質の高いコンテンツとは何か?作成方法について解説【SEO】

SEOで上位表示を目指す際に、必ずと言っていいほど目にする「質の高いコンテンツを作りましょう」という言葉。

しかしこれ、「質の高いコンテンツ」がどういったものなのかについては答えが提示されていません

やや抽象的に「ユーザーの質問に答えるコンテンツ」といった感じの説明がありますが、これでは具体的に何をすればいいのかイマイチわからないですよね。

本記事では、抽象的な「質の高いコンテンツ」について、もう少し補足説明をくわえます。

本記事を読んで、そのヒントが見つかれば幸いです。

このページの内容(目次)

SEOでの上位表示において、質の高いコンテンツは必要条件

質の高いコンテンツは上位表示の必要条件

検索結果をして上位に表示されている記事は、どれも検索ワードに対する検索意図に応えたものであるとGoogleが判断している記事です。

検索意図に応えた記事はこれです、とユーザーに提示し、実際にユーザーがそうであると認めないと、Googleは仕事をしたことになりません。

このため、様々な指標を用い、Googleが提示した記事が実際にユーザーの課題を解決できているかを測るアルゴリズムを多数導入しています。

質の高いコンテンツとは、一言で言えばユーザーの悩み・疑問・質問・課題を解消するコンテンツのことであり、上位表示には必須条件です。

Googleからのアドバイスをよく確認する

Googleは質の高いコンテンツについて、いくつかアドバイスをウェブマスターに伝えています。

質の低い状態は開示されている

Googleのウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)には、下記のようなコンテンツを作らないよう呼びかけています。

全部ずらっと並べられた状態ですので、もう少し細分化してみました。

明らかに質が悪いとみなせるコンテンツ

・自動生成されたコンテンツ
・オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
・無断複製されたコンテンツ
・十分な付加価値のないアフィリエイト サイト

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

特に最後の付加価値のないアフィリエイトサイトと言うのは気になると思います。

さらに詳しい情報がこちらのページで公開されています。

ASPが提供している情報以上のことを何ら提供していないサイトを「付加価値がない」とみなすようです。付加価値というのは、実際に商品を使ってみたレビューや、他のアフィリエイターも気づいていなかったような商品のメリットやデメリット、広告主のサイトでは扱いにくい口コミ情報や他社との比較といったコンテンツが用意されるべきです。

ユーザーをだますようなコンテンツ

・クローキング
・不正なリダイレクト
・隠しテキストや隠しリンク
・誘導ページ
・フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

単純に悪意をもって読者を攻撃しようとしているサイトですね。

善良な目的で運営しているサイトならこれに引っ掛かることはないでしょう。

Googleをだますようなコンテンツ

・リンク プログラムへの参加
・ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
・構造化データのマークアップの悪用
・Google への自動化されたクエリの送信

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

SEOを攻略ゲームか何かと勘違いしないことです。

SEOは最適化するものであって、攻略するものではありません。

古いSEOをして実績を出していた経験を持つ人は特にこの点がなかなか受け入れられず、相変わらず自演の被リンクやキーワード比率が・・といったことにこだわるのですが、ユーザーの方向を向いていないことは全て無意味です。

質の高いコンテンツになっているかのチェックポイントがアドバイスされている

ガイドライン化されているわけではありませんが、質の高いコンテンツになっているかどうかのチェックポイントがウェブマスター向け公式ブログにて2012年に公開され、アドバイスされています。

こちらもズラッと並んでいるだけなので、もう少し細分化してみました。

信頼性がある記事が質が高い

・あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
・あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
・サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
・このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
・健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
・このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?
・記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
・ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
・このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?

ウェブマスター向け公式ブログ

独自性の高い記事が品質が高い

・サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
・この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
・同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?

ウェブマスター向け公式ブログ

専門性が高い記事が品質が高い

・この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
・この記事は物事の両面をとらえているか?
・記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
・記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
・記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?

ウェブマスター向け公式ブログ

読みやすい記事が品質が高い

・この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
・コンテンツはきちんと品質管理されているか?
・記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
・ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
・記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
・多くのサイトにコンテンツが分散されている
・コンテンツが外注などにより量産されている

ウェブマスター向け公式ブログ

上記のようにアドバイスされています。

すべての項目を満たすことは難しいかもしれませんが、可能な限りOKと答えられるようにしておきたいものです。

SEOにおける、E-A-Tの概念とそっくりですね。E-A-Tを意識した記事作成自体が質が高いとされているということでもあります。

コンテンツの種類はテキストだけではない

質の高いコンテンツがどういったものであるかを補足する前に、そもそもコンテンツの種類に何があるのか知っておきましょう。

質の高いコンテンツとは?

質の高いコンテンツとは

具体的に質の高いコンテンツとはどのようなものかを次に上げていきます。

検索者の疑問や悩みを解決している

検索で行ったキーワードに対する答えが記載されている記事が質が高いコンテンツになります。

検索者の疑問は、即答できるものもあれば、参考意見を知りたいと思うものまで様々です。質問者が知りたいことが何で、どう答えれば解決するのか考え抜かれたコンテンツが質が高いといえます。

ここにしかない情報である(一次情報)

既に世の中に存在する情報であったのか、初めて公開された情報なのかだと考えて差し障りありません。

どこにでもある情報を後から発信してもそのページを上位に表示する必要性はありません。

他者が複製できない情報である(オリジナルの情報)

一次情報であることとを満たしたうえで重要になるのが、コンテンツの流用性です。

他のサイトの記事でも簡単に複製できてしまうコンテンツよりも、このサイトだから言えた情報の方が価値が高い状態になります。

簡単に作れない情報(作るのにかなり苦労する)

一例をあげると下記のようなものは短時間では作れなかったり、特定の条件が揃わないと作れず、独自性も専門性も上がるコンテンツの例です。

  • ジャンル全体を知っていなければ作れないフローチャート
  • 複数条件を掛け合わせた絞り込み検索機能
  • 専門家にインタビューした記事
  • Twitterやサイト上でアンケートを行ったレポート記事
  • 難解な内容を簡単に理解できるのを助ける漫画

根拠があり、きちんと検証されている

記載されている内容が一般事実ではなく個人見解を含むとき、主張や仮設がきちんと検証されていて間違いがない・根拠があり説得力がある、というコンテンツの方が質が高い状態になります。

全ての情報を漏れなく網羅できている

一つのテーマについて語る際、重要なことが抜け漏れていたりすると片手落ちとなってしまいます。

そのテーマについて必要なことは全て網羅されている状態が望ましいです。

多くの人が読み、シェアし、参照している

記事への被リンクや、SNSでの拡散が行われるなど、多くの人が読んでいる記事はそれだけ信頼性も高く効果も高いとみなされます。

読了後に行動変容する

記事を読み終えた後、読者の行動を変えることができる記事は質が高くなる傾向があります。

サービスを利用し始める・商品を購入する・さらに細かな情報までセット閲覧するなど読了後に何かしら行動変容があるような内容は記事の質が高いと言えます。

読みやすさに対して工夫されている

どんなにいいことが書かれていても、読みにくい記事はネットでは読まれない傾向があります。

読み疲れ・飽きないような装飾の工夫がされている記事は滞在時間が長くなりSEOにも有利になります。

コンテンツの質が高いとエンゲージメントが高くなる

エンゲージメント

エンゲージメントとは反応

エンゲージメントという言葉はあまり知られていない言葉ですが、本来の意味だと「愛着」を指しますが、ブログやTwitterの場合は「反応」だと思って構いません。

人は「理解」をしただけではなかなか動けるものではありません。

質の高いコンテンツに接し、「共感」したり「納得」したりすると、具体的な行動に起こし、「反応」となって現れます。

ブログにおけるエンゲージメントとは

  • 滞在時間が長くなる
  • 直帰率が低下する
  • 記事にコメントがつく
  • ブログ経由でTwitterをフォローする
  • 広告リンクをクリックする

といった形になって現れます。

このうち、特に重要視するべきは直帰率の低下です。

GAでは、ランディングしたページから、次のページに遷移しないアクセスは全て直帰とみなされます。

例えば1ページ目だけ10分にわたってじっくり見て、満足してサイトを去っても直帰にカウントされます。2ページ目に行くことで初めて滞在時間がつき、直帰ではないと判定されます(2ページ間の引き算で算出している)。

また、直帰アクセスはGA上では滞在時間は0秒になります。ページの中で滞在時間が0秒と表示されるページが出てくるのはそのせいです。

直帰率が低下すると(巡回すると)、自然と滞在時間が長く計測されます。巡回するのは、ランディングしたページの内容が十分役に立ち、別のページもみてみようという気にさせることができたからです。

よって、直帰率を質の良いコンテンツになっているかどうかのバロメーターとして使ってみると良いでしょう(ただし十分役に立ったとして満足して帰っていく場合があるので絶対視してはいけません)。

質の高いコンテンツの書き方は読者への「約束」

ユーザーとの約束

具体的なハウツーではなく、マインド部分になります。

必ず解決してみせます、と宣言できるか?

運営しているブログの各記事で、「必ず解決してみせます」と宣言できる記事は何記事あるでしょうか?

もし、大半のページでそう宣言できない状態なのであれば、宣言できるレベルに質を上げていくべきです。

小さな約束の履行の積み重ねがエンゲージメントを拡大する

ブランドがブランドたるゆえんは、ブランドプロミスというブランドが履行する約束を果たせているからです。

ブランドたらしめる品質・価値を消費者に約束しているのです。ルイ・ヴィトンのバッグはこじ開けられない頑丈な錠前がついていました。ルイ・ヴィトンのバッグなら、盗まれてもこじ開けられないということを約束しているのです。

エンゲージメントが一定量を超えるとブランドになる

どんなブログであっても、読者の悩みを必ず解決する、という約束をすることは可能なはずです。堂々と訪問者に見せてもいいですし、運営上のポリシーとして胸にしまっておいても構いません。

このテーマについて、必ず悩みを解決する、という小さな約束の積み重ねは、やがて信頼につながり、一種のブランドとなっていきます。

SEOでは信頼性が重視されるようになりましたが、どんなサイトも一朝一夕で信頼性を勝ち得たわけではありません。

小さなエンゲージメントの積み上げが信頼性を醸成していったのです。

質の高いコンテンツを作るための工夫例

  1. 図を順に眺めていくだけでも内容の大筋が理解できるように、図解を工夫する
  2. 見出しだけを読んでも内容が理解できるように、構成を工夫する
  3. ランキングコンテンツを設置する
  4. 比較コンテンツを設置する
  5. 絞り込み検索機能を導入する
  6. 気軽に質問ができるお悩み掲示板を設置する
  7. オフラインでも利用できるダウンロードコンテンツを用意する
  8. ブログ(テキスト)の解説に加え、動画の説明コンテンツも用意する
  9. 英数字は半角で統一する・半角文字の前後に半角スペースを作り読みやすさを工夫する
  10. アンケートを設置し、回答したら他のユーザーの回答結果を見ることができるようにする
  11. フローチャートを設置する

まとめ:小さなことからコツコツと

質の高いコンテンツは、概念も抽象的なことから、なかなか作ろうとして作れるものではないかもしれません。

ですが、たとえ少しずつであっても、小さい約束を守り続けることがポイントです。

このページの内容(目次)
閉じる