BackWPupでWordPressのバックアップを取る方法【使い方・設定を解説】

WordPressのバックアップは定期的に取っていますか?

今使っているサーバーが急につぶれたり、サーバー障害でデータが戻ってこなくなったりしてしまうと、サイトがなくなってしまうといったことが起こり得ます。

もちろん、サーバー会社もバックアップは取っていますが、他人任せにしておくのは非常に危険ですよね。

本記事では、WordPressのバックアップを自分で行う方法として、BackWPupの使い方を解説します。

確実にバックアップできるようにしておきましょう。

このページの内容(目次)

BackWPとは

BackWPupとは
BackWPupとは

WordPressのバックアップを作成するプラグインは、下記がメジャーです。

上記のうち、BackWPupプラグインはどちらかと言えば中級者以上向けのツールになります。

他のプラグインが比較的簡単な操作に特化しているのに対し、BackWPupは細かな制御や何をバックアップして何を復元しようとしているのかわかりやすくなっています。

基本機能は無料で利用でき、拡張機能を有料にすることでまかなわれているタイプのプラグインです。他のバックアッププラグインは有料版はサブスク型であるのに対し、BackWPupは買い切りのため、有料版を買いたい場合は安価に済ませることができます。

他のバックアッププラグインを比較する

BackWPのインストール方法

BackWPupのインストール

WordPressのプラグインライブラリに登録されているため、管理画面上からインストール可能です。

有効化をクリックして有効にします。

BackWPupの使い方1:バックアップジョブの作成

BackWPupはインストールしただけでは何もしてくれません。

インストールしたら、最初に「ジョブ」を作成します。

STEP
ジョブを新規作成する
ジョブの新規作成

BackWPupのダッシュボードにアクセスすると、バックアップの手順が書かれています。

ジョブを作成をクリックします。

もしくは、<ジョブ>メニューから<新規作成>ボタンを押します。

STEP
一般タブの設定:バックアップ方法の指定
バックアップ方法の指定

新規作成して開いた<一般>タブでは、バックアップの仕方を選択します。一番上の「フォルダーへバックアップ」にチェックを入れて、<変更を保存>ボタンを押すか、<スケジュール>タブをクリックしましょう(画面を移動した際に自動的に保存されます)。

STEP
<スケジュールタブ>バックアップのタイミングを指定

バックアップが行われるタイミングを指定します。

手動でバックアップするか、自動でバックアップされるようにするかを指定可能です。忘れないようにするためには自動実行を、時々気が付いたタイミングで良い場合は手動バックアップを選択します。

手動バックアップの場合

手動でバックアップをする場合は上記のように、何も変更しなくてOKです。

バックアップスケジュールの登録

自動実行したい場合は、WordPressのCronを選択します。Cronとは、サーバー上でタスクを実行するスケジューラーのことです。

デフォルトでは、毎日3時に実行されるようになっています。週一または月一で十分なので、変更し、実行時間を3時意外にしておくことをお勧めします。BackWPupを使っているユーザーは多く、3時に処理が集中するとサーバー会社から別のタイミングで実行するよう依頼される場合があるためです。

STEP
<DBバックアップタブ>バックアップ対象DBの指定
DBバックアップタブは特に変更しなくても良い

DBバックアップタブではバックアップ対象のデータベーステーブルを細かく指定できます。

ただ、全体をバックアップする方が良いので、詳しい知識がない限りはデフォルトの状態で変更は不要です。

STEP
<ファイルタブ>バックアップ対象ファイルの指定
バックアップの対象ファイルの指定

バックアップする対象ファイルを指定することができます。

こちらも特に除外したいデータがない場合は変更不要です。

STEP
<宛先タブ>どこにバックアップデータを保存するかの指定
どこに保存するのかの指定

作成したバックアップをどこに置いておくのかを指定できます。

サーバーパスなので、デフォルトの状態でも構いません。FTPでアクセスしなくても、管理画面内からデータはダウンロード可能です。

<変更を保存>ボタンを押せば設定完了です。

バックアップジョブという概念自体が初心者の方にはちょっとわかりづらいかもしれません。

「今すぐバックアップしたいだけなんや」という場合は回りくどくなりますが、サイトの容量が大きくなってしまっており、バックアップの手順を細かく設定しておかないとうまくバックアップできない場合もあるので、細かくバックアップ方法を指定でき、何をしているのかわかるため中級者以上の方に人気です。

BackWPupの使い方2:バックアップの実行

バックアップ用のジョブを作っても、まだバックアップ自体は行われません。

バックアップ処理を事項するには、下記のように行います。

STEP
バックアップジョブの実行
バックアップジョブの実行

バックアップジョブの作成を完了したらその画面からすぐに実行することができます。

個別に実行したい場合は、<ジョブ>メニューから実行するジョブを選択して<今すぐ実行>を押せばOKです。

実行すると、画面が変わり、進行が見えるようになります。完了するまで少し待ちましょう(完了までの時間はサイトの規模によります)。

STEP
バックアップデータのダウンロード
バックアップデータのダウンロード

バックアップが完了したら、<バックアップ>メニューより、ダウンロードをクリックしてファイルをダウンロードします。

復元時はバックアップデータを解凍した上、ファイルをすべてFTPで再配置し、ルートディレクトリにある「.sql」ファイルをphpMyAdminなどで実行すれば完了します。

BackWPupはいうなれば、サイトの現在の状態のスナップショットを作成するようなツールです。

復元用のインターフェースは作られておらず、手動で好きなように復元してね、といったツールになっているので初心者向けではありません。

初心者はサーバー機能でバックアップをすると簡単

BackWPupは、細かくバックアップの内容を指定することができるスナップショットの作成ツールとして非常に優秀です。

ただ、FTPでのファイル転送や、phpMyAdminでのデータベース操作が必要になるので初心者向けのツールではないことも事実。

最近のサーバーにはサイトのバックアップを支援するツールが標準でついており、もっと簡単に、ワンクリックでサイトの状態をもとに戻すことができるようになっています。

例えば、の場合だと、バックアップ手順は管理画面から数クリック選択するだけです。

STEP
サーバーのコントロールパネルにログインし、サーバー管理を選択します。
サーバーコントロールパネルにログインしサーバー管理を選択
STEP
自動バックアップを選択し、バックアップしたい内容を選択
自動バックアップを選択し、リストアしたいデータを選択

標準では14日分ほど履歴が残ります。

バックアップの時間は深夜のどこかで、サーバーのリソース状況によって多少前後するようなので正確な時間は公表されていません。

STEP
リストアボタンを押せば復旧完了
リストアボタンを押せば復旧完了

リストアの確認画面が表示されます。<リストア>ボタンを押せば復旧が開始されます。操作の取り消しができないので気を付けてください。

上記のように、ほぼマウスクリックだけで完結するため非常に簡単です。

まとめ:手動バックアップと自動バックアップを組み合わせて万全のバックアップ体制を作ろう

BackWPupを導入する最大のメリットは、手元にサイトのスナップショットを保存しておけることです。

他のバックアップ用のプラグインでは、専用の圧縮方式を使った単一ファイル化されていたりして、1ファイルだけ取り出す、といった操作が不可能です。

対して、BuckWPupはサーバー上にある生ファイルを圧縮し、ローカルにおけるため、FTPでバックアップを取るよりも高速で、DBもバックアップが取れるので便利に使えます。

一方、初心者にとってはやや使い方が難しいツールになるので、サーバー上でバックアップが使えれば良いだけ、というのであればサーバー会社のバックアップ機能を使うと手軽です。

任意のタイミングで行う手動のバックアップと、定期的に実行するバックアップを組み合わせて、障害に強いサイト運営を心がけましょう。

で自動バックアップされる環境を手に入れる

BackWPup で手動でバックアップを手元に持つようにする

このページの内容(目次)
閉じる