【適正診断つき】ブログに向いている人の特徴は?向き不向きを解説

ブログを書いてもなかなかアクセスが増えない・アクセスがあるのに収益が増えない、という状態が続くと、「やっぱり自分はブログには向いていないのではないか」とあきらめてしまいそうになりますよね。

ブログをこれから始める人なら自分がブログに向いているかどうか不安に感じる方もいらっしゃることでしょう。

ブログを運営するにあたって、性格や適性といったものが全く関係ないとは言いません。

ただ、適正の有無と行動や意識とは別物です。

現状とは行動の結果であり、現状を変えたければ行動を変えれば済むのです。

適正があるとするなら、それはほんのちょっとだけ近道ができるかもしれない、という程度のことです。

本記事では、ブログの適正についての解説と、自分の特性を知った上でどのように行動を変えていけば結果(=現状)を変えられるか解説します。

このページの内容(目次)

ブログに向いている人の特徴

ブログに向いている人・適正のある人

例えばガラガラの声の人が声優になりたい!といっても多分無理ですよね。声優になるには美しい声という必要条件を満たさないといけないからです。

ブログに関して言えば、この必要条件にあたるものはありません。誰でも発信できますので・・

ブログに向いている人、というのは「加点要素がある人」です。

加点要素のある人だと、ない人に比べれば結果が出るまでの期間が多少短く済みます。

ただ、絶対的な必要条件ではなく、あくまで十分条件であり、単に加点要素でしかありません。

といっても自分がどのくらい向いているのかは何かしら指標が欲しいですよね。ということで簡単な診断テストを用意してみました。

まずは診断テストをどうぞ(20項目)

チェックボックスをつけていくだけの簡単な診断テストです。

わからないことがあっても自分で調べるなどして最終的には解決できる
試行錯誤をすることができる
原因を考えるのが好き
逆算で物事を考えるのが得意
数字を追うのが得意・見るのが苦手ではない
人に教えるのは得意な方だ
本質を考えるのが好き
要約することが得意
人よりも詳しい分野がある・趣味の幅がひろい
喜んでもらうことが好き
自分のことを知ってもらいたい・認められたい
一人でいるのが好きだ
長時間作業をすることが苦手ではない(忍耐力・集中力がある)
言い訳せずに事実をまず受け入れることができる
あれこれ考えずにすぐ実行できる
くよくよ考えずにすぐに立ち直れる
週に最低1本以上の更新を1年以上継続している
SEOやWEBマーケティングを本業でも行っている
ウェブサーバーなどのIT関連知識が豊富だ
簡単な画像なら作成することができる・WEB制作の知識がある
合計 /100 点

どの程度できればチェックをするのかといった明確な基準もないので、「できてるはず」と思ったらチェックをしてしまってOKです。

便宜上100点満点になっていますが、点数が低くても悲観する必要はありません。チェックを入れることができる項目が多ければより有利に進められるという程度のことです。

各加点要素について、順に解説します。

能力的な加点要素

能力的にあると加点要素になるであろう項目です。

現状分析と対策を考える上で重要になる能力

現状分析と対策を考える上で重要になる能力
  • わからないことがあっても自分で調べるなどして最終的には解決できる
  • 試行錯誤をすることができる
  • 原因を考えるのが好き
  • 逆算で物事を考えるのが得意
  • 数字を追うのが得意・見るのが苦手ではない

ブログ運営の中で、アクセスが上がらない・収益が上がらない・思う様に作れない、といった悩みに遭遇するのは日常茶飯事です。

それら、発生した「課題」や「現状」を変えていく際には課題解決力や逆算思考、数字を読み解く力があると有利になります。

記事を作成する際にあるといい能力

記事を作成する際にあるといい能力
  • 人に教えるのは得意な方だ
  • 本質を考えるのが好き
  • 要約することが得意
  • 人よりも詳しい分野がある・趣味の幅がひろい

記事の作成時には人に教えるのが好き・得意な方が当然いいです。

また、発信する情報はきちんと読者に届く必要があります。

正確にすべてを伝える必要な場合もあれば、あえて不正確になったとしても大胆にそぎ落として伝えた方がより伝わりやすい場合もあります。

性格的な加点要素

性格的な加点要素
  • 喜んでもらうことが好き
  • 自分のことを知ってもらいたい・認められたい
  • 一人でいるのが好きだ
  • 長時間作業をすることが苦手ではない(忍耐力・集中力がある)
  • 言い訳せずに事実をまず受け入れることができる
  • あれこれ考えずにすぐ実行できる
  • くよくよ考えずにすぐに立ち直れる

主にモチベーションに関わる特徴です。

貢献したいという意思や、指摘されたことに一々食って掛かったりせずに素直に受け入れ改善につなげることができる人は伸びやすいです。

経験量・知識量による加点要素

  • 週に最低1本以上の更新を1年以上継続している
  • SEOやWEBマーケティングを本業でも行っている
  • ウェブサーバーなどのIT関連知識が豊富だ
  • 簡単な画像なら作成することができる・WEB制作の知識がある

経験や知識がある方が、全くのゼロから始めるよりもはるかにアドバンテージがありますよね。

ブログは専門的な知識も必要になるものですので、ゼロから始めるならそれなりに勉強も経験も必要です。

ブログに不向きな人の特徴

向いている人は特にないのですが、不向きな人は確実にあります。

ノウハウコレクター・実行しない人

実行しない人

ブログ運営に当たっては様々な疑問がわくものです。こうすればよいという絶対解がないので、色々調べながら進めていくしかありません。

調べる過程でせっかく良い情報を得られても実際に実行する人は1割もいないというのが現状です。

こういった実行しない人のことを世間では「ノウハウコレクター」っていいます。ノウハウを身に着けて満足するタイプです。

ブログに限らず、リアルの仕事上のスキル習得においても「保険型」の学習を行いがちな人で、知識を習得することで満足(安心)するタイプです。

辞める人

諦める人・やめる人

ブログはあきらめてやめない限り、必ず成功します。成功までにかかる時間が人によってまちまちなだけです。

ただ、成果がなかなか出ないと継続し続けることが困難なのも事実。すぐにやめてしまう人だと成功はできません。

楽して儲けたい思考の人

もしかしたら一番これが重要かもしれません。

簡単に儲かる、のような甘い言葉は誰だって気になりますし、それを得たいと思うものです。

日本人はあまり「苦労」や「苦悩」を語らないのか、実績のある人ほどあまりそれらを口にしません。

しかし裏には想像を絶する苦労・苦悩をしており、それらはほとんどの場合「努力」で補っていらっしゃいます。

ブログで収益を得たい場合、それはビジネスであり、ビジネスである以上どんなものであっても苦悩はあり、憂鬱なものです。

楽をしたいのと、儲けたいのとで、儲けたいの方が勝っているなら下記を読んでみるといい刺激になります。

書籍名
出版日2011年6月14日
著者見城 徹 (著), 藤田 晋 (著)
出版社講談社
ページ数242ページ
価格1,430円

ブログに向いていないと判断する前に

この記事をご覧の方は、大半の方が、〇〇できないのは向いていないからだ、と「思いたい」のではないでしょうか。

向いていないから仕方ない、と「できない」ことを肯定して「許し」を求めていらっしゃるのではないかと思います。

そもそも、知らず知らずのうちに自分に強い脅迫を与えていないでしょうか

例えば、〇〇ヶ月以内に〇〇円稼ぎたい、〇年以内に独立してブログ飯したい、といった感じで「時間」×「達成したいこと」を強く意識していて、現状と大きなギャップが生まれていることが「できない」「向いていない」と思い始めた原因になっていませんか?

あるいは、SNSやブログで収益報告を目にすることがあるはずですが、その人達と「比較」して、自分との間に大きなギャップがあることが原因になっているかもしれません。

ついつい、自分が向いていないと救いを求めて思いたくもなる気持ちも痛いほど理解できますが、それをしても解決には至りません。

課題の解決方法はシンプルでまず、言語化して原因を特定する→原因を分解して細かく分け、一つ一つ攻略していく、です。

マインド的なことですが、下記を実践してみると良いはずです。

  • 他人と比較するのをやめる
    収益報告などは、参考にしてもいいですが、あなたと同じジャンル・作業量・知識や能力のバックグラウンドが全く同じわけではないので差が出るのは当たり前です。あなた以上にできていない人も沢山います。
  • 前提を外す
    期限や期間を尺度にするのはあまり意味がありません。〇ヶ月以内にとか、〇年以内に、といった期限・期間など、自分を脅迫するような前提は一旦はずし、最終的に成し遂げたい状態に対して、現在どの程度まで進んでいるかを常に見るようにすると、「あれもできない」「これもできない」という思考から解放されて、「あれはできた」「これもできた」「ここまでできた」と肯定的な思考に変えられます。
  • わからないは原因ではなく状態
    アクセスアップの方法が「わからない」といったものは原因ではなく、状態を指します。わからない原因は情報不足です。わからない=できないというのは勘違い・思い込みです。何がわからないのか「言語化」し「分解(逆算)」すれば個別に対策をとれるはずです。

まとめ:自分の特性・性格を知る方法

ブログはやめない限り失敗はせず、継続していればいつかは成功できます。

ブログの向き不向きで自分が向いているのかどうかを知ることは良いことです。

自分の特徴や性格を知っておくと、対策を取ることができるからです。

これはブログに限らずリアルでも同じこと。

自分の個性を知るのに良い書籍があります。ちょっと胡散臭いタイトルですが、Amazonでもベストセラー1位になっている書籍です。

書籍名
出版日2017年4月13日
著者トム・ラス (著) 古屋博子 (翻訳)
出版社日本経済新聞出版
ページ数228ページ
価格1,980円
このページの内容(目次)
閉じる