SEOキーワードの効果的な入れ方【ブログの検索上位表示に必須】

上位表示を狙っているキーワードで検索しても全く検索結果に出てこない、というのは誰しも経験があることでしょう。

原因を究明する最初のアプローチとして、適切なキーワードの入れ方ができているか、があります。

ブログの執筆中はどうしても記事本文を書くことに意識をしすぎてしまうもの。

案外実はキーワードがほとんど入っていませんでした、ということも多いのです。

このページではキーワードを自然に入れるコツを解説します。

どこにどういう風に入れたら良いのかわかるようになるはずです。

このページの内容(目次)

キーワードを上位表示するにはGoogleが認識できるようにする必要がある

SEO対策として、検索上位に表示するためには、このページのキーワードが何かをGoogleが認識できるように設定しておく必要があります。

ウェブマスター向けガイドラインでも明記されている

Googleがウェブ運営者向けに公開しているガイドラインに以下が明記されています。

ユーザーがサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードを検討し、そのキーワードを実際にサイトに含めるようにします。

ウェブマスター向けガイドライン

ユーザーが実際に検索するキーワードを、ページ・サイトに含めてほしいと明言しているのです。

上位表示を行うためには、キーワードを記事の中に盛り込む必要があります。

Googleは様々な方法でキーワードとの関連性を判断している

Googleは様々な方法でページの情報を把握する

Googleがページのキーワードを判断する方法は様々なものがあります。

SEOの有名な例で、「出口」や「いいえ」で検索すると、1位来のはYahoo Japanです。

しかし実際のYahoo Japanには出口やいいえという文字は含まれておらず、それを意味する内容も皆無です。

にもかかわらず、1位になっている理由は、外部サイトからのリンクテキストに「出口」や「いいえ」が含まれていたからです。

アダルトサイトなどで、年齢確認ページを表示した際に「出口」や「いいえ」というアンカーテキストでYahooにリンクが張られていたため、上位に表示されるようになりました。

このように、仮にサイト内にそのページに適したキーワードが設定されていなくても、外部からのリンクなどからページが判断されている場合もあります。

Googleは様々な方法でページの適切な情報を収集するので、運営者自らもこのページが何のページであるかを遠慮せず、積極的に「明示」すれば良いのです。

SEOライティング:キーワードを入れるだけでは不十分

Googleは機械なので、何らかのシグナルをもとにページにふさわしいキーワードを判断します。

そのためページには狙っているキーワードを積極的に入れていくべき、とお伝えしました。

ただ、実際に記事を書くにあたって、単にキーワードを文字通り含めれば良いというものではありません。

SEOライティングでは、キーワードを入れるだけでは不十分で、キーワードを検索したユーザーの動機・意図を考慮した内容に仕上げる必要があります

読了後に、ユーザーが知りたかった情報が手に入った、という満足度が高い状態になるようにしましょう。

コツはGoogleの想定しているキーワードの入れ方に沿わせること

運営者はどこにキーワードを含めようとするか、をGoogleは考えるはずです。その部分を集中的に解析すれば、記事のキーワードがわかるためです。

Googleが「運営者ならここにキーワードを入れるはずだ」と想定している個所としては、大きく分けると、下記の2か所です。

  • 要約がある場所:タイトルタグ・見出しタグ
  • 詳細度が高いところ:本文・画像・リンク

タイトルタグ

ページの要約には必ずキーワードを入れるだろう

タイトルタグはそのページの要約になる部分であり、本で言えば背表紙にあたります。

ユーザーが読むかどうかを判断する重要な部分でもあるので、ここにキーワードが出てこないとなると、何について書いた記事なのか不明ということになります。

当然、ここにはキーワードが含まれるはず、とGoogleは想定しているはずですので、その通りにしましょう。

タイトルタグには、その記事で狙っているメインのキーワードを必ず含めるようにします。

見出しタグ

文の要約にもキーワードを高確率で入れるだろう

ブログ記事は複数の見出しで構成されることがほとんどです。

見出しは、次の見出しが現れるまでの間に含まれるコンテンツ(文章や画像)を要約したものです。

「ウォーターサーバーの選び方」という見出しに対して「青汁のメリット」は通常書かれません。

Googleは運営者は見出しに本文と関係のない文字は入れず、本文の要約になっている見出しをつけるので、高い確率でキーワードが入ることになると想定するはずですのでその通りにしましょう。

見出しタグにもキーワードを含めるようにしましょう。

ただし、見出しはページ内に複数あるので、全部にキッチリ入れ切る必要はありません。あくまでごく自然な形で入るようにしましょう。

画像

わざわざ図解するならキーワードを入れるだろう

ブログにおいて、画像は、概ねユーザーの理解を促進することが挿入目的です。

シンプルに画像を入れるのは運営者にとって負担です。その負担をこえてまで「わざわざ入れるもの」が画像です。

ですので、画像はユーザーの理解促進のために使われるのであれば、キーワードに関連するものである、とGoogleは想定しているはずです。

画像に何が映っているのかを適切に表現するにはaltタグを設定します。このaltタグにキーワードを含めるようにしましょう。

アンカーテキスト

リンク先の記事タイトルにキーワードが入っているわけだからリンク元のアンカーテキストにもキーワードが含まれるはず

ページ内の関連リンクは、文中からのリンクの場合で文言を変更している場合もありますが、リンク先のタイトルタグでそのままリンクを張ることも多いでしょう。

タイトルタグにキーワードが入っているなら、アンカーテキストにもキーワードが現れるはずです。

なので、内部リンクでアンカーテキストを張るときは、キーワードを含めておくのがベストです。

本文

一定の回数不自然にならないようにキーワードを使うだろう

キーワードのことを解説している本文において、あえてキーワードを使わずに解説すると、指示代名詞だらけになってしまい、意味を追いかけるのが大変になってしまいます。

そのため、本文にもキーワードは一定回数使われるはず、と想定しているはずですのでその通りにしましょう。

本文には、リード文とまとめの部分があります。特にこの2か所には意識してキーワードを入れるようにします。

本文にも、無理がない範囲で積極的にキーワードを含めるようにしましょう。

キーワードの詰め込みはNG:不自然にしない

Googleがキーワードを認識できるように、タイトルタグや見出し、本文などにキーワードを含めていくべきですが、注意点もあります。

シンプルに、「不自然になるほど入れない」です。日本語として、人間の読む文章としてしっかりした文章になっていることが重要です。

連呼しまくったり、隙あらばキーワードを出現させたり、何なら複合ワードをそのまま半角スペースを含めて盛り込むといったことは「やりすぎ」であり、避けるべきです。

SEOはユーザーの検索体験全体を向上させることで順位が上がるので、無茶な詰め込みを行っても、効果は上がりません。

まとめ

SEOで上位表示を目指す際に、キーワードをGoogleが認識しているかは上位表示のための必要条件になります。

不自然で無理やりな感じにならないように注意をしつつ、しっかりとキーワードを入れてGoogleが認識しやすいページにすることで上位表示が実現できます。

このページの内容(目次)
閉じる