ブログのコメント欄に必要性を感じない理由【代替え方法を提案】

WordPressでブログを作ると初期状態ではコメント欄が有効な状態になっています。

立ち上げ直後など、コメントが1件も来ていない段階なら、迷わず閉じてしまってOKです。

ただ、中途半端にコメントがたまにもらえている状態だと、閉じるべきかどうか迷いますよね。

結論として、本記事ではコメント欄は不要としています。

その理由や代替方法についても解説します。

このページの内容(目次)

そもそもコメント欄の必要性が議論される理由

コメント欄の必要性は昔からブロガーの「迷い」の一つです。

受け付けている状態にしておくべきなのか、閉じてしまうべきなのか、あるべき姿がわからないのが原因です。

簡単に「コメント欄を閉じる」という結論に至れない理由として、最大の理由は「発信した内容に対して何らかの反応があったらうれしいから」ではないでしょうか。

1件もコメントがなければ特に迷うことはないのでしょうけど、1件でもコメントがもらえてしまうと「またいい反応をもらえるんじゃないかな」と期待してしまうわけです。

改めて、コメント欄を残すメリットとデメリットから整理していきましょう。

コメント欄を残すメリット

  • 記事の内容に対して読者からのフィードバックを得られる(モチベが上がる)
  • 記事に不足していた情報を補ってくれたり誤字を指摘してくれる
  • コメントは書き込むと返事を確認したくなるため、再訪率が高くなる。

上記のようなものがコメントを残すメリットです。

コメント欄を残すデメリット

  • そもそもコメントは滅多に来ない
  • スパムコメントが来るようになると対策しないと大量に来る
  • コメントが1件もついていないのにコメント欄が残っていると読者の反応がない記事であることを伝えてしまう
  • 承認制にしていない場合、管理人の認めないコメントが勝手に書き込まれてしまう
  • 無駄に読み込みに時間がかかるようになり、SEO的にマイナスになりかねない
  • 返信の対応など、管理の手間が増える(作業時間の圧迫)

コメント欄は閉じた方が良い理由

ブログの読者の目的は交流ではない

読者があなたのブログに求めているのは、疑問の解消または課題の解決のための情報そのものであり、あなたとの交流ではありません。

これが、コメント欄をあけておいてもコメントがつかない理由でもあります。

運営者自身の目的も読者との交流ではない

ブログの運営目的が読者との交流である、とはっきり言いきれない方であれば、コメントの投稿数に関わらず、コメント欄は削除してしまった方が良いでしょう。

特に収益ブログの場合は、収益化自体が目的なのですから、ブログ運営の効率を下げかねないコメント欄は完全に不要と断言できます。

再訪率が高くなるのも事実ですが、再訪時の目的はコメントの返信があったかどうかであって、記事を読むことではないのでコメントの返事がないのを見てすぐに帰ってしますので収益面から見れば無駄アクセスです。

読者との交流も、記事の感想も、SNSの方が効果が高い

読者との交流については、主にTwitterなどSNSで行う方がはるかに効率的です。というのもSNSは交流が目的だからです。

有益な記事を書いたという紹介ツイートを発信し、それを見た読者から引用付きリツイートでコメントをもらえば拡散にもなってより集客数が増えます。

DMで直接お礼を言うのも簡単な操作で行えタイムリーに返信が来ることが期待できます。

読者との交流はSNSで行うのが最も自然で効率がよく、効果的です。

有効なコメントがつく可能性が高い記事の特徴

SNSでの交流の方が効果的であると頭で理解できたとしても、なかなか納得できるものではないかもしれません。

運営者にとっての「現場」はSNSではなく運営しているブログにあるからです。SNSでコメントをもらえるより、ブログでコメントをもらう方が「やった感」「自己肯定感」が強いという主張を否定はしません。

では、コメントをもらえるようになるにはどうしたらいいかも考察しましょう。

  • 賛否両論があり得るのに、エッジの効いた持論を展開している記事
  • 運営者がゆるめのキャラクター設定でコメントを入れると嬉しそうに反応してくれるブログ
  • ニッチな趣味などで仲間が見つけにくいジャンルのブログ
  • 技術上のサポートを運営者がボランティアでしているようなブログ
  • 色々な意見を聞きたいからコメントしてほしいと呼びかける記事

上記のような記事・ブログでは比較的コメントがつきやすい傾向です。

この中で特にコメントが発生しやすいのが技術的なサポートを運営者がしているブログです。

コメントがつきにくいブログ・記事

コメントを開けたままにしておいてもなかなかコメントをもらえないのは下記のような記事・ブログです。

  • コメントの入力欄にメールアドレスが残っており、必須になっているブログ(入力が面倒)
  • 内容が解説型で特に何も言うことがない記事
  • 読了後の満足度がほどほどに高いものの、作者に感謝を伝えたいというほどではない記事

要約すれば「コメントを求められても何も感想が出てこない記事」です。

こういった記事ではコメントが来た!とおもったらスパムだった、ということが起こり得ますのでコメント欄は閉じておくことをお勧めします。

コメントを閉じる設定

コメント欄をオフにする方法

<設定>→<ディスカッション設定>→「新しい投稿へのコメントを許可」のチェックボックスをオフにします。設定はこれだけです。

WordPressのテーマによっては個別の記事単位でコメント欄を表示にしたり非表示にしたりするものがあるため、個別の記事を確認ください。

コメントの代わりに反応を受けとる方法

記事を読んでもらってよかったのかどうか何らかの反応が欲しい場合はプラグインを導入して評価をもらう方法があります。

プラグインの検索画面で、Reaction などで検索をすると色々出てきますが、いくつか試してみて比較的機能的にもシンプルでよさそうだったのは Reaction Buttons でした。

複数のボタンを設置することも可能です。CSSを少し調整すればデザインのカスタマイズも可能です。

管理メニューからコメントを削除する方法

コメント自体を使わないのであれば、管理画面のメニューに「コメント」を表示する必要はありません。

完全に不要であれば、function.php を開き、下記を追加してみてください(本番の環境で行う前にテスト環境で試して動作に問題ないことを確認ください)。

// 管理画面からコメントを削除する
function remove_menus() {
	remove_menu_page( 'edit-comments.php' );
}
add_action( 'admin_menu', 'remove_menus' );

まとめ

コメント欄は読者とのコミュニケーションをとることが目的のブログでなければ設置は不要です。

読者と交流するのは交流自体が目的のSNSで行う方が効率が良く、代替え方法もあるのでコメント欄をあえてブログに設置する必要性は特にないはずです。

このページの内容(目次)
閉じる