトから大体入手できるはずです。

実際に使う段階で気を付けておくべきポイントをまとめておきます。

個人利用と商用利用

個人利用個人が楽しむ範囲で使用する
商用利用営利目的で使用する

今回紹介したサイトは全て商用利用可ですが、フリー素材のサイトは有料素材サイトへのあっせん(リンクを貼って送客する)を収益源にしている場合があり、リンク先サイトでは商用利用が不可である場合があります。

もし商用利用NGの素材をサイトで使い続けると、掲載期間に応じてライセンス料を請求されることがあります(割と法外になることも・・)。

今回は画像でしたが、ウェブフォントなどは割と取り締まりが厳しく、とりわけ白舟書体などは頻繁に警告をサイト運営者に発してライセンス料金を支払うよう要求するようです。

注意する方法としては、

  • ライセンスや使用条件、クレジット表示についての記載を探す
  • フリー素材のサイト外に飛んでしまっていないか確認する

になります。特に違うドメインのサイトに飛んでしまっていないかを重点確認すればよいでしょう。

ダウンロードしたままの画像をそのまま使わない(圧縮する)

フリー素材だけでなく、有料素材のサイトでも同じことが言えますが、素材サイトからダウンロードできるデータは、印刷を加味しているものも少なくありません。

ブログで使う画像ならサイズで言えばせいぜい幅1000ピクセル以下ですが、ダウンロードしたばかりの画像だと3000ピクセル以上あるものが少なくなく、そのままで使うとむやみに重いデータをユーザーにダウンロードさせてしまうためSEO的にマイナスになりかねません。

ダウンロードした画像はそのまま使わず、Photoshop や といったソフトで減色し、TinyPNGなどでロスレス圧縮するなどして使用するようにしましょう。

フリー素材のデメリット

ひと昔前まで、フリー素材というと、質が悪く、使いにくい画像が中心でした。

最近では、有料素材に劣らないほど高品質な画像も増えており、ライセンスに気を付けていさえすれば便利に利用することができます。

とはいえ、フリー素材には以下のようなデメリットもあります。

  • 検索時に見つかる素材の質が有料素材に比べるとどうしてもショボい
  • 高品質な画像はやはり有料の方が多い(割と圧倒的に)
  • 無料で使えるため、多くの人が利用しており、かぶることが多い・差別化には不向き
  • ライセンスに注意が必要なのが精神的につらい

これをサクッと解決するには有料素材を使ってしまえば一発で解消可能です。

ですが、有料素材サービスだと、最安プランだと月々画像10点6000円(1点あたり600円)といった料金がかかるので、「めっちゃ高い!無理!」ですよね。

素材画像についての課題を整理すると下記のようになるのではないでしょうか。

有料素材とにかく高い。びっくりするほど。
無料素材良い画像が見つかりにくい。びっくりするほど。

少額(月1000円程度)であれば負担できる、という方であれば上記を解決できる方法があります。

それは、を使う方法です。

Canvaは無料で使用できるオンラインの画像作成ツール。

これを素材サイトとして使ってしまおうという方法です。

実はCanvaにはPro版にすると、7500万点のプレミアム画像(つまり有料素材)を使うことが可能です。

しかも、定額料金1500円(年払いなら1000円)で使い放題です。

写真は特に充実しており、検索してみると、Adobe StockやShutterstockでも提供されている全く同じ画像が出てくることもあります。

日本語での検索にもしっかり対応しているのでちょうどいい画像が見つかります。

検索エリアが狭く、検索条件を細かく指定できないため、有料素材サイトにはどうしても勝てませんが、フリー素材以上、有料素材以下くらいのラインナップではあるはずです。このあたりの落としどころを求めていた人も多いはず。

さらに30日間のトライアル期間が設定されているので、使ってみていまいちだったら解約すれば費用を請求されることもありません。

「編集機能付き素材サイト」として有効に利用できるかどうか試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

フリー素材サイトとしておすすめは以下の通りです。

いずれのサイトも商用利用可で、制限もないサイトが多いですが、著作権には十分注意しましょう。

フリー素材だと検索性やクオリティがあまりよくないが有料素材は高すぎると感じられているなら中間くらいに位置するを使ってみるのも手です。

このページの内容(目次)
閉じる