SEOで最重要なE-A-Tとは?高めるための対策と獲得までの流れ

SEOについて調べていくと必ず目にするのが「E-A-T」。

E-A-TはGoogleが名付けた造語で、コンテンツの評価方法の一部です。

  1. 専門性(Expertise)
  2. 権威性(Authoritativeness)
  3. 信頼性(Trustworthiness)

上記の3つの頭文字をつなげたものです。

Googleには検索評価品質ガイドラインがあり、その中でも重要性について触れられています。

For all other pages that have a beneficial purpose, the amount of expertise, authoritativeness, and trustworthiness (E-A-T)

is very important.

(有益な目的を持つ他のすべてのページについては、専門知識の量、信頼性、および信頼性(E-A-T)はとても重要です)

General Guidelines(英語・PDF)

上記の通り、E-A-Tを意識した記事の作成がページの評価を高める上で重要になっています(※評価方法であって、直接的なランキング要因ではないです)。

本記事の内容
  • E-A-Tとは何か、意味について
  • E-A-Tを高めるための方法
  • E-A-Tを獲得するまでの流れ
  • E-A-Tが重視されるに至った経緯

それでは順に説明していきますね。

このページの内容(目次)

E-A-Tとは?

E-A-TはGoogleが高品質なコンテンツであると判断する上で最重視している基準です。

これらの指標がなぜ重視されるようになったのか解説していきます。

専門性(Expertise)

専門性のイメージ

一つのテーマに対してどれだけ詳しく紹介しているか、というのが専門性です。

ブログで言えば雑記ブログより特化ブログの方が専門性は高くなります。

幅広くテーマを扱っているけれども一般的な回答でしかないページよりも、多角的な角度から様々な考察を含むページの方がより多くの検索ニーズに適した回答を得られやすくなるため重視されています。

権威性(Authoritativeness)

権威性のイメージ

発信されている情報を書いたのが誰か、というのが権威性です。

例えば医療についてアドバイスをもらうとします。現役のお医者さんと通りすがりの一般人、どちらからアドバイスをもらいたいか、といわれたら断然お医者さんになりますよね。

検索結果であってもこれは同じで、ユーザーはどこの馬の骨ともわからない人の意見より、きちんと経験していたり専門の教育を受けた専門家の発信を見たいという観点から重視されるようになりました。

信頼性(Trustworthiness)

信頼性

発信されている情報を信じて大丈夫なのか、というのが信頼性です。

情報そのものの正確性といってもいいかもしれません。

情報を信頼するには裏付けが必要になったり、数値的な証明が必要になったりします。

検索結果画面というのはGoogleからユーザーへの提案になります。

あなたの調べている情報はこれですよね、と提案した内容に誤りがあると、安心して検索エンジンを使えませんよね。

このため、Googleは情報そのものの正確性や、信用に足る情報なのかどうかということを重視しています。

コンテンツによって求められるE-A-Tの度合いは異なる(YMYL領域は特に高い)

ウェブページは様々な内容について書かれています。

どの程度E-A-Tが重要かはトピックスによって異なっています。

We have very high Page Quality rating standards for YMYL pages because low quality YMYL pages could potentially negatively impact a person’s happiness, health, financial stability, or safety.

(低品質のYMYLページは、人の幸福、健康、経済的安定性、または安全性に悪影響を与える可能性があるため、YMYLページのページ品質評価基準は非常に高くなっています。)

General Guidelines(英語・PDF)

とりわけGoogleではYMYL(Your Money or Your Lifr)領域と言われる、「健康」や「お金」に関する意思決定にかかわるような情報に対してはE-A-Tを強く求められます。

  • 金融(クレジットカード・投資・保険などの情報)
  • 医療(健康・栄養・病気などの情報)
  • 法律(遺言書・離婚・裁判などの情報)
  • ニュース

といった人生に関わる情報に関するページでは特に高いE-A-Tを求められます。

E-A-Tを高める方法

コンテンツのE-A-Tを高める具体的な方法を次に解説します。

E:専門性の高め方

専門性を高める4つの方法

特化ブログにする

専門性を高めるのに適したブログ形態はやはり特化ブログです。

雑記ブログはどうしても内容がバラバラになるので、専門性を確保することが難しくなります。

ジャンルを特化させたブログ・ページを作るのが近道です

網羅性を高める

あるテーマについて記事を書く場合、ある程度の記事数がないとやはりその道のスペシャリストとは言えませんよね。

まずはテーマを深堀することから始めて徐々に発信者自信が専門家になれることを目指しましょう。

専門家に取材する

記事のテーマについて、そのテーマで専門家がいるようなら取材を申し込んでみるとのも一つの手段です。

なかなかそういった専門家がいないジャンルも多い上、コンタクト方法がすぐに見つかりづらい分、取材記事というのは専門性が高く評価される可能性が高いです。

一次情報を発信する

一次情報とは、自分自身の使用体験・レビュー・考えといった、伝聞ではない情報のことです。

例えば新しいiPhoneが出たといった情報を取り上げてもそれは二次情報ですが、iPhoneを使った感想やレビューといったものは一次情報となります。

作成する記事にはなるべく少しでもいいので一次情報が含まれるようにしましょう。

A:権威性の高め方

権威性を高める5つの方法

運営者名を開示し充実させる

情報を発信する時は、できるだけ発信者名(著者名や会社名)を添えるようにすると良いです。

また、運営者情報ページを作成し、プロフィールや実績を訴求し内容を充実化させるようにしましょう。

有益な情報を発信しつづけていくことで「この人が発信する内容は価値がありそうだ」と判断されるようになるといわれています。

被リンクを増やす

現在でも、被リンクはSEOにおいて重要であることには変わり有りません。

ただ、昔のように自作自演の被リンク構築は、そもそも無効化されている上、行き過ぎたものにはペナルティが発生するため、あくまで自然な形で被リンクをもらう必要があります。

被リンクをもらいやすい記事を企画したり、サイト名について言及しているページを見つけたらリンク張ってもらえるように依頼するなどでコツコツ増やしていきましょう。

サイテーションを獲得する

サイテーションとは、「言及」のことです。

サイト名・URL・作者名などについて言及されるようになるということです。

  • ブログなどの例として取り上げられる
  • 自ら運営しているSNSでブログのURLをツイートする
  • FAQサービスなどで参考URLを張る

といった方法で少しずつ自サイトがネット上で言及される量を増やしていくようにすると権威性に好影響があります。

Googleマイビジネスの活用

GoogleマイビジネスはGoogleマップなどに自分の店舗などを表示することができるサービスです。

Googleマイビジネスに登録することで、サイトに誘導することができるようになり、高評価になると実際のビジネスとしても約に立ちます。

指名検索を増やす

サイテーションと似ていますが、Google検索で自サイト名で検索されることを指名検索といいます。

サイト名を覚えるほど有益な情報が発信されているサイトと言う形になるので指名検索が多くなれば権威性が高まっていきます。

T:信頼性の高め方

信頼性を高める6つの方法

信頼性の高いサイトから引用する

ウェブサイトの情報は何も100%自分の言葉で書くばかりではありません。

このページでもGoogleの検索品質のガイドラインにリンクを張っているように、信頼性が高いリソースを引用した記事は信頼性が高いとみなされがちです。

whois情報の公開

whois情報とは、ドメインの取得時に決められるもので、取得者名や住所の情報などを公開します。

完全に匿名の状態に比べれば信頼性が高い状態と言えるでしょう。

SSL対応(https://化)

ユーザーがサイトに接続する際に使用する接続方法の一つで通信内容を暗号化するのがSSL接続です。通常のURLはhttp://ですが、SSL化した接続方法はhttps://となります。

SSL対応は現在必須であり、SSL化できていないとブラウザ側で本当にアクセスするか聞いてくるため、信頼性にも関わりますが、それ以前に必ず対応しておいたほうがいいですね。

公開日・更新日の両方を表示する

記事ページの公開にあたっては、公開した日と最終更新日を表示するようにしましょう。

記事の信頼性の指標の一つに、このページがいつ作られ、最終更新日がいつであったかという点も重視されます。

特に時事性の高い記事などでは日付が重要になります。

記事を常に最新の状態に保つ

サイト上の記事はできるだけ最新の状態を保たれているのが理想的です。

特に見出しに〇〇年〇月のように最新の日付が入っているようなページは忘れずに更新するようにしてください。

E-A-Tを獲得するまでの具体的な流れ

ウェブページがE-A-Tが高い状態になるまでの基本の流れについて解説していきます。

専門性を高める前には網羅性が必要

専門家というのは多くの知識があり、経験も豊富という状態の人のことですよね。

  • 既に専門的な知識や経験がある人なら、そのことをGoogleに伝えるために記事が必要
  • ゼロから始めた人なら、網羅性を高める過程で専門知識を身につけていく

ということになるため、どのような人であっても専門性が高い状態であるとGoogleに伝えるにはまずは多くの記事を作る必要があります。

多くの情報を持つとこれまでにない切り口が見つかり専門性が高まる

記事を多く作っていく中で、たとえゼロから始めたとしても一定の知識が得られる状態になるはずです。

習得した知識が増えるにつれ、競合他社が発信していない、これまでにない切り口(まとめ方)が見つかることが多くなります。

それらを発信すれば、知識があるからできた独自の情報(一次情報)になるため、さらに専門性が高まります。

専門性の高い記事が増えていくとそのトピックスでの権威を獲得できる

網羅性を高め、そういった独自性の高い一次情報を多く含んだサイトが増えてくると、徐々にユーザーの体験に変化が生まれます。

あれ、この前もこのサイトに来たな

あれれ・・またこのサイトだ。なんていう名前なんだっけ?
ブックマークしておこうかな

上記のような経験はないでしょうか?一つのことを繰り返し調べていくうちに、以前訪問したサイトに再度別のページで訪問するというユーザーが増えてくると、〇〇と言えばこのサイト、という状態が生まれやすくなります。これが権威性です

〇〇と言えばに名が上がるようになると信頼を獲得できる

権威性が徐々に生まれ始めると、やがて

このサイトに書いてあることなら大丈夫だ、信頼できる

という状態となり、信頼性を獲得することができるようになります。

E-A-Tは実は獲得の順序にもなっています。E-A-Tの前に、

  • Comprehensiveness(網羅性)
  • Uniqueness(独自性)

を重視していくと、自然な流れでE-A-Tを獲得することができます。

E-A-Tが重視されるようになった背景

最後に、GoogleがE-A-Tを品質の評価基準として重要視するようになった背景について解説しておきます。

低品質な記事の量産による検索離れ

検索エンジンとコンテンツの変化

2000年代まではGoogleは記事の品質を判断することができず、判断基準としてキーワードの詰め込みや検索エンジンにだけ見える隠しテキストが横行しました。

2010年代に入ると被リンク重視の評価方法になり、自作自演でも何でも被リンクさえつければ上位に表示されるようになりました。

SEO対策がなされた低品質な記事で上位が埋め尽くされてしまうと、

  • 検索しても課題が解決しない
  • 検索しても欲しいページが見つからない

という状態になるので検索エンジンの利用が減ってしまうことになります。

Googleの収益源は広告収入であるため、検索結果の広告がクリックされなくなると収益が下がってしまうことになります。

そこでE-A-Tの概念や検索意図を重視されるようになり、発信者側で対策可能なSEOの施策はほとんど何も効かない状態になりました。

現在はコンテンツの質も各段に改善されましたが、一定以上の質の高い記事が増えすぎてしまい、コンテンツが飽和している状況です。

ページとユーザー行動の分析力が向上

Googleもページやユーザーの行動を分析する能力が向上し、ランキングに使われるようになってきています。

この結果、検索結果はコントロールするものというところから、コンテンツでしのぎを削るものとなり、以前にもまして検索ユーザーのニーズを満たすことができるようになりました。

反面、サイトの運営者にとっては、短時間で誰でも作成できるようなページは既存のページと差別化ができないため、上位表示を行うことが難しくなってきています。

補足:ブログはオワコンの本質的な意味

「ブログはオワコン」という言葉をご存知と思います。

現在はコンテンツが飽和してしまっており、加えてドメインパワーがあり、信頼性が個人に比べて格段に高い企業が自社メディアを作る傾向が高まってきたため、以前のように、「簡単に稼げなくなった」というのがブログはオワコンの本質的な意味です。

現在でも、ブログで稼ぐことは可能ですが、以前に比べて難易度(SEOでの上位表示)は確実に上がっています。

まとめ:まずはしきい値を超えるだけの網羅性から始めよう

どんなジャンルであっても、専門性が高いとみなされるには、それなりの記事量が必要です。

「四の五の言わずまずは100記事かけ」、というのは、専門性がある程度高いといわれるしきい値が100記事を超えれば大抵のジャンルでは超えるため、アクセスがつき始めることに起因します。

ジャンルによっては20記事で十分であったり、200記事書いても不十分であることもありますが、競合サイトが何記事くらい書いているかの平均を見れば概ね必要な網羅性はわかるはずです。

SEOで上位表示を実現するためには、まずはそのしきい値を超えるだけの網羅性の確保から始めましょう。

このページの内容(目次)
閉じる