WordPressで301リダイレクトを設定する方法【SEO評価の引継ぎ】

ブログを長く運営しているとページのアドレスの変更を余儀なくされる場合が少なくありません。

ところがWordPressは標準ではリダイレクトの仕組みが容易されてないため、リダイレクトのやり方がわからないといった方も多いのではないでしょうか。

そもそも、リダイレクトが必要なのかどうかもわからないといった方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、リダイレクトに関する情報を整理しています。

  • リダイレクトの必要性
  • リダイレクトを行う方法
  • 正常なリダイレクトができているかどうかの確認方法
このページの内容(目次)

301リダイレクトとは

古いページから新しいページに自動で転送する処理をリダイレクトといいます。

リダイレクト処理のうち、SEOで重要になるのは301リダイレクトというものです。

これは恒久的にページが移動したからリダイレクトする、という意味になり、旧アドレスから新アドレスに完全に移動したことを示します。

似たものとして、302リダイレクトというものがありますが、これは一時的な移動を意味します。通常、302リダイレクトをわざわざ設定することはありません。

リダイレクトをしないとどうなる?

リダイレクトをしないと、下記のようなSEO的に不都合が出る可能性が高くなります。ページのアドレスを変更しないといけない場合は必ずリダイレクト処理を行いましょう。

対Google

リダイレクトで重要とされているのは「SEO評価の引継ぎ」です。

旧ページで既にGoogleから評価を受けているページがあった場合、ページの内容が全く同じであってもアドレスが変わるとゼロから再評価されることになります。

元々のページがほとんど評価されていなければ問題はありませんが、十分な評価を得られていた場合、その評価がゼロになってしまうのはもったいないですよね。

301リダイレクトを行うと元のページの評価を新ページに移すことができるようになります。

また、仮に旧ページを残したままの状態にしていると、コンテンツが重複してしまうので、SEOでの評価が複数のページに分かれてしまい、順位が低下する可能性が高くなります。

対訪問者

旧ページは削除してしまう場合、Googleが旧ページを新ページにインデックスしなおさない時に検索結果から訪問されてしまうと、ページを削除しているので404エラーの画面が表示されてしまいます。

また、ブックマーク・メール・SNSなど過去に共有されたアドレスであれば、再度訪問しようとした時にもページが存在しなくなるので、同じく404エラーが表示されます。

404エラーが発生すると、ユーザーは閲覧をやめてしまう可能性が高くなり、結果的にSEOの順位も下げてしまう可能性があります。

【WordPressでのリダイレクト方法1】プラグインでのリダイレクト

WordPressの標準機能にはページを変更した際にリダイレクトする設定を行う場所がありません。

そこで、Redirectionというプラグインを使用し、リダイレクトの設定ができるようにします。

このプラグインはリダイレクトの設定に関して定番プラグインです。

インストール方法

STEP
インストール
Redirectionを検索し、インストールします。

<プラグイン>→<新規追加>→プラグインの検索から「Redirection」と入力し、出てきた検索結果から<今すぐインストール>を選択します。

<有効化>したら、<ツール>→<Redirection>を押してください。

STEP
初期設定設定

Redirectionは有効化後、初期設定が必要です。特に何も入力する必要はないので<次へ>ボタンを押していってください。

ようこそ画面:セットアップ開始をクリック
セットアップ開始をクリック
基本セットアップ:セットアップを続行をクリックします
セットアップを続行をクリック
REST API:セットアップを完了をクリックします。
セットアップ完了をクリック
Redirectionがインストールされます。完了をクリック
完了をクリック
<次へ>をクリック

これで初期設定は完了です。

STEP
リダイレクトの設定

リダイレクトの設定をします。

主に記入するところは転送前の相対URLと、転送後のURLです。

【WordPressでのリダイレクト方法2】テーマ機能を利用

WordPressテーマの中にはリダイレクトを行う設定が可能なものがあります。

ではリダイレクトの設定が可能であると確認しています。

どちらもリダイレクトの設定を行う際は、投稿の各記事の画面で転送先のURLを入力するだけになっているので非常に簡単です。

Affingerの場合

Affingerのリダイレクト設定

Cocoonの場合

Cocoonのリダイレクト設定

【プラグインやテーマの機能を使わないリダイレクト方法】.htaccessを利用

WordPressを使っていないサイトでも利用できる方法が.htaccessを使った設定方法です。

管理画面上で行うのではなく、サーバーのルートディレクトリに配置してある.htaccessというファイルを編集するため、少し難易度が高く手間がかかります。

最大のメリットはプラグインをインストールしないので速度を落とさないで済むことです。

また、リダイレクトの設定は通常であれば滅多にする必要はありません。使用頻度を考えればプラグインをわざわざ入れるよりは手動で設定する方が効率的といえます。

書き方も簡単で、サーバールートにある.htaccessファイルの「#END WordPress」よりも後ろの行(最終行からでもOK)に、以下のように記入します

Redirect permanent map.html http://www.example.jp/map/

Redirect permanent (変更前のパス) (変更後の完全なURL)

のルールで記入すればOKです。

メタタグやJavaScriptでのリダイレクトは使わないのが吉

.htaccess を使わずにリダイレクトする方法もあります。

メタタグでのリダイレクト

<meta http-equiv="refresh" content="0;URL=’http://www.example.com/'" />

JavaScriptでリダイレクト

<script type="text/javascript">
<!–-
setTimeout("link()", 0);
function link(){
location.href='転送先URL';
}
-->
</script>

ただし、この方法はどちらも推奨されません。SEOでの評価を引き継ぐことが難しいためで、使わない方が良いです。

どうしても.htaccessや、プラグインでのリダイレクトができない環境で、ユーザーのアクセスを維持したい場合のみにとどめるべきです。

リダイレクトは必ずテストを行うこと

リダイレクトは必ずテストを行う

リダイレクトの設定は間違えると「リダイレクトチェーン」といって、リダイレクト先がリダイレクトをし、さらにリダイレクトし・・と延々リダイレクトを続け、サーバーに負荷をかけてしまうことがあります。

リダイレクトが正しく行えたかどうかは必ずチェックしましょう。

チェック方法ですが、自分でアクセスすると転送先がすぐ表示されてしまって、301でリダイレクトできているか確認することができません。

ですので、リダイレクトチェッカーを利用して確認します。

リダイレクトチェッカー

こちらのチェッカーを使うと、途中経路が一通りわかるようになっていますので、どのようにリダイレクトされたのか、正しくリダイレクトできているのか確認することができます。

リダイレクトは原則行わない方が良い(URLとは)

URLとは

最後に、そもそも論になりますが、リダイレクトは行わないようにするのが基本です。

URLとはUniform Resource Locatorの略で、リソースの存在する位置を示すものという意味になります。

ウェブページというリソースを特定するためのものですので、一度設定したURLを変更すること自体がそもそもあまり良いことではありません

URLの変更を行う際は、なぜ変更しないといけないか、既に設定したものではいけないかを検討してみてください。

不用意なURL変更は、ユーザーにとっても、Googleにとっても、運営者にとっても無駄になることがほとんどです。

URLの変更を行わなくても済むような運用を心掛けたいものですね。

≫ 参考:パーマリンクとは

まとめ

本記事では下記の内容について解説してきました。適切なリダイレクトを設定し、URLを変更してもSEOでマイナスにならないようにしておきましょう。

  • URLが変更になる場合は必ずリダイレクトをする(SEO的にマイナスになる可能性がある)
  • リダイレクトを行う方法は大きく3つ。プラグインで行う方法・テーマの機能を利用する方法・.htaccessで行う方法。
  • リダイレクトチェーンを防ぐためにも必ずテストを行う。
  • URLは基本的に変更しないもの。本当に変更しないといけないのか考え、普段からURL変更の生じない運用を心掛けるべき。
このページの内容(目次)
閉じる