ブログ収益を爆上げするCTAとは?【読了→離脱から読了→購入へ】

ブログで収益を上げるには、広告収入を得られるようにする必要があります。

広告収入を得るには、まずは広告リンクがクリックされないことには始まりません

広告がクリックされやすくするためのものがCTA(Call To Action)です。

本記事では、CTAの種類や成約につながるためのテクニックについて解説します。

効果的にCTAを使い、成約数を増やしましょう。

このページの内容(目次)

CTAとは?(Call To Action)

CTAとはCall To Actionの略で、直訳すると「行動喚起」となります。

ブログ記事を書いたら、読者に読んでもらいたいですよね。

でも、読んでもらうことは手段であって、目的ではないはずです。読了後にとってほしい行動があるはずです。

  • 広告をクリックしてほしい
  • メルマガに登録してほしい
  • SNSでシェアしてほしい
  • コメントを記入してほしい
  • 関連記事を読んでほしい
  • 資料請求をしてほしい
  • 見積依頼をしてほしい
  • 無料トライアルに登録してほしい

例えば上記のような取ってほしい行動があった時に、スムーズに行動を促すのがCTAです。

CTAが重要な理由:実はSEO

読者の悩みを解決する記事を書き、実際に読んでくれても最終的にユーザーが行動しないと悩みは解決に至りません。

悩みが解決できない記事に価値はあるでしょうか。もちろん、ないですよね。

価値のない記事は当然、多くのユーザーは求めていないため、SEOにおいても上位表示するに足りないページということになります。

適切なCTAが設置され、実際にユーザーの悩みを解決する手段を提示することはSEO対策でもあります。

CTAが特に有効な場所は記事が終わった直後

CTAが有効な場所は記事内容が終わった直後です。

悩みについて知りたいと思って検索をし、実際に悩みを解決する方法を記事で読んで理解した、具体的に解決に向けて行動しようという意識が最も高まっているのが「記事下」といわれる記事が終わった場所になります。

この時にそっと後押しすれば読者は運営者の望んだ行動をとってくれやすくなります。

「そっと後押し」する方法には次のようなものがあります。

CTAの種類

  • テキストリンク
  • バナー・ボタン
  • シェアボタン
  • カートに入れるボタン
  • 問い合わせボタン
  • お見積りボタン
  • 資料請求ボタン
  • 会員登録ボタン
  • メルマガやサイトの購読ボタン

ほとんどのCTAはバナーやボタンの形状を取ることが多いのですが、通常のテキストリンクも立派なCTAの一つです。

また、スクロール量や滞在時間に合わせて画面外からスライドインしてくるインタースティシャル型と言われるタイプのものも増えてきました。

場所についても記事下だけでなく、目次の直下・文中・ヘッダ・サイドバーなどにも設置されます。

CTAの効果を高める7つのテクニック

目に留まること(埋没しない)

CTAで最も重要なことは、本文に埋没したりせずに読者の目に留まることです。

PCの画面では記事下にだけ設置したとしても、画面の小さいスマホでは見出し毎に設置するなど、目に入る・目に留まらない限りクリック・タップされることはないので目に留まる工夫が重要です。

クリックできることを明確にする

CTAはイメージ画像のように、クリックできないもののような外見ではいけません。

クリッカブル(クリックできる)なことがハッキリと認識できるデザインにしておくため、ボタンの形状を取ることが大半です。

何が得られるか明確にする

クリックして何が得られるのか、どんなメリットがあるのか不明確なCTAはクリックされにくいため、何を得られるのかを明確にしておく必要があります。

アクセシビリティの概念の一つに「予測可能」というものがあります。

CTAだけでなく、通常のテキストリンクにも言えることですが、クリックした先に何があるのかを事前にわかるようにしておくことが重要です。

コンテンツとの関連性が高い方が良い

記事下に設置したCTAが最も効果が高い理由は、ひと段落したタイミングであるのと、記事本文で課題の解決方法を伝えた上、その解決方法としてこの商品を購入すればよい、という話にもっていきやすいからです。

コンテンツで重要性や必要性を語った上、CTAを具体的な方法に設定しておくとクリックされやすくなります。

記事表示の邪魔をしないこと(クリックのタイミングの主導権は読者にゆだねる)

クリックしてほしいがために、CTAのバナーやボタンをいたるところに設置したり、画面を突如占拠してはいけません。

クリックするのはあくまで読者なので、読者がクリックしてもいいと思えるタイミングにスッと出すようにする方が誤クリックを防ぎ、成約してもらいやすくなります。

1か所につき、1つのCTAに絞ること

記事下に設置するCTAはあまり多くの種類を置くべきではありません。一番してほしいことだけに集中できるようにしておく方がクリック率が高まります。

ありがちな例として、記事下にSNSのシェアボタン・コメント欄・関連記事・広告リンクを全部まとめて並べ切ってしまうこと。

どうしても記事下はCTAが集中しがちなので、十分な間隔を取り、あれもこれもとならないように配慮するようにしましょう。

まとめて並べてもユーザーは全部クリックしてくれません。

ボタンにはマイクロコピーを設置する

\ 登録月は無料 /

マイクロコピーとは、上記のようにボタンの上にある短いテキストのことです。

短いテキストは、簡単にできることや、無料出始められるなど、敷居を下げるための言葉を入れます。

こうすることで、「本当に登録しても大丈夫かな」と思っていても「それならまあ大丈夫か」と安心してクリックする気に変える効果があります。

ボタンよりテキストリンクの方がクリックされやすい理由

CTAはボタンやバナーといった、目立つものが使われます。

目に留まるようにするためです。

ですが、実際にアフィリエイトリンクを設置してみるとわかるのですが、案外テキストリンクの方がよくクリックされることが多いことに気づくはずです。

この理由は以下によるものと思われます。

ボタンの意味は「決意」

PC操作において、ボタンは何かを「実行」したり、「決意」したり、「決断」する場面でクリックします。

一旦自分の中で承認し、了解しているから押せるのがボタンになります。

広告リンクをボタンで設置する場合、この「決意」や「決断」、「了承」や「了解」をしたことになるため、心理的なハードルが上がります。

一方、一旦自分の中では受け入れているため、ボタンリンクからの成約は比較的高くなります。

テキストリンクの意味は「参照」

ボタンとは対照的に、テキストリンクは通常、画面の「遷移」の際にクリック・タップします。

広告リンクがテキストリンクで設置されていた場合、単純に興味があるだけの状態でも気軽に押しやすくなります

一方まだ買う・申し込むと決断したわけではないため、成約率はボタンに比べるとやや下がる傾向があります。

ただし、遷移先である広告主サイトが十分魅力的なLPを作っていれば、成約する可能性も高まります。

アフィリエイトの商品選びのポイントの一つとして、LPがしっかり作りこまれているかどうかが重要なのはこういったことからです。

まとめ:まずは広告のリンクがクリックされることを最優先に考える

ブログで収益を上げるには、2つの母数を高めることが大事です。

一つは全体の基盤となる母数である「訪問者数」、もう一つは成約のきっかけの母数となる「広告リンクのクリック数」です。

アフィリエイト広告の大半は成約までのCookie有効期間が設定されており、広告リンクを踏んでから一定の期間は当日中に成約しなくても、成果が発生するようになっています。

つまり、広告リンクは「何はともあれクリックされておいて損はない」のです。

CTAをうまく活用し、広告リンクを多くクリックされるようにするのが収益UPの基本です。

このページの内容(目次)
閉じる